一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)黒人またはアフリカ系アメリカ人におけるHIV検査の・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/31Vol. 69 / No. 4

MMWR69(4):97-102
HIV Testing Outcomes Among Blacks or African Americans — 50 Local U.S. Jurisdictions Accounting for the Majority of New HIV Diagnoses and Seven States with Disproportionate Occurrences of HIV in Rural Areas, 2017

黒人またはアフリカ系アメリカ人におけるHIV検査の転帰 ― 新規HIV診断例の大部分を占める50の地方管轄地域と農村部にてHIVが不均衡に多い7州、2017年

2017年、新規診断ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症例の43%が黒人またはアフリカ系アメリカ人(黒人)であり、診断から90日以内にHIV治療を受診、HIV治療を継続、ウイルス抑制例が白人に比べて少ない。Ending the HIV Epidemic(EHE)は2020年から2030年までにHIV新規感染例を90%減少させることを目標としており、EHE第1段では2016年~2017年に新規診断例が50%を超えた50の管轄地域、HIV感染率が高い農村部にて不均衡に多い7州を対象としている。今回、CDCの 2017年 National HIV Prevention Program Monitoring and Evaluationデータを用いて、HIV感染率が高いEHE管轄地域の黒人におけるHIV検査の転帰について分析した。2017年、アメリカではCDCの資金提供による検査が計3,110,049名に行われた中にEHE第1段階管轄地域の1,954,741名(62.9%)が含まれており、第1段階管轄地域では20~29歳(36.0%)、男性(52.3%)、南部地域(57.0%)が多く、黒人(43.2%、844,819名)が白人(21.6%、421,656例)やヒスパニック/ラテン系(22.4%、437,635例)の2倍であった。また、EHE第1段階管轄地域の黒人では20~29歳が37.7%(318,835名)、男性が49.7%(419,746名)、南部地域の居住者が63.2%(534,304名)が多かった。HIV新規診断例は計11,843例であり、そのうちEHE第1段階管轄地域が68.9%(8,154名)を占めており、20~29歳(42.9%、3,994名)、男性(83.4%、6,801名)、黒人(49.1%、4,007名)、南部地域の居住者(49.1%、4,007名)が多かった。EHE第1段階管轄地域における新規HIV診断の陽性率は全体で0.4%、黒人およびヒスパニック/ラテン系は各0.5%、白人およびアジア系は各0.3%であった。EHE第1段階管轄地域の黒人における新規HIV診断の陽性率は20~29歳(0.6%、男性(0.7%)、西部地域居住者(0.7%)にて高かった。また、今回検査を受けた患者のうち11,427名は以前にHIV感染症と診断されていたが治療状況が不明であり、うちEHE第1段階管轄地域は8,917名(78.0%)であった。治療状況不明者は、20~29歳(30.2%)、30~39歳(27.7%)、男性(78.1%)、黒人(58.5%)、南部(62.0%)に多く、黒人(58.5%、5,214名)は白人(17.0%、1,516名)、ヒスパニック/ラテン系(15.2%、1,359名)の3倍以上であった。黒人のHIV新規診断例のうち、79.2%が90日以内に治療を受けたが、71.4%がパートナーサービスのインタビューを受け、81.8%がHIV予防サービスを紹介された。黒人のHIV新規診断例の地域別では、90日以内に治療をうけた割合は西部にて最も低く(71.7%)、パートナーサービスのインタビューおよびHIV予防サービスの割合はともに中西部にて最も低かった(それぞれ58.9%、70.2%)。以上、黒人はEHE管轄地域における2017年のHIV新規診断例の40%以上を占めており、EHEの目標達成にはHIV予防プログラムをエビデンスに基づく地域ごとの検査戦略に焦点をあてたものにし、治療への結びつけ、治療継続、HIV感染を減少させ地域による格差を是正することが重要である。

References

  • CDC. CDC’s role in ending the HIV epidemic: a plan for America. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/endhiv/docs/CDC-role-ending-HIV-508.pdf>
  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2017. HIV surveillance report, vol. 30. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2017-vol-29.pdf>
  • CDC. HIV and African Americans. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/hiv/group/racialethnic/africanamericans/index.html>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2017. HIV surveillance supplemental report, vol. 24. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-24-3.pdf>
  • Pitasi MA, Delaney KP, Brooks JT, DiNenno EA, Johnson SD, Prejean J. HIV testing in 50 local jurisdictions accounting for the majority of new HIV diagnoses and seven states with disproportionate occurrence of HIV in rural areas, 2016–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:561–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6825a2>
  • CDC. HIV in the southern United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/policies/cdc-hiv-in-the-south-issue-brief.pdf>
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2015. <https://files.hiv.gov/s3fs-public/nhas-update.pdf>
  • Seth P, Wang G, Belcher L. Previously diagnosed HIV-positive persons: the role of Centers for Disease Control and Prevention–funded HIV testing programs in addressing their needs. Sex Transm Dis 2018;45:377–81. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000766>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ