一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)喫煙経験のない成人における業種および職業別による慢・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/05Vol. 68 / No. 13

MMWR68(13):303-307
Chronic Obstructive Pulmonary Disease Prevalence Among Adults Who Have Never Smoked, by Industry and Occupation — United States, 2013–2017

喫煙経験のない成人における業種および職業別による慢性閉塞性肺疾患の有病率 ― アメリカ、2013年~2017年

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の主なリスク因子は喫煙であるが、COPD成人の推定24%には喫煙経験がなく、このうち26~53%の患者は職場での塵埃、煙、ガス、蒸気、副流煙などへの曝露によるものである。今回、18歳以上の成人における業種別、職業別によるCOPD罹患率について、2013年~2017年のNational Health Interview Surveyのデータを分析した。この期間、調査前12カ月以内に就労していた18歳以上の成人1億6400万人におけるCOPD有病率は、喫煙者で6.0%(340万人)、非喫煙者では2.2%(240万人)であり、喫煙者(全労働者の35%)において、肺気腫、慢性気管支炎、COPDと診断された人の割合はそれぞれ1.1%、3.8%、2.5%、非喫煙者(全労働者の65%)ではそれぞれ0.1%、1.9%、0.4%であった。非喫煙者におけるCOPD有病率は女性(3.0%)、65歳以上(4.6%)、健康状態が不良/普通(6.7%)にて高く(男性:1.5%、18~24歳:1.7%、25~44歳:1.6%、45~64歳:3.0%、健康状態が良好/非常に良い:2.0%)、3回以上病院で診察を受けた人は4.2%、3回以上救急外来を受診した人は10.3%、病気や怪我で7日間以上欠勤した人は6.6%であり、COPD患者の欠勤日数は14.9日間(女性:15.6、男性:13.6)、非COPD患者では5.4日間(女性:6.4、男性:4.4)であった。また、年齢、性別、人種別のCOPD有病率は非ヒスパニック系白人男性(1.7%)、非ヒスパニック系黒人女性(3.7%)にて高かった。COPD有病率が3.0%を超える業種は情報(3.3%)、鉱業(3.1%)であり、男性では農業/林業/漁業/狩猟(2.3%)、行政支援/廃棄物管理/修理サービス(2.3%)、芸術/芸能/娯楽(2.3%)、女性は情報(5.1%)、卸売(4.6%)、運輸/倉庫(4.3%)にて高く、職業別では事務職/管理サポート職(3.3%)にて高かった。以上、非喫煙者も業種、職業によりCOPD有病率が高いことが示され、職場での塵埃、煙などのリスク因子への曝露および室内外での空気汚染物質への曝露を抑制することが重要である。

References

  • Varkey AB. Chronic obstructive pulmonary disease in women: exploring gender differences. Curr Opin Pulm Med 2004;10:98–103. <https://doi.org/10.1097/00063198-200403000-00003>
  • Wheaton AG, Cunningham TJ, Ford ES, Croft JB. Employment and activity limitations among adults with chronic obstructive pulmonary disease—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:289–95.
  • Fuller-Thomson E, Chisholm RS, Brennenstuhl S. COPD in a population-based sample of never-smokers: interactions among sex, gender, and race. Int J Chronic Dis 2016;2016:5862026. <https://doi.org/10.1155/2016/5862026>
  • Blanc PD, Torén K. Occupation in chronic obstructive pulmonary disease and chronic bronchitis: an update. Int J Tuberc Lung Dis 2007;11:251–7.
  • Blanc PD, Iribarren C, Trupin L, et al. Occupational exposures and the risk of COPD: dusty trades revisited. Thorax 2009;64:6–12. <https://doi.org/10.1136/thx.2008.099390>
  • Torén K, Järvholm B. Effect of occupational exposure to vapors, gases, dusts, and fumes on COPD mortality risk among Swedish construction workers: a longitudinal cohort study. Chest 2014;145:992–7. <https://doi.org/10.1378/chest.13-1429>
  • Aryal S, Diaz-Guzman E, Mannino DM. COPD and gender differences: an update. Transl Res 2013;162:208–18. <https://doi.org/10.1016/j.trsl.2013.04.003>
  • Eisner MD. Secondhand smoke and obstructive lung disease: a causal effect? Am J Respir Crit Care Med 2009;179:973–4. <https://doi.org/10.1164/rccm.200903-0320ED>
  • Ward BW, Nugent CN, Blumberg SJ, Vahratian A. Measuring the prevalence of diagnosed chronic obstructive pulmonary disease in the United States using data from the 2012–2014 National Health Interview Survey. Public Health Rep 2017;132:149–56. <https://doi.org/10.1177/0033354916688197>
  • Fishwick D, Sen D, Barber C, Bradshaw L, Robinson E, Sumner J; COPD Standard Collaboration Group. Occupational chronic obstructive pulmonary disease: a standard of care. Occup Med (Lond) 2015;65:270–82. <https://doi.org/10.1093/occmed/kqv019>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ