一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)バイタルサイン:妊娠に関連した死亡、アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2019/05/10Vol. 68 / No. 18

MMWR68(18):423-429
Vital Signs: Pregnancy-Related Deaths, United States, 2011–2015, and Strategies for Prevention, 13 States, 2013–2017

バイタルサイン:妊娠に関連した死亡、アメリカ、2011年~2015年、および予防戦略、13州、2013年~2017年

アメリカでは、毎年約700人の女性が妊娠関連の合併症により死亡している。 妊娠に関連した死亡率には、明らかな人種的/民族的格差があり、黒人女性の妊娠関連死亡比率は白人女性の約3倍である。 このため、妊娠に関連した死亡や将来の死亡を防ぐための戦略を取り巻く環境について、さらなる理解が必要となっている。今回、CDCの全国的なPregnancy Mortality Surveillance Systemから、2011年~2015年のデータを分析した。妊娠に関連した死亡率(生児出産10万人あたりの妊娠に関連した死亡数、PRMR)は、全体および社会人口学的特性により算出した。妊娠に関連した死亡時期および主な死因の分布も算出した。また、2013~2017年の13州の妊産婦死亡レビュー委員会(MMRC)からの妊娠に関連した死亡に関する詳細なデータを使用し、予防可能性、妊娠に関連した死亡に寄与した要因、および寄与した要因に対処するためもMMRCで特定された予防戦略について分析した。2011年から2015年の全国のPRMRは、生児出産10万人あたり17.2人であった。非ヒスパニック系黒人女性とアメリカ先住民/アラスカ先住民の女性のPRMRが最も高く(それぞれ42.8人、32.5人)、非ヒスパニック系白人女性(13.0人)と比べ、それぞれ3.3倍、2.5倍多かった。 死亡時期は、妊娠に関連した死亡の87.7%(2,990人)で判明しており、31.3%が妊娠中、16.9%が分娩日、18.6%が分娩後1~6日に、21.4%が分娩後7~42日に、そして11.7%が分娩後43~365日に発生した。主な死亡原因は、心血管疾患、感染症、出血で、死亡時期によって異なった。州のMMRCからのデータでは、妊娠に関連した死亡の約60%は予防可能であると判定され、人種/民族または死亡の時期による有意差はなかった。MMRCのデータから、複数の要因が妊娠関連の死亡の原因となっていることが示された。要因および予防戦略は、地域社会、医療施設、患者、医療提供者、システムレベルに分類することができる。妊娠に関連した死亡のほとんどは予防可能であり、複数の要因に対処するための戦略を特定し、実施する必要性が示された。

References

  • CDC. Pregnancy-related deaths. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/reproductivehealth/maternalinfanthealth/pregnancy-relatedmortality.htm>
  • Creanga AA, Syverson C, Seed K, Callaghan WM. Pregnancy-related mortality in the United States, 2011–2013. Obstet Gynecol 2017;130:366–73. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000002114>
  • CDC. Pregnancy Mortality Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/reproductivehealth/maternalinfanthealth/pregnancy-mortality-surveillance-system.htm>
  • Berg CJ, Callaghan WM, Syverson C, Henderson Z. Pregnancy-related mortality in the United States, 1998 to 2005. Obstet Gynecol 2010;116:1302–9. <https://doi.org/10.1097/AOG.0b013e3181fdfb11>
  • CDC. Birth data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/nchs/nvss/births.htm>
  • Building U.S. Capacity to Review and Prevent Maternal Deaths. Report from nine maternal mortality review committees. Washington, DC: Review to Action; 2018. <http://reviewtoaction.org/sites/default/files/national-portal-material/Report%20from%20Nine%20MMRCs%20final_0.pdf>
  • Mhyre JM, D’Oria R, Hameed AB. The maternal early warning criteria: a proposal from the national partnership for maternal safety. Obstet Gynecol 2014;124:782–6. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000000480>
  • Creanga A, Berg C, Syverson C, Seed K, Bruce F, Callaghan W. Race, ethnicity, and nativity differentials in pregnancy-related mortality in the United States: 1993–2006. Obstet Gynecol 2012;120:261–8. <https://doi.org/10.1097/AOG.0b013e31825cb87a>
  • Lu MC. Reducing maternal mortality in the United States. JAMA 2018;320:1237–8. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.11652>
  • Howell EA. Reducing disparities in severe maternal morbidity and mortality. Clin Obstet Gynecol 2018;61:387–99. <https://doi.org/10.1097/GRF.0000000000000349>
  • Henderson ZT, Ernst K, Simpson KR, et al. The national network of state perinatal quality collaboratives: a growing movement to improve maternal and infant health. J Womens Health 2018;27:221–6. <https://doi.org/10.1089/jwh.2018.6941>
  • American College of Obstetricians and Gynecologists and Society for Maternal-Fetal Medicine, Menard MK, Kilpatrick S, Saade G, et al. Levels of maternal care. Am J Obstet Gynecol 2015;212:259–71. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2014.12.030>
  • CDC. CDC Levels of Care Assessment Tool (CDC LOCATe). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/reproductivehealth/maternalinfanthealth/LOCATe.html>
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG committee opinion no. 736: optimizing postpartum care. Obstet Gynecol 2018;131:e140–50. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000002633>
  • Baeva S, Saxton DL, Ruggiero K, et al. Identifying maternal deaths in Texas using an enhanced method, 2012. Obstet Gynecol 2018;131:762–9. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000002565>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ