一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)21歳未満の人に対するたばこ製品の販売を禁止する州・・・

MMWR抄訳

rss

2020/02/21Vol. 69 / No. 7

MMWR69(7):189-192
State and Territorial Laws Prohibiting Sales of Tobacco Products to Persons Aged <21 Years — United States, December 20, 2019

21歳未満の人に対するたばこ製品の販売を禁止する州および準州の法律 ― アメリカ、2019年12月20日

たばこ製品に関し、法で定めた販売可能な最低年齢(MLSA)を21歳(T21)まで引き上げることは、たばこ製品の使用防止および使用開始延長に役立つ戦略である。2019年12月20日に、議会はたばこ製品の連邦MLSAを18歳から21歳に引き上げた。連邦T21法の制定以前は、地方、州、準州では、特に最近の若者における電子たばこ製品の使用増加に対応し、若年のたばこ製品使用開始を防止する包括的なアプローチの一環として、独自のT21法の採択が増加していた。ほぼすべてのたばこ製品の使用が青年期から始まり、未成年者のたばこ製品入手先としてよくあるのが、年上の仲間や兄弟姉妹などの社会的に関連のある人であった。また、州および準州によりT21法は大きく異なる。連邦法の制定前のアメリカの州および準州のT21法の展望を理解するため、CDCは21歳未満の人へのすべてのたばこ製品の販売を禁止する州および準州の法律を調査した。2019年12月20日の時点で、T21法の州レベルでの管轄権のある区域の数は、2013年の1カ所(パラオ)から22カ所(19州、ワシントンDC、グアム、パラオを含む)に増加した。6つの州、ワシントンDC、グアム、パラオは2013年から2018年にかけてT21法を制定し、13の州は2019年にT21法を制定した。2013年~2018年に比べ、2019年では多くの規定が制定され、購入、使用、所持の罰則(6件 vs. 9件)、軍人の適用除外(1件 vs. 6件)、1年以上の段階的導入期間(2件 vs. 4件)などが含まれた。2013年~2018年に比べ、2019年に制定されたT21法では、包括的な禁煙法がなく(2件 vs. 5件)、紙巻たばこの税率が1箱あたり2ドル未満(1件 vs. 5件)の州および準州で多かった。2019年12月時点でT21法があった地区のうち、13州、ワシントンDC、グアムでは若者にさまざまな罰則を課しているが、6州とパラオでは若者に罰則を課していない。同様に、T21法は、さまざまな団体[ほとんどは法執行機関(8州およびパラオ)および保健事業体(7州およびグアム)]により執行されている。T21法は、禁煙法や価格戦略などのエビデンスに基づいた人口ベースのたばこ規制戦略を含む包括的なアプローチの一部として実行された場合、若者におけるたばこ製品の使用防止および使用削減するのに役立つ可能性がある。

References

  • Institute of Medicine. Public health implications of raising the minimum age of legal access to tobacco products. Washington, DC: National Academies Press, 2015. <http://www.nationalacademies.org/hmd/~/media/Files/Report%20Files/2015/TobaccoMinAge/tobacco_minimum_age_report_brief.pdf>
  • Gentzke AS, Creamer M, Cullen KA, et al. Vital signs: tobacco product use among middle and high school students—United States, 2011–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:157–64. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6806e1>
  • DiFranza JR, Coleman M. Sources of tobacco for youths in communities with strong enforcement of youth access laws. Tob Control 2001;10:323–8. <https://doi.org/10.1136/tc.10.4.323>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>
  • Wakefield M, Giovino G. Teen penalties for tobacco possession, use, and purchase: evidence and issues. Tob Control 2003;12(Suppl 1):i6–13. <https://doi.org/10.1136/tc.12.suppl_1.i6>
  • Gottlieb NH, Loukas A, Corrao M, McAlister A, Snell C, Huang PP. Minors’ tobacco possession law violations and intentions to smoke: implications for tobacco control. Tob Control 2004;13:237–43. <https://doi.org/10.1136/tc.2003.003988>
  • Odani S, Agaku IT, Graffunder CM, Tynan MA, Armour BS. Tobacco product use among military veterans—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:7–12. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6701a2>
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2012/consumer_booklet/pdfs/consumer.pdf>
  • Essley Whyte L, Náñez DM. Why big tobacco and JUUL are lobbying to raise the smoking age. USA Today. May 23, 2019. <https://www.usatoday.com/story/news/investigations/2019/05/23/why-big-tobacco-and-juul-lobbying-raise-smoking-age/3758443002/>
  • Campaign for Tobacco-free Kids. States and localities that have raised the minimum legal sale age for tobacco products to 21. Washington, DC: Campaign for Tobacco-free Kids; 2019. <https://www.tobaccofreekids.org/assets/content/what_we_do/state_local_issues/sales_21/states_localities_MLSA_21.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ