一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)トランスジェンダー女性におけるHIVパートナー医療・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/17Vol. 69 / No. 2

MMWR69(35):35-39
HIV Partner Service Delivery Among Transgender Women — United States, 2013–2017

トランスジェンダー女性におけるHIVパートナー医療サービスの提供 ― アメリカ、2013年~2017年

アメリカではトランスジェンダー女性(男性から女性へ転換)のさまざまな要因による脆弱性からHIV感染が増加している。2006年~2017年にアメリカで行われた88試験に関する最新のメタアナリシスでは、トランスジェンダー女性における確定診断されたHIV感染症の平均推定有病率は14.2%、自己申告による推定有病率は21.0%であった。2013年~2017年、CDCは州および地方の61の保健局61に対し、パートナー医療サービスを含む包括的HIV予防プログラム実施のため、資金を提供した。今回は、トランスジェンダー女性の個人レベルデータでのHIVパートナー医療サービスを分析した。この期間、CDCに報告されたHIV診断例(208,304例)のうち、トランスジェンダー女性は1,727例(0.8%)であり、そのうちパートナー医療サービスに関するインタビュー調査は71.5%が受けていた(全体のインタビュー調査は81.1%)。年齢別では13~24歳の81.9%、25~34歳の74.6%、35~44歳の63.6%、45歳以上の60.2%がインタビュー調査を受けていた。地域別では北東部に居住する女性に比較し、中西部および南部に居住する女性で調査を受けた割合が高く、西部の女性では低かった。パートナー医療サービスに関する調査を受けた人のうち、十分な経過観察情報が報告されたのは132,938例、そのうち102,500名(77.1%)のパートナーがHIV感染の可能性について告知された。トランスジェンダー女性では1,089例(0.8%)の追跡情報のうち775名(71.2%)のパートナーが告知され、年齢別では13~24歳に比べ、25~34歳、35~44歳、45歳以上にて低く(各82.9%、72.8%、63.1%、60.0%)、人種/民族別では非ヒスパニック系白人に比べ、非ヒスパニック系黒人、ヒスパニック/ラテン系、その他民族にて低く(各78.8%、72.7%、59.3%、47.6%)、地域別では北東部に比べ、中西部、南部、西部にて高かった(各38.4%、53.8%、82.1%、47.4%)。告知されたパートナー102,500名のうち、50.8%(52,071名)がHIV検査を受け、9,146名(17.6%)が新たにHIV感染症と診断された。トランスジェンダー女性では告知されたパートナー775名(全体の0.76%)のうち360名(46.5%)がHIV検査を受け、67名(18.6%)が新たにHIV感染症と診断され、また、18名(5.0%)にはHIV感染症の診断歴があった。トランスジェンダー女性のパートナーの検査率は25~34歳(52.5%)、ヒスパニック/ラテン系(51.0%)、中西部(71.4%)にてもっとも高かった。

References

  • CDC. HIV and transgender people. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/group/gender/transgender/cdc-hiv-transgender-factsheet.pdf>
  • Reback CJ, Ferlito D, Kisler KA, Fletcher JB. Recruiting, linking, and retaining high-risk transgender women into HIV prevention and care services: an overview of barriers, strategies, and lessons learned. Int J Transgenderism 2015;16:209–21. <https://doi.org/10.1080/15532739.2015.1081085>
  • Becasen JS, Denard CL, Mullins MM, Higa DH, Sipe TA. Estimating the prevalence of HIV and sexual behaviors among the US transgender population: a systematic review and meta-analysis, 2006–2017. Am J Public Health 2018;109:e1–8. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2018.304727>
  • Fauci AS, Redfield RR, Sigounas G, Weahkee MD, Giroir BP. Ending the HIV epidemic: a plan for the United States. JAMA 2019;321:844–5. <https://doi.org/10.1001/jama.2019.1343>
  • Pitasi MA, Oraka E, Clark H, Town M, DiNenno EA. HIV testing among transgender women and men—27 states and Guam, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:883–7. <https://doi. org/10.15585/mmwr.mm6633a3>
  • Schulden JD, Song B, Barros A, et al. Rapid HIV testing in transgender communities by community-based organizations in three cities. Public Health Rep 2008;123(Suppl 3):101–14. <https://doi.org/10.1177/00333549081230S313>
  • CDC. HIV testing in the United States. Factsheet. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/nchhstp/newsroom/docs/factsheets/hiv-testing-us-508.pdf>
  • Baral SD, Poteat T, Strömdahl S, Wirtz AL, Guadamuz TE, Beyrer C. Worldwide burden of HIV in transgender women: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2013;13:214–22. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(12)70315-8>
  • Clark H, Babu AS, Wiewel EW, Opoku J, Crepaz N. Diagnosed HIV infection in transgender adults and adolescents: results from the National HIV Surveillance System, 2009–2014. AIDS Behav 2017;21:2774–83. <https://doi.org/10.1007/s10461-016-1656-7>
  • Golub SA, Gamarel KE. The impact of anticipated HIV stigma on delays in HIV testing behaviors: findings from a community-based sample of men who have sex with men and transgender women in New York City. AIDS Patient Care STDS 2013;27:621–7. <https://doi.org/10.1089/apc.2013.0245>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ