一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)人造石加工労働者における重症珪肺症 ― カリフォル・・・

MMWR抄訳

rss

2019/09/27Vol. 68 / No. 38

MMWR68(38):813-818
Severe Silicosis in Engineered Stone Fabrication Workers — California, Colorado, Texas, and Washington, 2017–2019

人造石加工労働者における重症珪肺症 ― カリフォルニア州、コロラド州、テキサス州、ワシントン州、2017年~2019年

珪肺症は結晶シリカ粉塵の吸入によって生じる元に戻らない職業性肺疾患であり、肺の炎症および線維化を引き起こし、進行性、不可逆的、潜在的な障害をもたらす疾患の原因となる。シリカへの曝露は、肺感染症(特に結核)、肺がん、肺気腫、自己免疫疾患、腎臓病のリスク増加とも関連している。結晶シリカの一種である石英は一般的に石の中に含まれているため、石材を切断、研磨、研削する労働者はシリカ粉塵に曝露する可能性がある。最近いくつかの州にて、調理台用の石板を切断し仕上げる労働者における珪肺症のアウトブレイクが報告されている。人造石、製品材料、石英ベースの複合材料の加工物のほとんどが90%を超える結晶シリカを含んでいる可能性がある。今回、カリフォルニア州、コロラド州、テキサス州、ワシントン州の石材加工業の労働者のうち、アメリカで報告された最初の死亡者2例を含む18例の珪肺症について報告する。カリフォルニア州の調査では、2019年1月にカリフォルニア州公衆衛生局が退院データから珪肺症と診断された症例を調査し、2017年に37歳のヒスパニック系男性(CA-1)が入院したことを確認した。症例は2004年から2013年の間に、主に人造石を使用した石製の調理台製造会社に勤務し、石板の研磨、乾式切削、研削作業に従事していた。2009年にカリフォルニア州の労働安全衛生局が調査した職場環境測定では、当時のカリフォルニア州での許容曝露限界値(0.1mg/m3)の22倍相当までの結晶シリカが検出された。症例は2012年に呼吸器症状を発症し、胸部CT検査で珪肺症を認め、肺生検ではシリカと一致する分極性粒子を含む混合塵肺症を示し、同時に抗Scl-70抗体および抗核抗体陽性の強皮症と診断され、2018年に38歳で珪肺症により死亡した。CA-1の勤務先をさらに調査したところ、石材加工者でさらに2例(CA-2、CA-3)の珪肺症を特定した。このうち1例(CA-2)はヒスパニック系男性で2003年~2016年に同会社に勤務し、リウマチ因子および抗環状シトルリン化ペプチド抗体の陽性を伴う関節リウマチの病歴があり、2018年に36歳で死亡した。CA-2の肺組織剖検では、珪肺結節および肺胞タンパク症を認めた。CA-3はヒスパニック系男性で11年間勤務しており、2018年に珪肺症と診断された。その後の調査で、同会社のさらに3例(CA-4、CA-5、CA-6、35~59歳、全例ヒスパニック系男性)が胸部X線および胸部CT検査で珪肺症と診断されたことを確認した。さらにコロラド州、テキサス州、ワシントン州でも、それぞれ7例、4例、1例の珪肺症を認め、一部の症例では重症の進行性であった。コロラド州では、一部で関節リウマチまたは潜伏結核感染を認めた。石材加工業における珪肺症の新たな公衆衛生上の脅威に対処するため、職場における医療および公衆衛生の調査を強化し、シリカ粉塵曝露の削減と効果的な規制の施行が緊急に必要である。

References

  • National Institute for Occupational Safety and Health. Health effects of occupational exposure to respirable crystalline silica (publication no. 2002–129). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2002. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/2002-129/default.html>
  • Kramer MR, Blanc PD, Fireman E, et al. Artificial stone silicosis [corrected]: disease resurgence among artificial stone workers. Chest 2012;142:419–24. <https://doi.org/10.1378/chest.11-1321>
  • Pérez-Alonso A, Córdoba-Doña JA, Millares-Lorenzo JL, Figueroa-Murillo E, García-Vadillo C, Romero-Morillos J. Outbreak of silicosis in Spanish quartz conglomerate workers. Int J Occup Environ Health 2014;20:26–32. <https://doi.org/10.1179/2049396713Y.0000000049>
  • Hoy RF, Baird T, Hammerschlag G, et al. Artificial stone-associated silicosis: a rapidly emerging occupational lung disease. Occup Environ Med 2018;75:3–5. <https://doi.org/10.1136/oemed-2017-104428>
  • Leso V, Fontana L, Romano R, Gervetti P, Iavicoli I. Artificial stone associated silicosis: a systematic review. Int J Environ Res Public Health 2019;16:568. <https://doi.org/10.3390/ijerph16040568>
  • Occupational Safety and Health Administration; National Institute for Occupational Safety and Health. Hazard alert: worker exposure to silica during countertop manufacturing, finishing, and installation. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2015. <https://www.osha.gov/Publications/OSHA3768.pdf>
  • Friedman GK, Harrison R, Bojes H, Worthington K, Filios M. Notes from the field: silicosis in a countertop fabricator—Texas, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:129–30.
  • Shtraichman O, Blanc PD, Ollech JE, et al. Outbreak of autoimmune disease in silicosis linked to artificial stone. Occup Med (Lond) 2015;65:444–50. <https://doi.org/10.1093/occmed/kqv073>
  • Moyce SC, Schenker M. Occupational exposures and health outcomes among immigrants in the USA. Curr Environ Health Rep 2017;4:349–54. <https://doi.org/10.1007/s40572-017-0152-1>
  • Kirby T. Australia reports on audit of silicosis for stonecutters. Lancet 2019;393:861. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(19)30478-7>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ