一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ポリオ根絶に向けた進捗の追跡に関するサーベイランス・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/05Vol. 68 / No. 13

MMWR68(13):312-318
Surveillance to Track Progress Toward Polio Eradication — Worldwide, 2017–2018

ポリオ根絶に向けた進捗の追跡に関するサーベイランス ― 全世界、2017年~2018年

2017年~2018年のポリオウイルスサーベイランスのデータから31カ国に焦点をあて、ポリオウイルス伝播のハイリスク国であり、リスクに適切に対応しきれていないhigh-priority国を特定した。2017年、WHOアフリカ地域(AFR)47カ国における急性弛緩性麻痺(AFP)サーベイランスでは、15歳未満の小児10万人あたりの非ポリオAFP(NPAFP)症例は7.0、適切な便検体採取率(麻痺発症から14日以内に24時間以上空けて2回採取)は92%、2018年はそれぞれ5.4、89%であり、AFRのhigh-priorityである18カ国では、2017年の13カ国(72%)に対し、2018年では15カ国(83%)が両方の基準(NPAFP率2以上、検体回収率80%以上)を満たしてうた。AFRでは2017年~2018年にて野生株ポリオウイルス(WPV)症例は報告されず、伝播型ワクチン由来ポリオウイルス(cVDPV)2型(cVDPV2)症例は2017年が22例(コンゴ民主共和国)、2018年では65例が報告された(コンゴ民主共和国:20例、モザンビーク:1例、ニジェール:10例、ナイジェリア:34例)。WHO東地中海地域(EMR)のNPAFP率は、2017年と2018年でそれぞれ8.4、9.0、便検体回収率は88%、90%であり、WPV流行を認めるアフガニスタンとパキスタンにおけるWPV1型症例は2017年がそれぞれ14例、8例、2018年が21例、12例であった。2017年、EMRにて報告されたcVDPV2症例74例はすべてシリアの症例であり、2018年はソマリアにてcVDPV が12例報告されている(2型:5例、3型:6例、2型と3型の共感染:1例)。EMR のhigh-priorityである11カ国では、2017年は9カ国(82%)、2018年は10カ国(91%)が両方の基準を満たしていた。WHO西太平洋地域では、2018年、パプアニューギニアにてcVDPV1型(cVDPV1)症例が26例報告され、WHO南東アジア地域では2018年にインドネシアにてcVDPV1症例が1例報告されている。環境サーベイランス(下水検体検査)の調査地区はアフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンにて2017年の143カ所から2018年には185カ所に増加し、ナイジェリアでは2017年はWPV、cVDPVともに検出されず、2018年はcVDPV2が46件検出された。2017年、WPV1型の遺伝子クラスターがアフガニスタン5州にて4件、パキスタン19県にて5件、2018年はアフガニスタン7州にて3件、パキスタン27県にて5件検出され、パキスタンでは2017年19県にて検査した検体の16%、2018年は27県の20%がWPV1陽性であった。また、2018年、ケニアにてcVDPV2の1検体、ソマリアではcVDPV2の19検体、cVDPV3の11検体、パプアニューギニアではcVDPV1の7検体が陽性であった。Global Polio Laboratory Networkでは、AFP症例の便検体を検査し(2017年:201,546検体、2018年:190,055検体)、WPV1は2017年に22例、2018年に33例、cVDPVは2017年に96例、2018年に104例から検出された。

References

  • Gardner TJ, Diop OM, Jorba J, Chavan S, Ahmed J, Anand A. Surveillance to track progress toward polio eradication—worldwide, 2016–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:418–23. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6714a3>
  • World Health Organization. WHO-recommended surveillance standard of poliomyelitis. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2018. <https://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/burden/vpd/WHO_SurveillanceVaccinePreventable_18_Polio_R2.pdf?ua=1>
  • Asghar H, Diop OM, Weldegebriel G, et al. Environmental surveillance for polioviruses in the Global Polio Eradication Initiative. J Infect Dis 2014;210(Suppl 1):S294–303. <https://doi.org/10.1093/infdis/jiu384>
  • Global Polio Eradication Initiative. Global polio surveillance action plan, 2018–2020. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2019. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/07/GPEI-global-polio-surveillance-action-plan-2018-2020.pdf>
  • Diop OM, Kew OM, de Gourville EM, Pallansch MA. The Global Polio Laboratory Network as a platform for the viral vaccine-preventable and emerging diseases laboratory networks. J Infect Dis 2017;216(Suppl_1):S299–307. <https://doi.org/10.1093/infdis/jix092>
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, et al. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2017–June 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1189–94. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6742a5>
  • Mbaeyi C, Alleman MM, Ehrhardt D, et al. Update on vaccine-derived poliovirus outbreaks—Democratic Republic of the Congo and Horn of Africa, 2017–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:225–30. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6809a2>
  • Bolu O, Nnadi C, Damisa E, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January–December 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:253–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6708a5>
  • Lowther SA, Roesel S, O’Connor P, et al. World Health Organization regional assessments of the risks of poliovirus outbreaks. Risk Anal 2013;33:664–79. <https://doi.org/10.1111/risa.12032>
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio post-certification strategy: a risk mitigation strategy for a polio-free world. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2018. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2018/04/polio-post-certification-strategy-20180424-2.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ