一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ホームレス生活および注射ドラッグをする異性愛者にお・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/19Vol. 68 / No. 15

MMWR68(15):344-349
Outbreak of Human Immunodeficiency Virus Infection Among Heterosexual Persons Who Are Living Homeless and Inject Drugs — Seattle, Washington, 2018

ホームレス生活および注射ドラッグをする異性愛者におけるヒト免疫不全ウイルス感染のアウトブレイク ― ワシントン州シアトル、2018年

2018年8月、Public Health-Seattle and King County(PHSKC)はホームレス生活者のHIV感染例集団を確認し、その多くは注射ドラッグをしていた。調査の結果、2018年2月~11月中旬に注射ドラッグをする女性、女性と性交する男性(MSW)で注射ドラッグをする者、彼らのパートナーの計14例にHIV感染を確認した。2018年7月、シアトル北部のホームレスMSW(症例6)が発熱のため救急外来を受診後、検査にて急性HIV感染陽性(HIV Ag/Ab陽性、Geenius HIV陰性、HIV RNA陽性)が確認された。この男性は注射ドラッグをしていなかったが、金銭を支払って性交した同じ地域のホームレス女性(症例5、ヘロイン注射)が6月の検査でHIV陽性であった。さらにこの女性が注射ドラッグをする男性と性交していたことが調査によってわかり、その男性は7月にHIV陽性が確認されていた(症例7)。PHSKCはHIV遺伝子配列に基づいた分子的分析(HIV TRACE)を実施し、これらのHIV株に関連する症例を特定した結果、シアトル北部に注射ドラッグをするHIV感染のホームレス女性3例(症例1、2、3)および注射ドラッグをするHIV感染のMSW 1例(症例4)を確認した。さらにこれら7例と2008年~2017年にHIV陽性と診断された8例(症例15~21、23)と2018年9月に2例(症例11、12)との関連性が示され、2018年11月20日の時点で計23例[男7例、女16例、年齢中央値39(21~65)歳]が確認された。HIV感染は2008年以降、断続的に進行し、2017年~2018年に加速したと考えられた。このうち2018年に診断された14例[男性3例、女性11例、年齢中央値39(22~61)歳]は全員ホームレス生活者であり、約3平方マイル内に暮らしていた。女性11例はシスジェンダーであり、9例が金銭または金銭以外の物品目的に性交していた。12例が注射ドラッグをし、うち10例はヘロインとメタンフェタミンの両方を使用していた。最新の報告では2018年1月1日~11月30日にキング郡内にて27例を確認、2017年(7例)から286%の増加であった。2018年8月、PHSKCは医療および社会的サービス従事者に対しアウトブレイクに関する注意を喚起した。これを受けてHIV検査および曝露前予防(PrEP)が拡大して行われ、検査を受けた534例にて関連症例4例が確認されている(症例8、9、12、14)。

References

  • Peters PJ, Pontones P, Hoover KW, et al.; Indiana HIV Outbreak Investigation Team. HIV infection linked to injection use of oxymorphone in Indiana, 2014–2015. N Engl J Med 2016;375:229–39. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1515195>
  • Kosakovsky Pond SL, Weaver S, Leigh Brown AJ, Wertheim JO. HIV-TRACE (TRAnsmission Cluster Engine): a tool for large scale molecular epidemiology of HIV-1 and other rapidly evolving pathogens. Mol Biol Evol 2018;35:1812–9. <https://doi.org/10.1093/molbev/msy016>
  • Van Handel MM, Rose CE, Hallisey EJ, et al. County-level vulnerability assessment for rapid dissemination of HIV or HCV infections among persons who inject drugs, United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;73:323–31. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001098>
  • Public Health–Seattle & King County; Washington State Department of Health. HIV/AIDS epidemiology report King County & Washington State 2018. Seattle, Washington: Public Health–Seattle & King County, Washington State Department of Health; 2018. <https://www.kingcounty.gov/depts/health/communicable-diseases/hiv-std/patients/~/media/depts/health/communicable-diseases/documents/hivstd/2018-hiv-aids-epidemiology-annual-report.ashx>
  • Burt RD, Thiede H. Reduction in needle sharing among Seattle-area injection drug users across 4 surveys, 1994–2013. Am J Public Health 2016;106:301–7. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2015.302959>
  • Massachusetts Department of Public Health. CDC joins department of public health in investigating HIV cluster among people who inject drugs [Press release]. Boston, MA: Massachusetts Department of Public Health; 2018. <https://www.mass.gov/news/cdc-joins-department-of-public-health-in-investigating-hiv-cluster-among-people-who-inject>
  • Public Health–Seattle & King County. 2017 overdose death report. Seattle, WA: Public Health–Seattle & King County; 2018. <https://www.kingcounty.gov/depts/health/examiner/~/media/depts/health/medical-examiner/documents/2017-overdose-death-report.ashx>
  • King County, Washington. One table: addressing root causes of homelessness. Seattle, WA: King County; 2018. <https://www.kingcounty.gov/~/media/depts/community-human-services/housing/documents/one-table/One_Table_PPT.ashx?la=en>
  • Oster AM, France AM, Mermin J. Molecular epidemiology and the transformation of HIV prevention. JAMA 2018;319:1657–8. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.1513>
  • Dombrowski JC, Ramchandani M, Dhanireddy S, Harrington RD, Moore A, Golden MR. The Max Clinic: medical care designed to engage the hardest-to-reach persons living with HIV in Seattle and King County, Washington. AIDS Patient Care STDS 2018;32:149–56. <https://doi.org/10.1089/apc.2017.0313>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ