一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)自殺念慮および自傷行動の症候群サーベイランス ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/31Vol. 69 / No. 4

MMWR69(4):103-108
Syndromic Surveillance of Suicidal Ideation and Self-Directed Violence — United States, January 2017–December 2018

自殺念慮および自傷行動の症候群サーベイランス ― アメリカ、2017年1月~2018年12月

アメリカでは2017年、約47,000名が自殺により命を絶ち、毎年、数百万人が自殺の危険因子である自殺念慮と自傷行動を経験している。救急外来(ED)はこれらの事象をほぼリアルタイムで監視しうる重要な場所であり、2001年~2016年、10歳以上の非致死的自傷行為によるED受診数は42%増加している。今回、CDCのNational Syndromic Surveillance Program(NSSP) BioSense Platformを使用し、2017年1月~2018年12月における10歳以上の人の自殺念慮、自傷行動、その両方によるED受診率について分析した。この期間、NSSPにて約1億6,300万件のED受診を評価した中で、2,123,614件(ED受診10万件あたり1,300.6件)が自殺念慮、自傷行動、その両方によるものであり、増加率は25.5%(1月あたり平均1.2%増加)、男性の増加率が27.6%、女性が22.7%であった。女性では、10~19歳(33.7%)、40~59歳(17.6%)、60歳以上(29.0%)にて有意に増加したが、20~39歳では有意な増加はなかった(27.1%)。男性では全年齢層で有意に増加した(10~19歳:62.3%、20~39歳:29.1%、40~59歳:20.4%、60歳以上:36.7%)。10~19歳のED受診には季節性パターンがあり、夏の期間は低かった。地域別では、女性が中西部(28.7%)、西部(14.7%)、北東部(13.6%)にて有意に増加、男性は南西部を除く全域で有意に増加した(中西部:38.7%、南東部:33.5%、北東部:17.7%、西部:11.1%)。以上、EDでの症候群サーベイランスデータは自殺念慮および自傷行動の傾向に関する情報をタイムリーに提供し、対象を絞った公衆衛生調査および対応を指示することを可能にする。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>
  • US Department of Health and Human Services; National Action Alliance for Suicide Prevention. 2012 national strategy for suicide prevention: goals and objectives for action. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012. <https://www.integration.samhsa.gov/health-wellness/wellness-strategies/2012_National_Strategy_for_Suicide_Prevention.pdf>
  • Kuramoto-Crawford SJ, Spies EL, Davies-Cole J. Detecting suicide-related emergency department visits among adults using the District of Columbia syndromic surveillance system. Public Health Rep 2017;132(Suppl 1):S88–94. <https://doi.org/10.1177/0033354917706933>
  • Yoon PW, Ising AI, Gunn JE. Using syndromic surveillance for all-hazards public health surveillance: successes, challenges, and the future. Public Health Rep 2017;132(Suppl 1):3S–6S. <https://doi.org/10.1177/0033354917708995>
  • Data and Surveillance Task Force of the National Action Alliance for Suicide Prevention. Improving national data systems for surveillance of suicide-related events. Am J Prev Med 2014;47(Suppl 2):S122–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2014.05.026>
  • CDC. Preventing suicide: a technical package of policy, programs, and practices. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/suicideTechnicalPackage.pdf>
  • CDC; National Syndromic Surveillance Program Community of Practice Syndrome Definition Committee. Self-harm and suicide-related syndrome definition. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://knowledgerepository.syndromicsurveillance.org/self-harm-and-suicide-related-syndrome-definition-committee>
  • Mercado MC, Holland K, Leemis RW, Stone DM, Wang J. Trends in emergency department visits for nonfatal self-inflicted injuries among youth aged 10 to 24 years in the United States, 2005–2015. JAMA 2017;318:1931–3. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.13317>
  • Stone DM, Simon TR, Fowler KA, et al. Vital signs: trends in state suicide rates—United States, 1999–2016 and circumstances contributing to suicide—27 states, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:617–24. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6722a1>
  • Rossen LM, Hedegaard H, Khan D, Warner M. County-level trends in suicide rates in the U.S., 2005–2015. Am J Prev Med 2018;55:72–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.03.020>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ