一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)母子感染による先天梅毒の危険因子 ― 中国蘇州、2・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/15Vol. 68 / No. 10

MMWR68(10):247-250
Risk Factors for Congenital Syphilis Transmitted from Mother to Infant — Suzhou, China, 2011–2014

母子感染による先天梅毒の危険因子 ― 中国蘇州、2011年~ 2014年

梅毒の母子感染は依然として世界的な公衆衛生上の重要な問題であり、先天梅毒の根絶は世界保健機関のミレニアム開発目標の一つである。 2012年には、世界中で推定93万人の母親の梅毒感染症が、143,000人の早期胎児死亡および死産、62,000人の新生児死亡、44,000人の早産または低体重出産、102,000人の感染乳児をはじめとする35万人の有害な妊娠転帰の原因となっている。 中国では、毎年報告されている先天梅毒の症例数が、2000年の468例から2013年には10,032例に増加し、対応する全国的な生産児10万人のあたりの先天梅毒罹患率は2000年の2.6例から2013年の69.9例へと、約26倍に増加した。母子感染梅毒の危険因子を調査するために、2011年7月から2014年7月の中国東部の蘇州において、新規に梅毒と診断された妊婦189例のコホートとその生産児について検討した。これらの女性のうち、HIV陽性者はなく、4例(2.1%)が胎児死亡または死産であり、30例(15.9%)が追跡不能であったため、それらを除外した155例の妊婦(元コホートの82.0%)とその子供の乳児155例を分析した。 追跡調査終了までに、27例の乳児(17.4%)が先天梅毒と診断された。単変量ロジスティック回帰分析では、先天梅毒の乳児の出産は、移住者の女性で有意に高い可能性があることが示された。多変量ロジスティック回帰分析では、妊娠36週を超えて診断された梅毒の母親は、妊娠12週以下で梅毒の診断を受けた女性よりも、先天梅毒の乳児を出産する可能性が約25倍高いことが示された。 母親の急速血漿レアギン試験の力価が2倍に増加するごとに、先天梅毒の乳児を出産する確率は約2倍になった。 Treponema Pallidum粒子凝集法の力価についても同様の結果が認められた。梅毒の母子感染に関する地域社会および医療提供者の教育の強化、妊娠における梅毒の早期診断とタイムリーな治療、妊婦検診の利用、一時的な滞在者の妊婦健診の改善および提供を推奨することにより、中国における先天梅毒の発生率を減少させる可能性がある。

References

  • World Health Organization. The global elimination of congenital syphilis: rationale and strategy for action. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. <https://www.who.int/reproductivehealth/publications/rtis/9789241595858/en/>
  • Wijesooriya NS, Rochat RW, Kamb ML, et al. Global burden of maternal and congenital syphilis in 2008 and 2012: a health systems modelling study. Lancet Glob Health 2016;4:e525–33. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(16)30135-8>
  • Chen ZQ, Zhang GC, Gong XD, et al. Syphilis in China: results of a national surveillance programme. Lancet 2007;369:132–8. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(07)60074-9>
  • Gong XD, Yue XL, Teng F, et al. Syphilis in China from 2000 to 2013: epidemiological trends and characteristics [Chinese]. Zhonghua Pi Fu Ke Za Zhi 2014;47:310–5.
  • Ministry of Health of the People’s Republic of China. National standard of the People’s Republic of China: diagnostic criteria for syphilis (WS 273–2007) [Chinese]. Beijing, China: Ministry of Health of the People’s Republic of China; 2007. <http://www.nhc.gov.cn/ewebeditor/uploadfile/2014/10/20141010173459857.PDF>
  • Herremans T, Kortbeek L, Notermans DW. A review of diagnostic tests for congenital syphilis in newborns. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 2010;29:495–501. <https://doi.org/10.1007/s10096-010-0900-8>
  • Ministry of Health of the People’s Republic of China. Protocol for prevention of mother-to-child transmission of HIV, syphilis and hepatitis B [Chinese]. Beijing, China: Ministry of Health of the People’s Republic of China; 2011.
  • Hosmer DW Jr, Lemeshow S, Sturdivant RX. Model-building strategies and methods for logistic regression [Chapter 4]. In: Applied logistic regression. 3rd ed. Hoboken, New Jersey: John Wiley & Sons, Inc.; 2013.
  • Liu JB, Hong FC, Pan P, et al. A risk model for congenital syphilis in infants born to mothers with syphilis treated in gestation: a prospective cohort study. Sex Transm Infect 2010;86:292–6. <https://doi.org/10.1136/sti.2009.037549>
  • Qin JB, Feng TJ, Yang TB, et al. Risk factors for congenital syphilis and adverse pregnancy outcomes in offspring of women with syphilis in Shenzhen, China: a prospective nested case-control study. Sex Transm Dis 2014;41:13–23. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000062>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ