一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)第1期および第2期梅毒の女性および男性異性愛者にお・・・

MMWR抄訳

rss

2019/02/15Vol. 68 / No. 6

MMWR68(6):144-148
Increased Methamphetamine, Injection Drug, and Heroin Use Among Women and Heterosexual Men with Primary and Secondary Syphilis — United States, 2013–2017

第1期および第2期梅毒の女性および男性異性愛者におけるメタンフェタミン、注射薬、ヘロイン使用の増加 ― アメリカ、2013年~2017年

2013年~2017年にアメリカで報告された第1期および第2期(P&S)梅毒症例の全国的な年率は、人口10万人当たり5.5例から9.5例へと72.7%増加した。 P&S梅毒の最も高い割合は、ゲイ、バイセクシュアル、および男性間性的接触者(MSM)にて、2017年ではMSMが症例の大半を占めた。一方、2013年~2017年の間に、P&S梅毒率は女性間で155.6%(女性100,000人のあたり0.9例から2.3例)、すべての男性間で65.7%(男性10万人あたり10.2例から16.9例)増加し、このことは男性間の感染増加に加え、男性と女性間の感染も増加していることを示している。これらの傾向をさらに理解するために、CDCは2013~2017年の全国P&S梅毒サーベイランスデータを分析し、過去12カ月に薬物関連のリスク行動を報告した女性、女性のみ性的接触のある男性(MSW)、MSMでの症例の割合を評価した。P&S梅毒の女性およびMSWでは、2013年~2017年の間に、ここ12カ月間以内のメタンフェタミンの使用、薬物を注射した人との性行為、注射薬の使用、ヘロインの使用の報告が2倍以上増加した。2017年では、ここ12カ月間のメタンフェタミン、注射薬、ヘロインの使用率は、P&S梅毒の女性で各16.6%、10.5%、5.8%、MSWで各13.3%、6.3%、2.7%、MSMで各8.0%、3.5%、0.8%であった。また、P&S梅毒の女性では、メタンフェタミンの使用、薬物を注射した人との性行為、注射薬の使用、ヘロインの使用の増加がアメリカの各地域で観察された。 P&S梅毒のMSWでは、薬物を注射した人との性行為の増加がすべての地域で観察され、メタンフェタミン、注射薬、ヘロインの使用の増加は、北東部を除くすべての地域で発生した。これらの知見は、薬物、特にメタンフェタミンを使用している人の間で、異性愛者の梅毒感染がかなりの割合で発生していることを示している。 性感染症管理プログラムと物質使用障害サービスを提供するパートナーとの間の協力は、異性愛者の梅毒の最近の増加に取り組むために重要になると考えられる。

References

  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/std/stats17/default.htm>
  • de Voux A, Kidd S, Grey JA, et al. State-specific rates of primary and secondary syphilis among men who have sex with men—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:349–54. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6613a1>
  • Patton ME, Su JR, Nelson R, Weinstock H; CDC. Primary and secondary syphilis—United States, 2005–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:402–6.
  • Rolfs RT, Goldberg M, Sharrar RG. Risk factors for syphilis: cocaine use and prostitution. Am J Public Health 1990;80:853–7. <https://doi.org/10.2105/AJPH.80.7.853>
  • Gunn RA, Montes JM, Toomey KE, et al. Syphilis in San Diego County 1983–1992: crack cocaine, prostitution, and the limitations of partner notification. Sex Transm Dis 1995;22:60–6. <https://doi.org/10.1097/00007435-199501000-00010>
  • CDC. Methamphetamine use and HIV risk behaviors among heterosexual men—preliminary results from five northern California counties, December 2001–November 2003. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2006;55:273–7.
  • Zule WA, Costenbader EC, Meyer WJ Jr, Wechsberg WM. Methamphetamine use and risky sexual behaviors during heterosexual encounters. Sex Transm Dis 2007;34:689–94. <https://doi.org/10.1097/01.olq.0000260949.35304.22>
  • Flom PL, Friedman SR, Kottiri BJ, et al. Stigmatized drug use, sexual partner concurrency, and other sex risk network and behavior characteristics of 18- to 24-year-old youth in a high-risk neighborhood. Sex Transm Dis 2001;28:598–607. <https://doi.org/10.1097/00007435-200110000-00006>
  • Gryczynski J, Nordeck CD, Mitchell SG, et al. Pilot studies examining feasibility of substance use disorder (SUD) screening and treatment linkage at urban sexually transmitted disease (STD) clinics. J Addict Med 2017;11:350–6. <https://doi.org/10.1097/ADM.0000000000000327>
  • Yu J, Appel P, Rogers M, et al. Integrating intervention for substance use disorder in a healthcare setting: practice and outcomes in New York City STD clinics. Am J Drug Alcohol Abuse 2016;42:32–8. <https://doi.org/10.3109/00952990.2015.1094478>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ