一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)男性間性交渉者のHIV曝露前予防における人種/民族・・・

MMWR抄訳

rss

2019/09/20Vol. 68 / No. 37

MMWR68(37):801-806
Racial/Ethnic Disparities in HIV Preexposure Prophylaxis Among Men Who Have Sex with Men — 23 Urban Areas, 2017

男性間性交渉者のHIV曝露前予防における人種/民族による格差 ― 23都市部、2017年

2017年の予備データでは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の新規診断例の67%はゲイ、バイセクシュアル、男性間性交渉者(MSM)が占めており、静注ドラックを使用するMSMが3%を占め、アフリカンアメリカン/黒人(黒人)およびヒスパニック/ラテン系(ヒスパニック系)MSMにて不均衡に発症している。2010年から2015年にかけてMSMにおけるHIV発症率の人種/民族的格差は拡大し、2015年では白人MSMの発症率に比べて黒人は10.5倍、ヒスパニック系は4.9倍となっている(2010年はそれぞれ9.2、3.8倍)。処方通り服用することで性交渉によるHIV感染のリスクを約99%抑制する曝露前予防内服(PrEP)の利用が増加すれば、これらの格差が縮小し、「Ending the HIV Epidemic:A Plan for America initiative」を後押しすると思われる。今回、PrEPについての認知度、医療関係者と話したことがあるか、利用における人種/民族的格差を把握するため、CDCは2017年のNational HIV Behavioral Surveillanceデータから、アメリカ23都市部のMSMについて分析した。2017年に23都市部で面談した性的に活発なMSM 計10,104名の中から、HIV検査陰性であり、PrEPが臨床適応となりそうなMSM4,056名(白人:1,843名、ヒスパニック系:1,251名、黒人:962名)を今回の分析対象とした。その結果、PrEPを認知していたのは白人1,742名(95%)、ヒスパニック系1,088名(87%)、黒人825名(86%)であり、白人と比較したヒスパニック系の推定調整有病率(aPR)は1.1、白人と比較した黒人のaPRも1.1であった。過去1年以内に医療関係者とPrEPについて話をしたことがあるのは白人1,063名(58%)、ヒスパニック系546名(44%)、黒人412名(43%)のみであり(aPRはともに1.2)、さらに、過去1年以内にPrEPをした人は白人765名(42%)、ヒスパニック系373名(30%)、黒人248名(26%)のみであり(aPR:ヒスパニック系1.2、黒人1.4)、白人MSMはヒスパニック系、黒人に比べPrEPを認知しており、医療関係者と話したことがあり、服用した割合が有意に多かった。医療関係者とPrEPについて話したことがあるMSMのうち、実際に服用した人の割合は白人68%(724/1,063名)、ヒスパニック系62%(338/546名)、黒人55%(225/412名)であった。また、白人と黒人の格差は医療保険加入者および日常的に医療ケアを使用している人にもあり(aPRはともに1.2)、アメリカ国勢調査地域別では、白人と黒人との格差は南部(アトランタ、ボルチモア、ダラス、ヒューストン、マイアミ、ニューオーリンズ、バージニアビーチ、ワシントンDC)および西部(デンバー、ロサンゼルス、ポートランド、サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル)にて認められ(aPR:南部1.2、西部1.3)、白人とヒスパニック系との格差は南部のみに認められた(aPR:1.2)。以上、HIV予防にはすべてのMSMに対しPrEPをするように促進し、人種/民族による格差なくすことを目標とする必要性が示された。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2017. HIV surveillance report, vol. 29. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2017-vol-29.pdf>
  • McCree DH, Williams AM, Chesson HW, et al. Changes in disparities in estimated HIV incidence rates among black, Hispanic/Latino, and white men who have sex with men (MSM) in the United States, 2010–2015. J Acquir Immune Defic Syndr 2019;81:57–62. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001977>
  • Fauci AS, Redfield RR, Sigounas G, Weahkee MD, Giroir BP. Ending the HIV epidemic: a plan for the United States. JAMA 2019;321:844–5. <https://doi.org/10.1001/jama.2019.1343>
  • Finlayson T, Cha S, Xia M, et al.; National HIV Behavioral Surveillance Study Group. Changes in HIV preexposure prophylaxis awareness and use among men who have sex with men—20 urban areas, 2014 and 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:597–603. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6827a1>
  • Goedel WC, King MRF, Lurie MN, Nunn AS, Chan PA, Marshall BDL. Effect of racial inequities in pre-exposure prophylaxis use on racial disparities in HIV incidence among men who have sex with men: a modeling study. J Acquir Immune Defic Syndr 2018;79:323–9. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001817>
  • Nunn AS, Brinkley-Rubinstein L, Oldenburg CE, et al. Defining the HIV pre-exposure prophylaxis care continuum. AIDS 2017;31:731–4. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001385>
  • CDC. HIV infection risk, prevention, and testing behaviors among men who have sex with men—National HIV Behavioral Surveillance, 23 U.S. cities, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-special-report-number-22.pdf>
  • Brown AF, Ma GX, Miranda J, et al. Structural interventions to reduce and eliminate health disparities. Am J Public Health 2019;109:S72–8. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2018.304844>
  • Stone VE. Physician contributions to disparities in HIV/AIDS care: the role of provider perceptions regarding adherence. Curr HIV/AIDS Rep 2005;2:189–93. <https://doi.org/10.1007/s11904-005-0015-5>
  • Calabrese SK, Krakower DS, Mayer KH. Integrating HIV preexposure prophylaxis (PrEP) into routine preventive health care to avoid exacerbating disparities. Am J Public Health 2017;107:1883–9. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2017.304061>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ