一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)学校の欠席、胃腸疾患および呼吸器疾患、所得の関連性・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/17Vol. 68 / No. 53

MMWR68(53):1201-1205
Associations Among School Absenteeism, Gastrointestinal and Respiratory Illness, and Income — United States, 2010–2016

学校の欠席、胃腸疾患および呼吸器疾患、所得の関連性 ― アメリカ、2010年~2016年

アメリカの学齢期の小児に影響を与える呼吸器疾患や下痢性疾患などの小児感染症の制御として、主な感染場所である家庭と学校の両方で公衆衛生面の予防努力を要する場合がある。今回、2010年~2016年のNational Health Interview Surveyデータからアメリカにおける学校の欠席と胃腸および呼吸器疾患について分析し、世帯所得との関連性を調査した。小児に特化したアンケートのサンプルとして合計61,482世帯(9.6%)を抽出し、学齢期の小児の健康と欠席日数に関するデータを得た。世帯所得別に階層化したところ、30%が年間世帯所得$35,000未満(低所得階層世帯)で、21%が連邦貧困水準を下回っていた。小児の69%が前年に学校を欠席したことがあり、約15%が6日以上欠席していた(小児1人あたり平均3.24日)。過去2週間の胃腸疾患および呼吸器疾患の有病率は、それぞれ5%および13%であった。低所得階層世帯の小児では他の所得階層世帯の小児と比べ、前年中に学校を欠席する傾向が低く(65.4% vs. 67.4~73.2%)、過去2週間の胃腸疾患(6.0% vs. 4.1~4.9%)および呼吸器疾患(13.7% vs. 11.5~12.8%)の有病率が高かった。年齢、性別、調査年で調整後の値では、低所得階層の小児では学校を欠席する傾向が3~12%低いが、直近に胃腸疾患に罹患した傾向が18~31%高かった。また、低所得階層の小児では呼吸器疾患に罹患した傾向も6~15%高かったが、$50,000~$74,999および$100,000以上の所得階層の小児と比較して統計的有意差はなかった。連邦貧困水準を下回る世帯の小児と水準以上の世帯の小児とを比較しても結果は同様であった。両親または保護者が直近2週間に呼吸器疾患または胃腸疾患になった小児では、昨年中に学校を欠席した割合が所得の増加とともに多くなった。胃腸疾患に罹患した子供のうち、世帯所得$35,000未満、$35,000~$49,999、$50,000~$74,999、$75,000~$99,999、$100,000以上の前年の欠席率は、それぞれ84.2%、84.3%、88.1%、86.2%、89.4%であった。前年の欠席日数で分析すると、低所得階層の小児では他の所得階層の小児と比べ、平均で0.5~0.8日欠席日数が多く、連邦貧困水準を下回る世帯の小児と水準以上の世帯の小児とを比較しても同様であった。今回の分析からは欠席の理由を確認することはできないが、これらのデータは、予防手段(手指衛生の促進、教育など)の重要性と、家庭と学校の両方で手指衛生実践の改善をはじめとする公衆衛生予防手段を実施することを重要なポイントとする機会であることを強調している。

References

  • National Center for Health Statistics; CDC. NHIS—National Health Interview Survey. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/nchs/nhis/index.htm>
  • Morsy L, Rothstein R. Five social disadvantages that depress student performance: why schools alone can’t close achievement gaps. Washington, DC: Economic Policy Institute, 2015 <https://www.epi.org/files/pdf/86987.pdf>
  • Glass RJ, Glass LM, Beyeler WE, Min HJ. Targeted social distancing design for pandemic influenza. Emerg Infect Dis 2006;12:1671–81. <https://doi.org/10.3201/eid1211.060255>
  • Qualls N, Levitt A, Kanade N, et al.; CDC Community Mitigation Guidelines Work Group. Community mitigation guidelines to prevent pandemic influenza—United States, 2017. MMWR Recomm Rep 2017;66(No. RR-1). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6601a1>
  • DeRigne L, Stoddard-Dare P, Quinn L. Workers without paid sick leave less likely to take time off for illness or injury compared to those with paid sick leave. Health Aff (Millwood) 2016;35:520–7. <https://doi.org/10.1377/hlthaff.2015.0965>
  • Balfanz R, Byrnes V. The importance of being in school: a report on absenteeism in the nation’s public schools. Baltimore, MD: Johns Hopkins University Center for Social Organization of Schools; 2012. <http://new.every1graduates.org/wp-content/uploads/2012/05/FINALChronicAbsenteeismReport_May16.pdf>
  • Arnold BF, Galiani S, Ram PK, et al. Optimal recall period for caregiver-reported illness in risk factor and intervention studies: a multicountry study. Am J Epidemiol 2013;177:361–70. <https://doi.org/10.1093/aje/kws281>
  • Wang Z, Lapinski M, Quilliam E, Jaykus LA, Fraser A. The effect of hand-hygiene interventions on infectious disease-associated absenteeism in elementary schools: A systematic literature review. Am J Infect Control 2017;45:682–9. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2017.01.018>
  • Bowen A, Ma H, Ou J, et al. A cluster-randomized controlled trial evaluating the effect of a handwashing-promotion program in Chinese primary schools. Am J Trop Med Hyg 2007;76:1166–73. <https://doi.org/10.4269/ajtmh.2007.76.1166>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ