一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)先天性欠損による乳児死亡率 ― アメリカ、2003・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/17Vol. 69 / No. 2

MMWR69(2):25-29
Infant Mortality Attributable to Birth Defects — United States, 2003–2017

先天性欠損による乳児死亡率 ― アメリカ、2003年~2017年

2017年、アメリカの乳児死亡の主な原因は先天性欠損であり、乳児死亡の20.6%を占めているが、1970年代以降は先天性欠損による乳児死亡(IMBD)は概ね低下している。今回、2003年~2017年のNational Vital Statistics Systemデータより、出生/乳児死亡について分析した。この期間の生産児数は60,036,305人、乳児死亡数は384,223人であり(他の人種/民族除外後:349,049人)、先天性欠損が死因と可能性として考えられる乳児死亡数は計70,954人(20.3%)であった[19.5%(2003年;4,898/25,069人)~20.7%(2017年:4,186/20,179人)]。IMBD率は2003年から2017年にかけて10%低下した[2003年:生産児10,000人あたり12.2、2017年:同11.0]。母親の人種別でのIMBD率は、ヒスパニック系が4%低下(生産児10,000人あたり13.0から12.5)、非ヒスパニック系黒人は11%低下(同14.9から13.3)、非ヒスパニック系白人は12%低下(同11.3から9.9)であり、この期間中の推移は黒人が母親の乳児がもっとも高く、白人が母親の乳児でもっとも低かった。母親の年齢別では、20歳未満ではほぼ変化なく(2003年:13.3、2017年:12.9)、20~34歳では12%低下(11.5から10.1)、34歳超では6%の低下(15.5から14.5)であり、出生児の性別でのIMBD率は、男児が14%低下(12.8から11.0)、女児が6%低下(11.7から11.0)であった。妊娠期間別でのIMBD率は妊娠20~27週(超未熟児)にて20%低下したが(198.5から158.8)、32~33週(58.2から67.9)、34~36週(25.4から29.6)では17%の増加であった。また、39~40週では29%低下(5.9から4.2)、41~44週では25%低下(7.1から5.3)であり、28~31週(110.0から104.0)および37~38週(ともに10.5)ではほぼ横ばいであった。乳児の年齢別でのIMBD率は新生児にて7%低下(8.5から7.9)、新生児以降にて18%低下(3.8から3.1)であった。以上、2003年から2017年にかけて全体のIMBD率は10%低下しているが、人種/民族、および妊娠期間の違いによる減少率の差が認められた。

References

  • Ely DM, Driscoll AK. Infant mortality in the United States: data from the period linked birth/infant death file. Natl Vital Stat Rep 2019;68:1–19.
  • Petrini J, Damus K, Johnston RB. Trends in infant mortality attributable to birth defects—United States, 1980–1995. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1998;47:773–8.
  • Lee K, Khoshnood B, Chen L, Wall SN, Cromie WJ, Mittendorf RL. Infant mortality from congenital malformations in the United States, 1970–1997. Obstet Gynecol 2001;98:620–7. <https://doi.org/10.1097/00006250-200110000-00017>
  • Alexander GR, Kogan M, Bader D, Carlo W, Allen M, Mor J. US birth weight/gestational age-specific neonatal mortality: 1995–1997 rates for whites, Hispanics, and blacks. Pediatrics 2003;111:e61–6. <https://doi.org/10.1542/peds.111.1.e61>
  • National Center for Health Statistics. User guide to the 2014 natality public use file. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2014. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/DVS/natality/UserGuide2014.pdf>
  • Bryant AS, Worjoloh A, Caughey AB, Washington AE. Racial/ ethnic disparities in obstetric outcomes and care: prevalence and determinants. Am J Obstet Gynecol 2010;202:335–43. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2009.10.864>
  • Almli LM, Alter CC, Russell RB, et al. Association between infant mortality attributable to birth defects and payment source for delivery—United States, 2011–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:84–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6603a4>
  • American Academy of Pediatrics Committee on Fetus And Newborn. Levels of neonatal care. Pediatrics 2012;130:587–97. <https://doi.org/10.1542/peds.2012-1999>
  • Martin JA, Osterman MJ, Kirmeyer SE, Gregory EC. Measuring gestational age in vital statistics data: transitioning to the obstetric estimate. Natl Vital Stat Rep 2015;64:1–20.
  • Rynn L, Cragan J, Correa A. Update on overall prevalence of major birth defects—Atlanta, Georgia, 1978–2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:1–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ