一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)高悪性度の子宮頸部病変と診断された女性の推定症例数・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/19Vol. 68 / No. 15

MMWR68(15):337-343
Estimated Number of Cases of High-Grade Cervical Lesions Diagnosed Among Women — United States, 2008 and 2016

高悪性度の子宮頸部病変と診断された女性の推定症例数 ― アメリカ、2008年および2016年

ヒトパピローマウイルス(HPV)はアメリカにて毎年約30,000件の癌の原因となっており、女性の子宮頸癌がもっとも多い。HPV関連癌は通常、発症までに数十年を要するが、高悪性度の子宮頸部病変(子宮頸部上皮内腫瘍グレード2:CIN2、同グレード3:CIN3、上皮内腺癌:CIN2+)は感染後、数年以内に発症するため、HPVワクチンの効果のモニターに利用されている。今回、CDCは集団ベースのCIN2+サーベイランスシステムHuman Papillomavirus Vaccine Impact Monitoring Project(HPV-IMPCT)のデータを分析し、2008年~2016年の18歳以上の女性におけるCIN2+の割合について報告する。アメリカでは2006年にHPVワクチンが認可され、11歳または12歳の女児に対しHPVワクチンの定期接種と26歳までのキャッチアップ接種を推奨している。以前は2つのワクチンが使用されていたが、2015年に4価ワクチン (HPV 6、11、16、18)、2016年以降は9価 (4価+HPV 31、33、45、52、58)が追加されている。2016年におけるワクチン接種率は1回以上接種率が65.1%、3回接種率が43.0%であった。2008年~2016年、HPV-IMPACTにはCIN2+症例が計23,489例報告され、年齢別のCIN2+率は、2008年が20~24歳(女性10万人あたり559)、2016年では25~29歳(同480)がもっとも高く、2008年~2016年にかけては18~19歳、20~24歳ではCIN2+率が有意に減少し、40~64歳では有意に増加した。HPV-IMPCTのデータを基に推定したアメリカ全体でのCIN2+と診断された症例数は2008年が216,000例であり、年齢別では18~29歳が119,000例(55%)、30~39歳が57,000例(26%)、40歳以上が40,000例(18%)であった。このうち165,000例(76%)は9価ワクチンに含まれるウイルス型による症例であり[HPV16/18:111,000例(52%)、HPV 31/33/45/52/58: 54,000例(25%)]、年齢は18~29歳が91,000例(55%)、30~39歳が43,000例(26%)、40歳以上が31,000例(19%)であった。2016年の推定症例数は196,000例、18~29歳が71,000例(36%)、30~39歳が74,000例(38%)、40歳以上が51,000例(26%)であり、このうち150,000例(76%)が9価ワクチンに含まれるウイルス型による症例であり[HPV 16/18:84,000例(43%)、HPV 31/33/45/52/58:66,000例(34%)]、年齢は18~29歳が53,000例(35%)、30~39歳が57,000例(38%)、40歳以上が40,000例(27%)であった。また、18~24歳ではHPV 16/18によるCIN2+症例の割合が2008年52%、2016年30%と減少しており、ワクチン接種プログラムの影響が示唆された。

References

  • Markowitz LE, Gee J, Chesson H, Stokley S. Ten years of human papillomavirus vaccination in the United States. Acad Pediatr 2018;18(2S):S3–10. <https://doi.org/10.1016/j.acap.2017.09.014>
  • McClung NM, Gargano JW, Bennett NM, et al.; HPV-IMPACT Working Group. Trends in human papillomavirus vaccine types 16 and 18 in cervical precancers, 2008–2014. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2019;28:602–9. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-18-0885>
  • Gargano JW, Park IU, Griffin MR, et al. Trends in high-grade cervical lesions and cervical cancer screening in five states, 2008–2015. Clin Infect Dis 2019;68:1282–91.
  • Henk HJ, Insinga RP, Singhal PK, Darkow T. Incidence and costs of cervical intraepithelial neoplasia in a US commercially insured population. J Low Genit Tract Dis 2010;14:29–36. <https://doi.org/10.1097/LGT.0b013e3181ac05e9>
  • Benard VB, Castle PE, Jenison SA, et al.; New Mexico HPV Pap Registry Steering Committee. Population-based incidence rates of cervical intraepithelial neoplasia in the human papillomavirus vaccine era. JAMA Oncol 2017;3:833–7. <https://doi.org/10.1001/jamaoncol.2016.3609>
  • Watson M, Soman A, Flagg EW, et al. Surveillance of high-grade cervical cancer precursors (CIN III/AIS) in four population-based cancer registries, United States, 2009–2012. Prev Med 2017;103:60–5. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2017.07.027>
  • Silver MI, Rositch AF, Phelan-Emrick DF, Gravitt PE. Uptake of HPV testing and extended cervical cancer screening intervals following cytology alone and Pap/HPV cotesting in women aged 30–65 years. Cancer Causes Control 2018;29:43–50. <https://doi.org/10.1007/s10552-017-0976-x>
  • Massad LS, Einstein MH, Huh WK, et al.; 2012 ASCCP Consensus Guidelines Conference. 2012 updated consensus guidelines for the management of abnormal cervical cancer screening tests and cancer precursors. J Low Genit Tract Dis 2013;17(Suppl 1):S1–27. <https://doi.org/10.1097/LGT.0b013e318287d329>
  • Hall MT, Simms KT, Lew JB, Smith MA, Saville M, Canfell K. Projected future impact of HPV vaccination and primary HPV screening on cervical cancer rates from 2017–2035: example from Australia. PLoS One 2018;13:e0185332. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0185332>
  • Joste NE, Ronnett BM, Hunt WC, et al.; New Mexico HPV Pap Registry Steering Committee. Human papillomavirus genotype-specific prevalence across the continuum of cervical neoplasia and cancer. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2015;24:230–40. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-14-0775>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ