一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)国内感染シャーガス病 ― ミズーリ州、2018年

MMWR抄訳

rss

2020/02/21Vol. 69 / No. 7

MMWR69(7):193-195
Autochthonous Chagas Disease — Missouri, 2018

国内感染シャーガス病 ― ミズーリ州、2018年

2017年12月13日にミズーリ州のDepartment of Health and Senior Services(MDHSS)へ、ミズーリ州におけるシャーガス病疑い例が報告された。患者は53歳の女性で、10月に地元の献血センターに献血のため訪れた。採取された血液のスクリーニング検査で寄生虫Trypanosoma cruziの抗体が陽性であることが10月25日に通知された。11月8日に実施された追跡確認のための検査結果も陽性であり、患者は精査のために感染症専門医に紹介された。患者の記憶では、サシガメに咬傷されたことはなかった。渡航歴では、約28年前にカリフォルニア州へ旅行し、買い物のためにメキシコ国境を数時間越えたことがあり、また、フロリダ州とアラバマ州へ旅行したことがあるが、旅行した年は不明であり、旅行中に虫刺されや病気になったことはなかった。患者に輸血歴および臓器移植歴はなかった。患者は、11月28日にELISA法によるT.cruzi免疫グロブリンG(IgG)診断検査を受け、結果は陽性であった。また、CDCにおけるT.cruzi抗体のWiener遺伝子組換え抗原酵素免疫測定法(EIA)は陽性であったが、trypomastigote excreted secreted antigen(TESA)免疫ブロット分析は陰性で、T.cruzi IgG抗体の免疫蛍光アッセイでは陽性であった。T.cruzi感染が心筋症を引き起こす可能性があるため、心電図および心エコー検査を実施した結果、不整脈および軽度の求心性左室肥大を認め、感染の慢性期と一致した。すべての確認検査の後、患者はシャーガス病に対するベンズニダゾール(5mg/kg/日)による60日間にわたる治療を完遂した。記録された症例のほとんどはラテンアメリカ出身の患者であるが、これらの調査結果はミズーリ州でT.cruziへの感染が局地的に生じた可能性を示している。T.cruziの媒介昆虫であるサシガメ(一般に「kissing bug」として知られる)はミズーリ州で以前に同定されていたが、地元で感染したシャーガス病のヒトの症例は州内にこれまでいなかった。医療従事者と公衆衛生の専門家は、アメリカ南部で局地的に感染したシャーガス病の可能性に注意する必要がある。

References

  • Pérez-Molina JA, Molina I. Chagas disease. Lancet 2018;391:82–94. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(17)31612-4>
  • Nunes MCP, Beaton A, Acquatella H, et al.; American Heart Association Rheumatic Fever, Endocarditis and Kawasaki Disease Committee of the Council on Cardiovascular Disease in the Young; Council on Cardiovascular and Stroke Nursing; and Stroke Council. Chagas cardiomyopathy: an update of current clinical knowledge and management: a scientific statement from the American Heart Association. Circulation 2018;138:e169–209. <https://doi.org/10.1161/CIR.0000000000000599>
  • Bern C, Kjos S, Yabsley MJ, Montgomery SP. Trypanosoma cruzi and Chagas’ disease in the United States. Clin Microbiol Rev 2011;24:655–81. <https://doi.org/10.1128/CMR.00005-11>
  • Swanson DR. New state records and distributional notes for some assassin bugs of the continental United States (Heteroptera: Reduviidae). Gt Lakes Entomol 2011;44:117–38.
  • Montgomery SP, Parise ME, Dotson EM, Bialek SR. What do we know about Chagas disease in the United States? Am J Trop Med Hyg 2016;95:1225–7. <https://doi.org/10.4269/ajtmh.16-0213>
  • Curtis-Robles R, Hamer SA, Lane S, Levy MZ, Hamer GL. Bionomics and spatial distribution of triatomine vectors of Trypanosoma cruzi in Texas and other southern states, USA. Am J Trop Med Hyg 2018;98:113–21. <https://doi.org/10.4269/ajtmh.17-0526>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ