一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)フルタイム就労者における健康状態による欠勤 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2019/07/05Vol. 68 / No. 26

MMWR68(26):577-582
Health-Related Workplace Absenteeism Among Full-Time Workers — United States, 2017–18 Influenza Season

フルタイム就労者における健康状態による欠勤 ― アメリカ、2017-18年インフルエンザシーズン

インフルエンザの大流行中や季節性の蔓延中では、診療所、医院、病院で治療を受ける人よりも、症状はあるが受診しない人が多い。その結果、死亡率、医療施設での症例、検査データに基づくサーベイランスには、インフルエンザ疾病率がきちんと反映されていない。CDCは、アメリカにおけるインフルエンザ疾患の総数を推定するために数学モデルを使用している。さらに、学校や職場での欠席/欠勤傾向の追跡などの医療施設以外での疾患モニタリングの症候学的方法は、従来の疾病報告の重要な補助となる。毎月、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health(NIOSH)では、Current Population Survey(CPS)データを使用して、アメリカのフルタイム就労者における健康状態による欠勤をモニターしている。今回、2017-18年の重症度の高いインフルエンザシーズン(2017年10月~2018年9月)に行われた職場欠勤サーベイランス分析の結果をまとめた。フルタイム就労者における健康状態による職場の欠勤率は、2017年10月には1.7%であったが、11月から急増し、2018年1月に3.0%のピークに到達した後は徐々に低下し、7月には1.4%にまで低下したが、8月と9月には、再び徐々に増加した。1月の欠勤ピークでは、流行の域値を大幅に上回った。2017-18年インフルエンザシーズンにおけるピークの欠勤率は、2012-13年シーズンを除いた各過去4シーズン(2013-14年シーズン~2016-17年シーズン)を上回っていた。また、1月と2月の男性就労者、1月と2月の45~64歳の就労者、1月と2月の保健福祉省(HHS)の第6地区の就労者、12月と3月のHHSの第9地区の就労者、1月の管理職、会社員、金融業、設備業、保守管理業、修繕業、2月の製造業、製造関連業の就労者のサブグループにて、流行の境界値を大幅に超えていた。公衆衛生当局および雇用主は、予防を促すメッセージの作成時、大流行への対策計画の際には、関連する欠勤サーベイランスの分析結果を考慮する必要があるかもしれない。職場でのインフルエンザ感染を予防する最も効果的な方法には予防接種の他にも、病気になった時に家にいる、咳やくしゃみをする際には口を覆う、手をこまめに洗う、頻繁に手が触れるものの表面を定期的に清掃するなどの非薬物的介入が含まれる。

References

  • CDC. Estimated influenza illnesses, medical visits, hospitalizations, and deaths in the United States—2017–2018 influenza season. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/flu/about/burden/estimates.htm>
  • Groenewold MR, Konicki DL, Luckhaupt SE, Gomaa A, Koonin LM. Exploring national surveillance for health-related workplace absenteeism: lessons learned from the 2009 influenza A pandemic. Disaster Med Public Health Prep 2013;7:160–6. <https://doi.org/10.1017/dmp.2013.8>
  • US Census Bureau. Current Population Survey (CPS). Washington, DC: US Department of Commerce; 2018. <https://www.census.gov/programs-surveys/cps.html>
  • Garten R, Blanton L, Elal AIA, et al. Update: influenza activity in the United States during the 2017–18 season and composition of the 2018–19 influenza vaccine. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:634–42. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6722a4>
  • Qualls N, Levitt A, Kanade N, et al.; CDC Community Mitigation Guidelines Work Group. Community mitigation guidelines to prevent pandemic influenza—United States, 2017. MMWR Recomm Rep 2017;66(No. RR-1). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6601a1>
  • CDC, National Institute for Occupational Safety and Health. Absenteeism in the workplace. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2019. <https://www.cdc.gov/niosh/topics/absences/default.html>
  • Trotter Y Jr, Dunn FL, Drachman RH, Henderson DA, Pizzi M, Langmuir AD. Asian influenza in the United States, 1957–1958. Am J Hyg 1959;70:34–50.
  • Putri WCWS, Muscatello DJ, Stockwell MS, Newall AT. Economic burden of seasonal influenza in the United States. Vaccine 2018;36:3960–6. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2018.05.057>
  • Zhai Y, Santibanez TA, Kahn KE, Black CL, de Perio MA. Paid sick leave benefits, influenza vaccination, and taking sick days due to influenza-like illness among U.S. workers. Vaccine 2018;36:7316–23. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2018.10.039>
  • Tokars JI, Olsen SJ, Reed C. Seasonal incidence of symptomatic influenza in the United States. Clin Infect Dis 2018;66:1511–8. <https://doi.org/10.1093/cid/cix1060>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ