一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)キャッサバ粉の摂取によるシアン中毒のアウトブレイク・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/05Vol. 68 / No. 13

MMWR68(13):308-311
Outbreak of Cyanide Poisoning Caused by Consumption of Cassava Flour — Kasese District, Uganda, September 2017

キャッサバ粉の摂取によるシアン中毒のアウトブレイク ― カセセ県、ウガンダ、2017年9月

2017年9月5日、ウガンダ西部のカセセ県にて行われた葬儀の参列者のうち、33名が下痢、嘔吐、腹痛などの症状を示し、Bwera病院に入院した。9月8日、ウガンダ保健省に食中毒のアウトブレイクが報告され、症例調査が行われた結果、可能性例98例[うち2例が死亡(致死率:2%)、年齢中央値:10(11カ月~75)歳]が確認された。症状は嘔吐(95%)、下痢(87%)、倦怠感(60%)、めまい(48%)、頻呼吸(27%)、失神(16%)、頻脈(10%)などが認められ、6%が発熱を来した。これらの症状からシアン中毒が疑われ、ヒドロキソコバラミン(ビタミンB12注射)の投与が推奨されたが、医療機関を受診した人は抗生物質の静注と経口補水液が投与された。症例調査では、年齢は0~5歳が23例(発病率:10万人あたり14.9)、5~18歳が49例(同15.2)、19~44歳が15例(同5.5)、45歳以上が11例(同12.1)、男性43例、女性55例であり、発症は9月5日の葬儀の数時間後から始まり、9月8日まで続いた。アウトブレイクの原因調査は症例患者:88例、対照例:176例への問診により行われ、症例患者は対照例に比べ葬儀へ参列し[21/88例(23.9%) vs. 3/176例(1.7%)]、卸業者Aより供給されたキャッサバ粉を小売店にて購入していた[88/88例(100%) vs. 141/176例(80.1%)]。また、葬儀の非参列者では症例患者の100%(67/67例)、対照例の79.2%(137/173例)がキャッサバ粉を購入していた。Uganda Public Health Fellowship Programによるキャッサバ粉の供給元に関するインタビュー調査では、卸業者Aはキャッサバのバッチをカセセ県から約280km離れたウガンダとタンザニアとの国境付近の町から買っていた。このバッチは野生の品種であると推測され、葬儀参列者によると葬儀で出されたキャッサバ粉料理は甘味種のクリーム色ではなく野生種の特徴である純白色であったことが、この推測をさらに裏付けた。さらにこのバッチから採取した5検体のシアン化物濃度は88(85~90)ppmであり、安全濃度(10ppm)の8倍以上であった。キャッサバ(Manihot esculenta)は食用塊根であるが、シアン配糖体を含み、きちんと毒抜きしないと致死的なシアン中毒を引き起こすため、摂取前には水に浸す、乾燥、皮を剥ぐなど適切な処理を行う必要がある。

References

  • Tumwesigye SK. Three decades of toxic cyanide management in Uganda. Doing and communicating more with minimal strategies. Has it been possible? Cassava Cyanide Diseases and Neurolathyrism Network 2014;24:4–9. <http://ipbo.vib-ugent.be/wp-content/uploads/2015/02/CCDN-News-24-December-2014.pdf>
  • Cliff J, Muquingue H, Nhassico D, Nzwalo H, Bradbury JH. Konzo and continuing cyanide intoxication from cassava in Mozambique. Food Chem Toxicol 2011;49:631–5. <https://doi.org/10.1016/j.fct.2010.06.056>
  • CDC. Emergency preparedness and response: facts about cyanide. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://emergency.cdc.gov/agent/cyanide/basics/facts.asp>
  • Jones KR. Hydroxocobalamin (Cyanokit): a new antidote for cyanide toxicity. Advanced Emergency Nursing Journal 2008;30:112–21.
  • Ariffin WA, Choo KE, Karnaneedi S. Cassava (ubi kayu) poisoning in children. Med J Malaysia 1992;47:231–4.
  • Nzwalo H, Cliff J. Konzo: from poverty, cassava, and cyanogen intake to toxico-nutritional neurological disease. PLoS Negl Trop Dis 2011;5:e1051. <https://doi.org/10.1371/journal.pntd.0001051>
  • Tshala-Katumbay D, Mumba N, Okitundu L, et al. Cassava food toxins, konzo disease, and neurodegeneration in sub-Sahara Africans. Neurology 2013;80:949–51. <https://doi.org/10.1212/WNL.0b013e3182840b81>
  • Tshala-Katumbay DD, Ngombe NN, Okitundu D, et al. Cyanide and the human brain: perspectives from a model of food (cassava) poisoning. Ann N Y Acad Sci 2016;1378:50–7. <https://doi.org/10.1111/nyas.13159>
  • Burns A, Gleadow R, Cliff J, Zacarias A, Cavagnaro T. Cassava: the drought, war and famine crop in a changing world. Sustainability 2010;2:3572–607. <https://doi.org/10.3390/su2113572>
  • Egan SV, Yeoh HH, Bradbury JH. Simple picrate paper kit for determination of the cyanogenic potential of cassava flour. J Sci Food Agric 1998;76:39–48. <https://doi.org/10.1002/(SICI)1097-0010(199801)76:1<39::AID-JSFA947>3.0.CO;2-M>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ