一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)年齢18~64歳のがんサバイバーにおける年間自己負・・・

MMWR抄訳

rss

2019/06/07Vol. 68 / No. 22

MMWR68(22):494-499
Annual Out-of-Pocket Expenditures and Financial Hardship Among Cancer Survivors Aged 18–64 Years — United States, 2011–2016

年齢18~64歳のがんサバイバーにおける年間自己負担額と経済的苦難 ― アメリカ、2011年~2016年

2019年のアメリカでは、がん診断後に生存している人が推定1690万人いる。これらのがんサバイバーは、機能的制限、深刻な心理的苦痛、その他のがん治療の持続的および遅発性の影響を含む多くの課題に直面している。がん治療の費用は高額であるため、多くのがんサバイバーは、がん既往歴のない人と比較して相当な自己負担医療費と経済的苦難に直面する傾向にある。がんに関連する自己負担額および経済的苦難は、18~64歳のサバイバーにて高齢のサバイバーよりも高い。今回、がん既往歴のない人と比較した18~64歳のがんサバイバーの年間自己負担額および経済的苦難を推定するため、CDC、アメリカがん協会、アメリカ国立がん研究所は、2011年~2016年のMedical Expenditure Panel Surveyのデータを分析した。がんサバイバーは、がん既往歴のない人よりも高齢、女性、非ヒスパニック系白人(白人)、既婚、民間保険契約者、フルタイム勤務、高学歴、複数の慢性疾患を抱える人が多い傾向にあった。調整解析では、年間自己負担額の平均はがんサバイバーが1,000ドル、がん既往歴のない人で622ドルであった。各社会人口統計学的に、がんサバイバーではがん既往歴のない人と比べ年間自己負担額が高かった。がん生存者の約4分の1(25.3%)に、がんに関連した物質的な経済的苦難、3分の1(34.3%)に心理的な経済的苦難があった。物質的または心理的/経済的苦難を経験したサバイバーの割合は、白人よりも少数人種/民族グループの間で高く、40~49歳で最も高かった。物質的な経済的苦難の割合は保険未加入のサバイバーで最も高く(36.5%)、続いて公的保険(33.1%)および民間保険(21.9%)の加入者の順であった。心理的な経済的苦難の割合もまた、公的保険(35.9%)や民間保険(32.5%)の加入者よりも、健康保険未加入者(49.4%)で高かった。がんサバイバーの人口は増加しており、多くの人が医療費の支払いに苦労している。自己負担額を削減するための医療提供者、診療行為、支払機関によるエビデンスに基づく持続可能な戦略は、質の高いがん治療の重要な要素となる可能性がある。

References

  • Bluethmann SM, Mariotto AB, Rowland JH. Anticipating the “silver tsunami”: prevalence trajectories and comorbidity burden among older cancer survivors in the United States. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2016;25:1029–36. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-16-0133>
  • Rim SH, Yabroff KR, Dasari S, Han X, Litzelman K, Ekwueme DU. Preventive care service use among cancer survivors with serious psychological distress: An analysis of the medical expenditure panel survey data. Prev Med 2019;123:152–9. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2019.03.024>
  • Pisu M, Henrikson NB, Banegas MP, Yabroff KR. Costs of cancer along the care continuum: what we can expect based on recent literature. Cancer 2018;124:4181–91. <https://doi.org/10.1002/cncr.31643>
  • Yabroff KR, Zhao J, Zheng Z, Rai A, Han X. Medical financial hardship among cancer survivors in the United States: what do we know? what do we need to know? Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2018;27:1389–1397.
  • Yabroff KR, Dowling EC, Guy GP Jr, et al. Financial hardship associated with cancer in the United States: findings from a population‐based sample of adult cancer survivors. J Clin Oncol 2016;34:259–67. <https://doi.org/10.1200/JCO.2015.62.0468>
  • Ekwueme DU, Yabroff KR, Guy GP Jr, et al. Medical costs and productivity losses of cancer survivors—United States, 2008–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:505–10.
  • Meropol NJ, Schrag D, Smith TJ, et al.; American Society of Clinical Oncology. American Society of Clinical Oncology guidance statement: the cost of cancer care. J Clin Oncol 2009;27:3868–74. <https://doi.org/10.1200/JCO.2009.23.1183>
  • American Society of Clinical Oncology. The state of cancer care in America, 2017: a report by the American Society of Clinical Oncology. J Oncol Pract 2017;13:e353–94. <https://doi.org/10.1200/JOP.2016.020743>
  • Ward E, Halpern M, Schrag N, et al. Association of insurance with cancer care utilization and outcomes. CA Cancer J Clin 2008;58:9–31. <https://doi.org/10.3322/CA.2007.0011>
  • Mariotto AB, Yabroff KR, Shao Y, Feuer EJ, Brown ML. Projections of the cost of cancer care in the United States: 2010–2020. J Natl Cancer Inst 2011;103:117–28. <https://doi.org/10.1093/jnci/djq495>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ