一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ワクチン由来ポリオウイルスアウトブレイクの最新情報・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/08Vol. 68 / No. 9

MMWR68(9):225-230
Update on Vaccine-Derived Poliovirus Outbreaks — Democratic Republic of the Congo and Horn of Africa, 2017–2018

ワクチン由来ポリオウイルスアウトブレイクの最新情報 ― コンゴ民主共和国とアフリカの角、2017年~2018年

コンゴ民主共和国(DRC)とアフリカの角における伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型および3型(cVDPV2、cVDPV3)のアウトブレイクに関する最新情報を報告する。DRCでは4回のアウトブレイクが報告され、最初の報告例はマニエマ州にて2017年3月26日、2番目の症例は2017年4月18日に麻痺を発症した。分離菌の解析によりSabin2型株と7ヌクレオチドの相違が確認されたため、症例にもっとも近い保健区域にて4~5回の一価経口ポリオウイルス2型ワクチン(mOPV2)による追加予防接種活動(SIA)が行われ、州の他の地域で2回のSIAが行われた。上ロマミ州のアウトブレイクは最初の症例が2017年2月20日に麻痺を発症し、この症例の分離菌はSabin2型株と15ヌクレオチドの相違を認めた。その後、2017年3月8日~2018年5月27日の間に計26例(上ロマミ州:8例、上カタンガ州:2例、タンガニーカ州:15例、イトゥリ州:1例)が確認され、発生地域にて最大10回のmOPV2によるSIAが実施された。モンガラ州のアウトブレイクは1例目が2018年4月26日に麻痺を発症、この症例の分離菌はSabin2型株と19ヌクレオチドの相違を認めた。その後、2018年6月14日~9月13日の間に10例が麻痺を発症、mOPV2によるSIAは確診例の保健地域にて4回、モンガラ州の他の地域にて2~4回実施された。上カタンガ州のアウトブレイクは2018年10月6日、7日に各1例が麻痺を発症、分離されたVDPV2はSabin2型株と7、8ヌクレオチドの相違を示し、上ロマミ州でのアウトブレイクに対応して行われたmOPV2によるSIAの後に発現したと考えられ、その後2回のSIAが行われた。アフリカの角におけるアウトブレイクでは、2019年1月31日の時点で計12例(cVDPV2:5例、cVDPV3:6例、cVDPV2/cVDPV3同時感染:1例)が確認されており、最新のcVDPV2症例は9月2日、cVDPV3症例は9月7日に麻痺を発症した。また、環境サーベイランスにてソマリアのバナディール州で採取された下水検体は21検体がcVDPV2陽性であり、ケニアではカマクンジ地区で採取された1検体が陽性を示した。エチオピアでは陽性を示す検体は認めていない。アウトブレイクを受けて2017年12月~2018年11月、ソマリアにてmOPV2によるSIAが6回、2018年4月~10月にbOPVによるSIAが3回行われた。

References

  • Jorba J, Diop OM, Iber J, et al. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2017–June 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1189–94. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6742a5>
  • Alleman MM, Chitale R, Burns CC, et al. Vaccine-derived poliovirus outbreaks and events—three provinces, Democratic Republic of the Congo, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:300–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6710a4>
  • Eboh VA, Makam JK, Chitale RA, et al. Notes from the field: widespread transmission of circulating vaccine-derived poliovirus identified by environmental surveillance and immunization response—Horn of Africa, 2017–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:787–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6728a6>
  • Global Polio Eradication Initiative. Classification and reporting of vaccine-derived polioviruses (VDPV): Global Polio Eradication Initiative guidelines. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2016. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/09/Reporting-and-Classification-of-VDPVs_Aug2016_EN.pdf>
  • Diop OM, Burns CC, Sutter RW, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2014–March 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:640–6.
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, Sutter RW, Wassilak SG, Burns CC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2015–May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:763–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a3>
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, et al. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2016–June 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1185–91. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6643a6>
  • Global Polio Eradication Initiative. Standard operating procedures: responding to a poliovirus event or outbreak. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2017. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2018/12/sop-polio-outbreak-response-version-3-dec-2018-20181220.pdf>
  • Moran B. Fighting Ebola in conflict in the DR Congo. Lancet 2018;392:1295–6. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(18)32512-1>
  • Diop OM, Burns CC, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, July 2012–December 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:242–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ