一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)人種/民族による妊娠関連死亡の格差 ― アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2019/09/06Vol. 68 / No. 35

MMWR68(35):762-765
Racial/Ethnic Disparities in Pregnancy-Related Deaths — United States, 2007–2016

人種/民族による妊娠関連死亡の格差 ― アメリカ、2007年~2016年

アメリカでは妊娠またはその合併症により年間約700名の妊婦が死亡しており、妊娠関連死亡には明らかな人種/民族的格差がある。今回、CDCの Pregnancy Mortality Surveillance Systemデータを分析し、2007年~2016年における妊娠関連死亡率比(PRMR)を算出した。この期間、計6,765名の妊娠関連死亡が発生し(PRMR=16.7/100,000出生数)、PRMRは黒人(40.8)およびアメリカインディアン/アラスカ原住民(AI/AN、29.7)女性にて高く、白人女性(12.7)のそれぞれ3.2倍、2.3倍であった。全体のPRMRは2007~2008年の15.0から、2015年~2016年には17.0とわずかに増加しており、人種/民族間格差の傾向に変化は認めなかった。PRMRは年齢の上昇とともに増加した(20歳未満:10.9、20~24歳:12.2、25~29歳:13.3、30~34歳:15.8、35~39歳:27.7、40歳以上:65.2)。黒人と白人の差は20歳未満で最も少なく(1.5)、30~34歳で最も大きかった(4.3)。AI/ANと白人の差は20~24歳(1.2)で少なく、35~39歳(5.1)で大きかった。PRMRの人種/民族間格差はすべての学歴で認められ、大卒以上では黒人と白人の差は5.2倍(白人7.8、黒人40.2)、州別に三分位でみた低PRMR、中PRMR、高PRMRにおける黒人と白人の差は各3.0、3.3、2.8であった。妊娠関連死亡の主な原因は心血管症状(心筋症、他の心血管疾患、脳卒中など)、他の心血管以外の疾患、感染症であり、全体では他の心血管疾患1,035人(15.3%)、他の心血管以外の疾患903名(13.3%)、感染症900名(13.3%)、出血752名(11.1%)、心筋症748名(11.1%)、肺血栓/他の塞栓症624名(9.2%)、妊娠高血圧症候群528名(7.8%)、脳卒中490名(7.2%)が多く認められた。白人に比べ、黒人では心筋症、肺血栓/他の塞栓症、妊娠高血圧症候群が、AI/ANでは出血と妊娠高血圧症候群が有意に多く認められた。妊娠関連死亡の人種/民族的格差は妊婦の健康状態、適切な妊娠前、妊娠中、出産後の期間における良質なケア利用の改善により是正され、それは地域、医療機関、患者および家族、医療従事者、医療システムの連携により実現しうるものと思われる。

References

  • Petersen EE, Davis NL, Goodman D, et al. Vital signs: pregnancy-related deaths, United States, 2011–2015, and strategies for prevention, 13 states, 2013–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:423–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6818e1>
  • Creanga AA, Syverson C, Seed K, Callaghan WM. Pregnancy-related mortality in the United States, 2011–2013. Obstet Gynecol 2017;130:366–73. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000002114>
  • CDC. Birth data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/nchs/nvss/births.htm>
  • Howell EA. Reducing disparities in severe maternal morbidity and mortality. Clin Obstet Gynecol 2018;61:387–99. <https://doi.org/10.1097/GRF.0000000000000349>
  • Fryar CD, Ostchega Y, Hales CM, Zhang G, Kruszon-Moran D. Hypertension prevalence and control among adults: United States, 2015–2016. NCHS Data Brief 2017;289:1–8.
  • Tucker MJ, Berg CJ, Callaghan WM, Hsia J. The Black-White disparity in pregnancy-related mortality from 5 conditions: differences in prevalence and case-fatality rates. Am J Public Health 2007;97:247–51. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2005.072975>
  • Creanga AA, Bateman BT, Mhyre JM, Kuklina E, Shilkrut A, Callaghan WM. Performance of racial and ethnic minority-serving hospitals on delivery-related indicators. Am J Obstet Gynecol 2014;211:647.e1–16. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2014.06.006>
  • Hall WJ, Chapman MV, Lee KM, et al. Implicit racial/ethnic bias among health care professionals and its influence on health care outcomes: a systematic review. Am J Public Health 2015;105:e60–76. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2015.302903>
  • Geronimus AT, Hicken M, Keene D, Bound J. “Weathering” and age patterns of allostatic load scores among blacks and whites in the United States. Am J Public Health 2006;96:826–33. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2004.060749>
  • Baeva S, Saxton DL, Ruggiero K, et al. Identifying maternal deaths in Texas using an enhanced method, 2012. Obstet Gynecol 2018;131:762–9. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000002565>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ