一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)小児のスポーツおよび娯楽に関連した外傷性脳損傷によ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/15Vol. 68 / No. 10

MMWR68(10):237-242
Emergency Department Visits for Sports- and Recreation-Related Traumatic Brain Injuries Among Children — United States, 2010–2016

小児のスポーツおよび娯楽に関連した外傷性脳損傷による救急外来受診 ― アメリカ、2010年~2016年

脳震盪などの外傷性脳損傷(TBI)は、子供のスポーツ外傷について一般の人々が一番心配することである。TBIでは頭部や体への影響が原因となり、小児の感情的、生理学的、認知的な後遺症を引き起こす可能性がある。発達中の小児の神経系および薄い頭蓋骨などの生理的要因は、小児をTBIリスクにさらす恐れがある。これまでの研究では、スポーツおよび娯楽に関連したTBI(SRR-TBI)の救急外来(ED)受診の70%が小児であった。 サーベイランスデータが予防努力に役立つことから、CDCは2010年~2016年のNational Electronic Injury Surveillance System–All Injury Program(NEISS-AIP)データのSRR-TBIによるED受診について分析した。毎年、平均283,000人の小児(18歳未満)が、SRR-TBIによりEDを受診していたが、全体的な割合は近年では横ばいになっている。全体の小児10万人のあたりのSRR-TBIによるED受診率は、2010年(354.7人)から2016年(371.0人)にかけて大きな変化はなかったが、性差があり、男性と10~14歳および15~17歳で高い割合であった。2010年から2016年まで、男性のTBIによるED受診数は、コンタクトスポーツ(99,784人)で、リミテッドコンタクトスポーツ(29,080人)、ノンコンタクトスポーツ(44,848人)、娯楽活動(20,628人)よりも多かった。 女性のSRR-TBIによるED受診数は、コンタクトスポーツ(27,180人)とリミテッドコンタクトスポーツ(27,343人)が同じくらいの割合で多かった。種目別では、男性では フットボール、女性では サッカーと遊び場での活動によるTBIによるED受診が多かった。コンタクトスポーツおよびリミテッドコンタクトスポーツでは、選手同士の接触を制限し、ルール変更で衝突の危険性を減らすことがTBIを防止するために重要である。 TBI発症時は、効果的な診断および治療により小児に有益な健康転帰をもたらすことができる。

References

  • Lumba-Brown A, Yeates KO, Sarmiento K, et al. Centers for Disease Control and Prevention guideline on the diagnosis and management of mild traumatic brain injury among children. JAMA Pediatr 2018;172:e182853–182853. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2018.2853>
  • Giza CC, Hovda DA. The new neurometabolic cascade of concussion. Neurosurgery 2014;75(Suppl 4):S24–33. <https://doi.org/10.1227/NEU.0000000000000505>
  • Buzzini SR, Guskiewicz KM. Sport-related concussion in the young athlete. Curr Opin Pediatr 2006;18:376–82. <https://doi.org/10.1097/01.mop.0000236385.26284.ec>
  • Coronado VG, Haileyesus T, Cheng TA, et al. Trends in sports- and recreation-related traumatic brain injuries treated in US emergency departments: the National Electronic Injury Surveillance System-All Injury Program (NEISS-AIP) 2001–2012. J Head Trauma Rehabil 2015;30:185–97. <https://doi.org/10.1097/HTR.0000000000000156>
  • Schroeder T, Ault K. The NEISS sample (design and implementation): 1997 to present. Bethesda, MD: US Consumer Product Safety Commission; 2001. <https://www.cpsc.gov/PageFiles/106617/2001d011-6b6.pdf>
  • CDC. Nonfatal traumatic brain injuries related to sports and recreation activities among persons aged ≤19 years—United States, 2001–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1337–42.
  • Haarbauer-Krupa J, Arbogast KB, Metzger KB, et al. Variations in mechanisms of injury for children with concussion. J Pediatr 2018;197:241–248.e1. <https://doi.org/10.1016/j.jpeds.2018.01.075>
  • Waltzman D, Sarmiento K. What the research says about concussion risk factors and prevention strategies for youth sports: a scoping review of six commonly played sports. J Safety Res 2019;68:157–72. <https://doi.org/10.1016/j.jsr.2018.11.005>
  • Arbogast KB, Curry AE, Pfeiffer MR, et al. Point of health care entry for youth with concussion within a large pediatric care network. JAMA Pediatr 2016;170:e160294–160294. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2016.0294>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ