一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)60歳以上の成人に対する非致死的暴行と殺人 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2019/04/05Vol. 68 / No. 13

MMWR68(13):297-302
Nonfatal Assaults and Homicides Among Adults Aged ≥60 Years — United States, 2002–2016

60歳以上の成人に対する非致死的暴行と殺人 ― アメリカ、2002年~2016年

National Electronic Injury Surveillance System-All Injury ProgramおよびNational Vital Statistics Systemのデータを用いて、2002年から2016年における60歳以上の成人に対する非致死的暴行および殺人の発生率について分析した。この15年間において推定643,191名が非致死的暴行のため救急外来(ED)で治療され、19,059名が殺人被害者となった。10万人あたりの発生率は女性に比べ男性にて、非致死的暴行 (男性107.8、女性:50.4)、殺人(男性:3.16、女性:1.53)ともに多く、年齢を60~69歳、70~79歳、80歳以上に分けた場合、非致死的暴行、殺人ともに60~69歳の男性にてもっとも高く(それぞれ147.4、3.58)、非致死的暴行は70~79歳の女性(36.0)、殺人は60~69歳の女性(1.40)にてもっとも低かった。高齢者に対する非致死的暴行の発生率は2002年~2008年の間は変化なく、2008年~2016年にて53.1%増加、男性は15年間全体で75.4%の増加(10万人あたり77.7から136.3)、女性は2002年~2007年には13.1%減少(10万人あたり50.4から43.8)、2007年~2016年に35.4%増加(43.8から59.3)した。年齢別にみた2002年~2016年の非致死的暴行の発生率は、60~69歳にて男女ともにもっとも大きく増加した[男性:89.2%(100.5から190.1)、女性:37.5%(55.0から75.6)]。殺人の発生率は2002年~2014年にて全体で12.8%減少(2.42から2.11)、女性は9.9%の減少であり、男性は2002~2010年は16.7%減少(3.54から2.95)、2010年~2016年は7.1%増加した(2.95から3.16)。また、60~69歳の男性では2013~2016年に19.3%増加し(3.31から3.95)、他の年齢層では減少、女性ではすべての年齢層にて減少、80歳以上では11.6%の減少であった。非致死的暴行のほとんどが手、足または物を使って故意に殴る/叩く(86.6%)、殺人で使われた凶器の多くが銃であり(42.2%)、他の殺人方法では切る/刺す(14.8%)、窒息(6.4%)などがあった。以上、高齢者に対する暴力は、とくに男性で大きな問題となっており、この年齢層に対する暴力を阻止することの重要性および傾向に関する認識を改善する必要性が示唆される。

References

  • Dahlberg LL, Mercy JA. History of violence as a public health issue. AMA Virtual Mentor 2009;11:167–72. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/history_violence-a.pdf>
  • United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division. World population prospects, the 2017 revision: key findings and advance tables. New York, NY: United Nations; 2017. <https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/WPP2017_KeyFindings.pdf>
  • Rosen T, Stern ME, Elman A, Mulcare MR. Identifying and initiating intervention for elder abuse and neglect in the emergency department. Clin Geriatr Med 2018;34:435–51. <https://doi.org/10.1016/j.cger.2018.04.007>
  • CDC. Elder abuse: definitions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/elderabuse/definitions.html>
  • Schroeder T, Ault K. The NEISS sample (design and implementation) 1997 to present. Bethesda, MD: US Consumer Product Safety Commission; 2001. <https://www.cpsc.gov/PageFiles/106617/2001d011-6b6.pdf>
  • CDC. Nonfatal self-inflicted injuries treated in hospital emergency departments—United States, 2000. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2002;51:436–8.
  • Rosen T, Lachs D, Clark S, et al. Violence against older adults: perpetrators and mechanisms of geriatric physical assault injuries treated in us emergency departments, 2006–2014. Presented at the SAVIR 2017 Conference, September 18–20, 2017, Ann Arbor, Michigan. <https://injuryprevention.bmj.com/content/23/Suppl_1/A45.2>
  • Fearing G, Sheppard CL, McDonald L, Beaulieu M, Hitzig SL. A systematic review on community-based interventions for elder abuse and neglect. J Elder Abuse Negl 2017;29:102–33. <https://doi.org/10.1080/08946566.2017.1308286>
  • Rosen T, Stern ME, Mulcare MR, et al. Emergency department provider perspectives on elder abuse and development of a novel ED-based multidisciplinary intervention team. Emerg Med J 2018;35:600–7. <https://doi.org/10.1136/emermed-2017-207303>
  • Sheats KJ, Irving SM, Mercy JA, et al. Violence-related disparities experienced by black youth and young adults: opportunities for prevention. Am J Prev Med 2018;55:462–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.05.017>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ