一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)福祉団体および信仰に基づく団体における地域社会防災・・・

MMWR抄訳

rss

2019/09/06Vol. 68 / No. 35

MMWR68(35):757-761
Participation in Community Preparedness Programs in Human Services Organizations and Faith-Based Organizations — New York City, 2018

福祉団体および信仰に基づく団体における地域社会防災プログラムへの参加 ― ニューヨーク市、2018年

地域ベースの団体には公衆衛生問題に取り組んできた長い歴史があり、人との関わりにより災害への備えに貢献する可能性がある。防災訓練により対応能力が向上し、復興力が強化される。ニューヨーク市(NYC)のDepartment of Health and Mental Hygieneは、地域防災におけるこれらの団体の重要性を認識し、2016年、災害に対する準備を強化する連邦緊急事態管理庁およびCDCの勧告に基づく地域防災プログラムを開始した。このプログラムにより福祉および信仰に基づく団体が8回の直接訓練に参加、各訓練では1)運営の継続性、2)緊急管理、3)ボランティア管理、4)緊急時通信、5)緊急時連絡システム、6)危険にさらされている人との通信、7)緊急時物資の在庫の評価、8)緊急基金の確立、などの計画を立てることを含む災害対策準備に焦点があてられた。今回、この訓練の有効性を評価するため、2018年6月~9月に実施されたオンライン調査のデータを多変量ロジスティック回帰にて分析し、訓練の有無による防災指標を比較した。調査に回答したのは福祉団体が115団体(13.5%)、信仰に基づく団体が185団体(18.5%)であり、それぞれ61(53%)、57(31%)の団体が訓練に参加していた。訓練に参加した団体では非参加の団体比べそれぞれの項目に関する計画を立てる確率が高く、調整オッズ比(AOR)は福祉団体、信仰に基づく団体の順に1)運営の継続性が各45.7、2.5、2)緊急管理:12.8、7.2、3)ボランティア管理が6.3、4.5、4)緊急時通信が17.3、2.8、5)緊急時連絡システム:8.7、3.4、6)危険にさらされている人との通信が15.6、2.1、7)緊急時物資の在庫が9.8、4.5、8) 緊急基金が3.7、3.8であった。これらの結果から、NYCにおける地域準備プログラムは、公衆衛生災害に対応する地域の備えをサポートする訓練計画に関し、他の地域のモデルとなりうるものと思われる。

References

  • Federal Emergency Management Agency. A whole community approach to emergency management: principles, themes, and pathways for action. Washington, DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management Agency; 2011. <https://www.fema.gov/media-library-data/20130726-1813-25045-3330/whole_community_dec2011__2_.pdf>
  • Federal Emergency Management Agency. Engaging faith-based and community organizations planning considerations for emergency managers. Washington, DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management Agency; 2018. <https://www.fema.gov/media-library-data/1528736429875-8fa08bed9d957cdc324c2b7f6a92903b/Engaging_Faith-based_and_Community_Organizations.pdf>
  • Rivera L, Pagaoa M, Molinari NA, Morgethau BM, LeBlanc TT. Preassessment of community-based organization preparedness in two sectors, human services and faith based: New York City, 2016. Am J Public Health 2019;109(S4):S290–6. Epub September 10, 2019.
  • CDC. Public health emergency preparedness and response capabilities: national standards for state, local, tribal and territorial public health. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/cpr/readiness/capabilities.htm>
  • New York City Emergency Management. Community emergency planning toolkit. Brooklyn, NY: New York City Emergency Management; 2019. <https://www1.nyc.gov/site/em/ready/community-preparedness.page>
  • Groves RM, Peytcheva E. The impact of nonresponse rates on nonresponse bias. Public Opin Q 2008;72:167–89. <https://doi.org/10.1093/poq/nfn011>
  • LaRose R, Tsai HS. Completion rates and nonresponse error in online surveys: comparing sweepstakes and pre-paid cash incentives in studies of online behavior. Comput Human Behav 2014;34:110–9. <https://doi.org/10.1016/j.chb.2014.01.017>
  • Santiago R. Faith-based organizations and public health. In: Gaist PA, ed. Igniting the power of the community: the roles of CBOS and NGOS in global public health. New York, NY: Springer; 2010:93–108.
  • Sobelson RK, Wigington CJ, Harp V, Bronson BB. A whole community approach to emergency management: Strategies and best practices of seven community programs. J Emerg Manag 2015;13:349–57. <https://doi.org/10.5055/jem.2015.0247>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ