一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)バイタルサイン:退役軍人医療センターにおける黄色ブ・・・

MMWR抄訳

rss

2019/03/08Vol. 68 / No. 9

MMWR68(9):220-224
Vital Signs: Trends in Staphylococcus aureus Infections in Veterans Affairs Medical Centers — United States, 2005–2017

バイタルサイン:退役軍人医療センターにおける黄色ブドウ球菌感染症の傾向 ― アメリカ、2005年~2017年

2007年10月、アメリカの退役軍人医療センター(VAMC)全153施設にて、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)予防プログラムが開始されたことを受け、2005年~2017年におけるVAMC入院患者のMRSAおよびメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)感染について調査が行われた。分析対象は退役軍人病院130カ所であり、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)感染症の発症率は2005年~2017年にて43%減少し(年4.7%)、MRSA感染症は55%(年7.3%)、MSSA感染症は12%(年1.2%)の減少であった。院内MRSA感染症および院内MSSA感染症の発症率はそれぞれ66%、19%の減少であり、市中MRSA感染症およびMSSA感染症の発症率は41%、0.4%の減少であった。院内獲得MRSAコロニー形成率は、リスクのある患者1,000例-日あたり2008年6.8から2017年1.5へ78%低下した(年16.7%)。入院時鼻腔サーベイランスの結果により症例を層別化した場合、入院時のスクリーニング検査が陰性であった症例におけるMRSA感染率は58%減少し(年9.7%、p<0.001)、陽性であった症例は31%の減少(年4.2%)であり陰性例との有意差を認めた。フルオロキノロンの使用率は2005年~2008年に有意な変動はなく、2009年~2017年では44%減少した(年4.8%)。以上、VAMC介入後のS. aureus感染症の有意な減少は、主にMRSAの減少によるものであり、MRSA感染症の減少は入院時MRSA陰性例にて大きかった。効果的なS. aureus予防戦略には、医療機器および手技による感染だけではなく、流行株の伝染阻止を目的とする現在のCDC勧告の遵守を含む多面的なアプローチが必要であると思われる。

References

  • Jain R, Kralovic SM, Evans ME, et al. Veterans Affairs initiative to prevent methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections. N Engl J Med 2011;364:1419–30. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1007474>
  • Szabo C. 2005 facility complexity model. Washington, DC: Veterans Healthcare Administration National Leadership Board Human Resources Committee; 2005.
  • Jones M, DuVall SL, Spuhl J, Samore MH, Nielson C, Rubin M. Identification of methicillin-resistant Staphylococcus aureus within the nation’s Veterans Affairs medical centers using natural language processing. BMC Med Inform Decis Mak 2012;12:34. <https://doi.org/10.1186/1472-6947-12-34>
  • CDC. National Healthcare Safety Network. Antimicrobial Use and Resistance (AUR) module. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/nhsn/pdfs/pscmanual/11pscaurcurrent.pdf>
  • Morgan DJ, Wenzel RP, Bearman G. Contact precautions for endemic MRSA and VRE: time to retire legal mandates. JAMA 2017;318:329–30. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.7419>
  • Kourtis A, Hatfield K, Baggs J, et al. Vital signs: epidemiology and recent trends in methicillin resistant and methicillin-susceptible Staphylococcus aureus bloodstream infections—United States, 2002–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68(9).
  • See I, Mu Y, Albrecht V, et al. Trends in incidence of methicillin-resistant Staphylococcus aureus bloodstream infections differ by strain type and healthcare exposure, United States, 2005–2013. Clin Infect Dis 2019. Epub February 25, 2019. <https://doi.org/10.1093/cid/ciz158>
  • Lipsitch M, Bergstrom CT, Levin BR. The epidemiology of antibiotic resistance in hospitals: paradoxes and prescriptions. Proc Natl Acad Sci U S A 2000;97:1938–43. <https://doi.org/10.1073/pnas.97.4.1938>
  • van Kleef E, Luangasanatip N, Bonten MJ, Cooper BS. Why sensitive bacteria are resistant to hospital infection control. Wellcome Open Res 2017;2:16. <https://doi.org/10.12688/wellcomeopenres.11033.1>
  • Goto M, O’Shea AMJ, Livorsi DJ, et al. The effect of a nationwide infection control program expansion on hospital-onset gram-negative rod bacteremia in 130 Veterans Health Administration medical centers: an interrupted time-series analysis. Clin Infect Dis 2016;63:642–50. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw423>
  • Jones M, Nielson C, Gupta K, Khader K, Evans M. Collateral benefit of screening patients for methicillin-resistant Staphylococcus aureus at hospital admission: isolation of patients with multidrug-resistant gram-negative bacteria. Am J Infect Control 2015;43:31–4. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2014.09.016>
  • Kanwar A, Cadnum JL, Jencson AL, Donskey CJ. Impact of antibiotic treatment on the burden of nasal Staphylococcus aureus among hospitalized patients. Antimicrob Agents Chemother 2018;62:e00609-18. <https://doi.org/10.1128/AAC.00609-18>
  • CDC. Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC). Guidance documents. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hicpac/recommendations/index.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ