一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)大量飲酒を報告した成人1人あたりの総飲酒量の傾向 ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/17Vol. 69 / No. 2

MMWR69(2):30-34
Trends in Total Binge Drinks per Adult Who Reported Binge Drinking — United States, 2011–2017

大量飲酒を報告した成人1人あたりの総飲酒量の傾向 ― アメリカ、2011~2017年

アメリカでは毎年、20~64歳の成人の死亡者10人のうち1人は過度の飲酒によるものであり、過度の飲酒をする成人の約90%が大量飲酒(1回あたり男性は5杯以上、女性は4杯以上)している。2015年、18歳以上のアメリカ成人の17.1%がおよそ週に1回は大量飲酒をしており、1回の大量飲酒につき平均7杯を飲酒しており、結果、合計175億杯、1人あたり467杯を飲酒していた。今回、CDCは2011~2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データから、アメリカ全体および州別の大量飲酒をした成人における1人あたりの年間飲酒杯数を分析した。年齢で調整した大量飲酒率は、2011年の18.9%から2017年には18.0%へと低下したが、大量飲酒をした成人1人あたりの年間飲酒杯数は2011年の472杯から2017年には529杯へ有意に増加し (12.1%)、男性では587杯から666杯、女性では256杯から290杯とともに有意に増加した。年齢別では35歳~44歳(468杯から593杯)、45~64歳(428杯から527杯)、65歳以上(416杯から490杯)にて有意に増加、人種/民族別では非ヒスパニック系白人にて487杯から539杯と有意に増加した。学歴別では高卒未満にて(45.8%、646杯から942杯)、年間世帯収入別では年間$25,000未満にてもっとも増加していた(23.9%、543杯から673杯)。また、2017年の州別での大量飲酒をした成人1人あたりの年間飲酒数は320杯(マサチューセッツ州)~1,219杯(ワイオミング州)であり、2011年から2017年にかけて9州にて有意に増加(アイダホ州、インディアナ州、メイン州、モンタナ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースダコタ州、オハイオ州、バージニア州)、2州にて有意に減少し(マサチューセッツ州、ウェストバージニア州)、39州およびワシントンDCでは有意な変化を認めなかった。

References

  • Stahre M, Roeber J, Kanny D, Brewer RD, Zhang X. Contribution of excessive alcohol consumption to deaths and years of potential life lost in the United States. Prev Chronic Dis 2014;11:130293. <https://doi.org/10.5888/pcd11.130293>
  • Esser MB, Hedden SL, Kanny D, Brewer RD, Gfroerer JC, Naimi TS. Prevalence of alcohol dependence among US adult drinkers, 2009–2011. Prev Chronic Dis 2014;11:E206. <https://doi.org/10.5888/pcd11.140329>
  • Kanny D, Naimi TS, Liu Y, Lu H, Brewer RD. Annual total binge drinks consumed by U.S. adults, 2015. Am J Prev Med 2018;54:486–96. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2017.12.021>
  • Grant BF, Chou SP, Saha TD, et al. Prevalence of 12-month alcohol use, high-risk drinking, and DSM-IV alcohol use disorder in the United States, 2001–2002 to 2012–2013: results from the National Epidemiologic Survey on Alcohol and Related Conditions. JAMA Psychiatry 2017;74:911–23. <https://doi.org/10.1001/jamapsychiatry.2017.2161>
  • Esser MB, Guy GP Jr, Zhang K, Brewer RD. Binge drinking and prescription opioid misuse in the United States, 2012–2014. Am J Prev Med 2019;57:197–208. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2019.02.025>
  • Chetty R, Stepner M, Abraham S, et al. The association between income and life expectancy in the United States, 2001–2014. JAMA 2016;315:1750–66. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.4226>
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Roeber J. US state alcohol sales compared to survey data, 1993–2006. Addiction 2010;105:1589–96. <https://doi.org/10.1111/j.1360-0443.2010.03007.x>
  • Esser MB, Kanny D, Brewer RD, Naimi TS. Binge drinking intensity: a comparison of two measures. Am J Prev Med 2012;42:625–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2012.03.001>
  • Northcote J, Livingston M. Accuracy of self-reported drinking: observational verification of ‘last occasion’ drink estimates of young adults. Alcohol Alcohol 2011;46:709–13. <https://doi.org/10.1093/alcalc/agr138>
  • Xuan Z, Blanchette J, Nelson TF, Heeren T, Oussayef N, Naimi TS. The alcohol policy environment and policy subgroups as predictors of binge drinking measures among US adults. Am J Public Health 2015;105:816–22. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2014.302112>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ