一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)エボラウイルス病のアウトブレイク ― コンゴ民主共・・・

MMWR抄訳

rss

2019/12/20Vol. 68 / No. 50

MMWR68(50):1162-1165
Ebola Virus Disease Outbreak — Democratic Republic of the Congo, August 2018–November 2019

エボラウイルス病のアウトブレイク ― コンゴ民主共和国、2018年8月~2019年11月

2018年8月1日に、コンゴ民主共和国(DRC)の保健省(DRC MoH)は、ウガンダとの国境にあるDRC東部の北キブ州で、DRCで10回目になるエボラウイルス病(Ebola)アウトブレイクが発生したことを公表し、2019年7月17日、WHOは、北キブ州の州都ゴマとウガンダへの疾患の地理的拡散に基づいて、北キブ州とイトゥリ州のアウトブレイクを国際的な懸念のある公衆衛生上の緊急事態に指定した。今回、北キブ州とイトゥリ州でのアウトブレイクについて報告する。2018年4月30日から2019年11月17日までに、合計3,296例のEbola症例(確定例:3,178例、高度疑い例:118例)と2,196例(67%)の死亡がDRC MoHに報告された。症例の多くが女性であり(1,857例、56%)、968例(29%)は18歳以下であった。医療従事者は163例(5%)であった。症例の34%は居住地域で死亡した(患者が死亡するまでEbolaが特定されず、感染時から死亡まで効果的な隔離は実施されなかった)。2019年11月17日の時点で、Ebola症例のうち約1,492例(45%)とEbola症例と接触した1,500例が、感染の発覚後21日間にわたり、影響を受けたすべてのヘルスゾーンで監視されていた。しかし、紛争、地方自治体に対する不信感、抵抗によって生じる不安感により、緊急対応チームが一部のコミュニティに入ることが妨げられたため、接触者の調査は不完全であった。2018年8月以降、DRC MoHはWHO、UNICEF、国連人道問題調整事務所、国際移住機関などのパートナーと協力してきた。メルク社のエボラワクチン(rVSV-ZEBOV-GP)の実験的単回投与は、WHOとDRC MoHにより例外的使用下で認可されており、2019年11月17日の時点で、約31,000人の医療従事者と現場就労者を含む、Ebolaリスクがある約250,000人に接種されている。さらに、DRCの規制当局は、ヒト以外の霊長類で効果が認められた4つの治療薬(モノクローナル抗体のMAb114、REGN-EB3、ZMapp、抗ウイルス薬remdesivir)をEbola患者に対する例外的使用として承認した。Ebolaウイルスを用いてこれらの治療薬の有効性を評価した試験の予備的結果では、mAb114およびREGN-EB3が症例の死亡率を低下させることが認められたことから、試験のモニタリング委員会は試験を中止し、該当薬剤以外に割り付けられた患者にもすべてmAb114またはREGN-EB3投与に割り付けられた。アウトブレイクを終息させるには、コミュニケーションの強化と効果的なコミュニティの関与、相対的に安定な期間中における介入のタイミング、および国内および国際的要員による周期的な監督下で対応活動を管理するための地域住民の集中トレーニングが必要である。

References

  • Ilunga Kalenga O, Moeti M, Sparrow A, Nguyen V-K, Lucey D, Ghebreyesus TA. The ongoing Ebola epidemic in the Democratic Republic of Congo, 2018–2019. N Engl J Med 2019;381:373–83. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1904253>
  • World Health Organization. Ebola outbreak in the Democratic Republic of the Congo declared a public health emergency of international concern. [News release]. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2019. <https://www.who.int/news-room/detail/17-07-2019-ebola-outbreak-in-the-democratic-republic-of-the-congo-declared-a-public-health-emergency-of-international-concern>
  • Maganga GD, Kapetshi J, Berthet N, et al. Ebola virus disease in the Democratic Republic of Congo. N Engl J Med 2014;371:2083–91. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1411099>
  • Regules JA, Beigel JH, Paolino KM, et al.; rVSVΔG-ZEBOV-GP Study Group. A recombinant vesicular stomatitis virus Ebola vaccine. N Engl J Med 2017;376:330–41. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1414216>
  • Mulangu S, Dodd LE, Davey RT Jr, et al.; PALM Consortium Study Team. A randomized, controlled trial of Ebola virus disease therapeutics. N Engl J Med 2019;381:2293–303. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1910993>
  • Roca A, Afolabi MO, Saidu Y, Kampmann B. Ebola: a holistic approach is required to achieve effective management and control. J Allergy Clin Immunol 2015;135:856–67. <https://doi.org/10.1016/j.jaci.2015.02.015>
  • Moran B. Fighting Ebola in conflict in the DR Congo. Lancet 2018;392:1295–6. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(18)32512-1>
  • Nielsen CF, Kidd S, Sillah AR, Davis E, Mermin J, Kilmarx PH. Improving burial practices and cemetery management during an Ebola virus disease epidemic—Sierra Leone, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:20–7.
  • Victory KR, Coronado F, Ifono SO, Soropogui T, Dahl BA. Ebola transmission linked to a single traditional funeral ceremony—Kissidougou, Guinea, December, 2014–January 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:386–8.
  • Nnadi C, Etsano A, Uba B, et al. Approaches to vaccination among populations in areas of conflict. J Infect Dis 2017;216:S368–72.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ