一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)受動的サーベイランスデータを用いた痂皮を伴うリケッ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/01/03Vol. 68 / Nos. 51 & 52

MMWR68(51 & 52):1179-1182
Description of Eschar-Associated Rickettsial Diseases Using Passive Surveillance Data — United States, 2010–2016

受動的サーベイランスデータを用いた痂皮を伴うリケッチア感染症の報告 ― アメリカ、2010年~2016年

リケッチア感染症の痂皮は紅斑熱群リケッチア属およびオリエンティア属に感染した媒介生物(ダニ類)の刺し口部位に発生する無痛性の壊死性病変である。感染した媒介生物に噛まれた数日後に小さな無痛性丘疹が発現し、小胞または膿疱に変化し、赤い輪に囲まれた茶色~黒のかさぶたを形成する潰瘍となる。アメリカではRickettsia parkeri、リケッチア種364Dなど地域特有の病原体、R. africaeR. conoriiOrientia tsutsugamushiなどの輸入病原体を原因とする重症度の低い紅斑熱の特徴を示す。リケッチア感染症はNational Notifiable Diseases Surveillance Systemを通じてCDCに報告されており、さらに追加症例情報がダニ媒介性リケッチア感染症(TBRD)の症例報告フォームの提出により記録される。今回、2010年~2016年に発症し、州または地方の保健局によってデータ収集され、2018年11月13日までにCDCが入力した情報をまとめた。2010年~2016年、CDCに計44,099例のTBRD症例が新たに報告され、うち484例(1.1%)が痂皮を伴うリケッチア感染症、7,866例が痂皮を伴わないリケッチア感染症であったが、残りの多くの症例では痂皮に関する情報が不明であった(35,749例、81.1%)。484例のうち387例(80.0%)は紅斑熱リケッチア感染症、64例(13.2%)はEhrlochia chaffeensisエールリヒア症、30例(6.2%)はAnaplasma phagocytophilumアナプラズマ症、1例(0.2%)はE, ewingiiエールリヒア症、2例(0.4%)は原因病原体不明のエールリヒア症/アナプラズマ症に分類された。痂皮を伴うリケッチア感染症患者は男性が290例(59.9%)と多く[女性:189(39.0%)、不明:5(1.0%)]、人種別では白人が331例(68.4%)と多く[黒人:10例(2.1%)、アメリカンインディアン/アラスカ先住民:8例(1.7%)、アジア人/太平洋諸島系:2例(0.4%)、不明:133例(27.5%)]、民族別では非ヒスパニック系が多かった(402例、83.1%)。痂皮を伴うリケッチア感染症での入院は90例(18.6%)、死亡は1例(0.2%)であり、痂皮を伴わないリケッチア感染症ではそれぞれ2,120例(27.0%)、21例(0.3%)であった。また、痂皮を伴う症例の多くが南部からの報告であり[361例(74.6%)、痂皮を伴わない症例:4,738例[(60.3%)]、ほとんどの症例(462例、95.5%)は病原体を媒介するダニがいる州から報告されていた。確定診断された痂皮による症例は484例中42例(8.7%)のみであり、34例はPCR法、1例は桑実胚の可視化が報告され、447例(92.0%)が血清学的根拠による検査基準を満たしていた。今後の研究で、刺し口痂皮とエールリヒア症、アナプラズマ症との関連性を明らかにする必要があると思われる。

References

  • Paddock CD, Sumner JW, Comer JA, et al. Rickettsia parkeri: a newly recognized cause of spotted fever rickettsiosis in the United States. Clin Infect Dis 2004;38:805–11. <https://doi.org/10.1086/381894>
  • Shapiro MR, Fritz CL, Tait K, et al. Rickettsia 364D: a newly recognized cause of eschar-associated illness in California. Clin Infect Dis 2010;50:541–8. <https://doi.org/10.1086/649926>
  • Cragun WC, Bartlett BL, Ellis MW, et al. The expanding spectrum of eschar-associated rickettsioses in the United States. Arch Dermatol 2010;146:641–8. <https://doi.org/10.1001/archdermatol.2010.48>
  • Cohen SB, Yabsley MJ, Garrison LE, et al. Rickettsia parkeri in Amblyomma americanum ticks, Tennessee and Georgia, USA. Emerg Infect Dis 2009;15:1471–3. <https://doi.org/10.3201/eid1509.090330>
  • Heitman KN, Drexler NA, Cherry-Brown D, Peterson AE, Armstrong PA, Kersh GJ. National surveillance data show increase in spotted fever rickettsiosis: United States, 2016–2017. Am J Public Health 2019;109:719–21. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2019.305038>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Public health reporting and national notification for spotted fever rickettsioses (including Rocky Mountain spotted fever) position statement. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2009. <https://cdn.ymaws.com/www.cste.org/resource/resmgr/PS/09-ID-16.pdf>
  • Council for State and Territorial Epidemiologists. Public health reporting and national notification for ehrlichiosis and anaplasmosis. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2009. <https://cdn.ymaws.com/www.cste.org/resource/resmgr/PS/09-ID-15.pdf>
  • Paddock CD, Finley RW, Wright CS, et al. Rickettsia parkeri rickettsiosis and its clinical distinction from Rocky Mountain spotted fever. Clin Infect Dis 2008;47:1188–96. <https://doi.org/10.1086/592254>
  • Bechah Y, Socolovschi C, Raoult D. Identification of rickettsial infections by using cutaneous swab specimens and PCR. Emerg Infect Dis 2011;17:83–6. <https://doi.org/10.3201/eid1701.100854>
  • Stromdahl EY, Vince MA, Billingsley PM, Dobbs NA, Williamson PC. Rickettsia amblyommii infecting Amblyomma americanum larvae. Vector Borne Zoonotic Dis 2008;8:15–24. <https://doi.org/10.1089/vbz.2007.0138>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ