一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)同性間性的接触のある男性が参加するコミュニティの場・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/12Vol. 68 / No. 14

MMWR68(14):321-325
Extragenital Chlamydia and Gonorrhea Among Community Venue–Attending Men Who Have Sex with Men — Five Cities, United States, 2017

同性間性的接触のある男性が参加するコミュニティの場における性器以外のクラミジアおよび淋病 ― 5つの都市、アメリカ、2017年

アメリカでは、性感染症(STD)は同性愛者、両性愛者、同性間性的接触のある男性(MSM)に偏って影響している。 性器以外の解剖学的部位(直腸および咽頭)でのクラミジア感染症および淋病は無症状であることも多いため、これらの解剖学的部位は感染症の病原巣として、淋菌性の抗菌剤耐性やヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染および獲得のリスク増加に寄与する可能性がある。 性器外STDの有病率を確認する目的で、National HIV Behavioral Surveillance(NHBS)の一環として、アメリカの5つの都市(テキサス州ヒューストン、フロリダ州マイアミ、ニューヨーク州ニューヨーク市、カリフォルニア州サンフランシスコ、ワシントンDC)のMSMが頻繁に出入りするコミュニティの場所(例えば、バー、クラブ、フィットネスセンター)において、クラミジア感染症および淋病の検査として自己採集スワブ検体を提供するMSM(過去12カ月間に男性と性行為を持った男性)の参加者を募集した。5つの都市でNHBSに参加した2,371人のMSMのうち、2,077人(87.6%)がSTD検査用の検体を提供し、そのうち2,044人(98.4%)が直腸と咽頭両方のスワブ検体を提供した。 妥当な結果が得られなかった2例を除外後、2075例を分析した。全体として、参加者の13.3%が1カ所または2カ所の解剖学的部位で2つのSTDのうち少なくとも1つに感染していた。 直腸クラミジアの有病率(7.3%)は直腸淋病の有病率(4.5%)よりも高く、一方、咽頭淋病の有病率(4.6%)は咽頭クラミジアの有病率(1.4%)よりも高かった。 直腸淋病の有病率は、HIV陽性MSMがHIV陰性MSMよりも高かった(8.2% vs. 3.3%)。咽頭での両STDの有病率は、HIV陽性MSMとHIV陰性MSMで同等であった。 STDの有病率は、咽頭クラミジアを除く各タイプの感染症および解剖学的部位において、若い男性(18~29歳)にて高齢男性よりも高かった。 黒人およびヒスパニック系のMSMでは、白人のMSMよりも咽頭淋病の有病率が高かったが、その他では人種/民族のカテゴリーによる違いは観察されなかった。 サンフランシスコでは、各病原体と解剖学的部位について有病率が最も低く、各感染症の有病率は居住する都市によって異なっていた。全体で、698人(33.6%)の参加者MSMが過去12カ月間にSTDの検査を受けていなかった。最近のSTD検査をしたMSMとSTD検査をしなかったMSMの有病率は解剖学的部位または病原体に関係なく同等であった。以上、性行動の活発なMSMでは、すべての露出した解剖学的部位について、年1回以上のクラミジアおよび淋病の検査を実施することが推奨される。

References

  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/std/stats17/default.htm>
  • Unemo M, Shafer WM. Antimicrobial resistance in Neisseria gonorrhoeae in the 21st century: past, evolution, and future. Clin Microbiol Rev 2014;27:587–613. <https://doi.org/10.1128/CMR.00010-14>
  • Fleming DT, Wasserheit JN. From epidemiological synergy to public health policy and practice: the contribution of other sexually transmitted diseases to sexual transmission of HIV infection. Sex Transm Infect 1999;75:3–17. <https://doi.org/10.1136/sti.75.1.3>
  • Workowski KA, Bolan GA. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2015. MMWR Recomm Rep 2015;64(RR-03).
  • Dewart CM, Bernstein KT, DeGroote NP, Romaguera R, Turner AN. Prevalence of rectal chlamydial and gonococcal infections: a systematic review. Sex Transm Dis 2018;45:287–93.
  • Chan PA, Robinette A, Montgomery M, et al. Extragenital infections caused by Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae: a review of the literature. Infect Dis Obstet Gynecol 2016;2016:5758387. <https://doi.org/10.1155/2016/5758387>
  • Gallagher KM, Sullivan PS, Lansky A, Onorato IM. Behavioral surveillance among people at risk for HIV infection in the U.S.: the National HIV Behavioral Surveillance System. Public Health Rep 2007;122(Suppl 1):32–8. <https://doi.org/10.1177/00333549071220S106>
  • Kent CK, Chaw JK, Kohn RP, Chen YQ, Klausner JD. Studies relying on passive retrospective cohorts developed from health services data provide biased estimates of incidence of sexually transmitted infections. Sex Transm Dis 2004;31:596–600. <https://doi.org/10.1097/01.olq.0000140011.93104.32>
  • CDC; Health Resources and Services Administration; National Institutes of Health; American Academy of HIV Medicine; Association of Nurses in AIDS Care; International Association of Providers of AIDS Care; National Minority AIDS Council; Urban Coalition of HIV/AIDS Prevention Services. Recommendations for HIV prevention with adults and adolescents with HIV in the United States, 2014: summary for clinical providers. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://stacks.cdc.gov/view/cdc/44065>
  • Marcus JL, Bernstein KT, Kohn RP, Liska S, Philip SS. Infections missed by urethral-only screening for chlamydia or gonorrhea detection among men who have sex with men. Sex Transm Dis 2011;38:922–4. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0b013e31822a2b2e>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ