一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)保険種類別での妊婦におけるTdapおよびインフルエ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/24Vol. 69 / No. 3

MMWR69(3):72-76
Variation in Tdap and Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women by Insurance Type — Florida, 2016–2018

保険種類別での妊婦におけるTdapおよびインフルエンザワクチン接種率の違い ― フロリダ州、2016年~2018年

乳児は百日咳による疾病率および死亡率のリスクが高く、また、妊婦とその乳児は他の患者集団よりも重症のインフルエンザ関連疾患にかかる可能性が高くなる。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、すべての女性に対し、破傷風トキソイド/弱毒化ジフテリアトキソイド/無細胞性百日咳(Tdap)ワクチンを妊娠中、好ましくは妊娠27~36週の早期に受けることを推奨している。また、ACIPはインフルエンザシーズン中に妊娠しているか妊娠している可能性のある女性に対し、妊娠中いつでも不活化インフルエンザワクチンを接種することを推奨している。これらの推奨にもかかわらず、妊娠中のTdapおよびインフルエンザワクチンの接種率は低く、2019年3月~4月の調査では、女性の約半分が各ワクチンを接種し、3分の1のみが両方を接種した。今回、2016年1月1日から2018年12月31日までのフロリダ州ゲインズビルにあるUniversity of Florida Health Shands Hospitalで出産した妊婦をカルテから無作為に抽出し、保険の種類別でのワクチン接種率を分析した。当時のフロリダ州のメディケイドでは、妊娠中のこれらのワクチン接種は保険適用でなかったため、病院システムで入院中の出産直後の母親に対し追加費用なしでTdapおよびインフルエンザワクチンを接種した。サンプルとて抽出された女性の約半数が白人(52.5%)で、大半は非ヒスパニック系(88.0%)、メディケイド加入者(58.9%)であり、約3分の1が初回の妊娠であった(37%)。Tdapワクチンについて検討した341人のうち、民間保険加入者の68.6%とメディケイド加入者の13.4%が妊娠中にTdapを接種した。インフルエンザワクチンについて検討した316人の女性のうち、民間保険加入者の70.4%とメディケイド加入者の35.6%が妊娠中にインフルエンザワクチンを接種した。多くの女性、特にメディケイド加入者では、分娩直後にワクチンが無料で接種可能になったため、Tdap全体のワクチン接種率は民間保険加入者で79.3%、メディケイドで51.7%に上昇し、インフルエンザ全体の予防接種率は、民間保険加入者で72.0%、メディケイド加入者で43.5%に上昇した。これらのデータから、妊娠中のTdapおよびインフルエンザワクチン接種のMedicaidによる保障は、ワクチン接種率を増加させる可能性がある。

References

  • Tanaka M, Vitek CR, Pascual FB, Bisgard KM, Tate JE, Murphy TV. Trends in pertussis among infants in the United States, 1980–1999. JAMA 2003;290:2968–75. <https://doi.org/10.1001/jama.290.22.2968>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Uyeki TM. Effects of influenza on pregnant women and infants. Am J Obstet Gynecol 2012;207(Suppl):S3–8. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2012.06.068>
  • Liang JL, Tiwari T, Moro P, et al. Prevention of pertussis, tetanus, and diphtheria with vaccines in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2018;67(No. RR-2). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6702a1>
  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, Walter EB, Fry AM, Jernigan DB. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2018–19 influenza season. MMWR Recomm Rep 2018; 67(No. RR-3). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6703a1>
  • Lindley MC, Kahn KE, Bardenheier BH, et al. Vital signs: burden and prevention of influenza and pertussis among pregnant women and infants—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:885–92. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6840e1>
  • Winter K, Nickell S, Powell M, Harriman K. Effectiveness of prenatal versus postpartum tetanus, diphtheria, and acellular pertussis vaccination in preventing infant pertussis. Clin Infect Dis 2017;64:3–8. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw634>
  • Koepke R, Schauer SL, Davis JP. Measuring maternal Tdap and influenza vaccination rates: comparison of two population-based methods. Vaccine 2017;35:2298–302. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2017.03.024>
  • Stoecker C, Stewart AM, Lindley MC. The cost of cost-sharing: the impact of Medicaid benefit design on influenza vaccination uptake. Vaccines (Basel) 2017;5:8. <https://doi.org/10.3390/vaccines5010008>
  • Alessandrini V, Anselem O, Girault A, et al. Does the availability of influenza vaccine at prenatal care visits and of immediate vaccination improve vaccination coverage of pregnant women? PLoS One 2019;14:e0220705. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0220705>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ