一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)2018-19年シーズンのインフルエンザワクチンの・・・

MMWR抄訳

rss

2019/02/15Vol. 68 / No. 6

MMWR68(6):135-139
Interim Estimates of 2018–19 Seasonal Influenza Vaccine Effectiveness — United States, February 2019

2018-19年シーズンのインフルエンザワクチンの有効性に関する暫定的な推定 ― アメリカ、2019年2月

アメリカでは、生後6カ月以降のすべての人に季節性インフルエンザに対する毎年の予防接種が推奨されている(https://www.cdc.gov/flu/protect/whoshouldvax.htm)。 季節性インフルエンザワクチンの有効性はシーズンによって異なり、CDCは、 2004-05年以降の各インフルエンザシーズン中に、医学的に治療された急性呼吸器疾患(ARI)に関連する検査室で確認されたインフルエンザを予防するための季節性インフルエンザワクチンの有効性を推定している。この中間報告では、2018年11月23日から2019年2月2日にU.S. Influenza Vaccine Effectiveness Network (U.S. Flu VE Network)に登録された3,254人の小児と成人のデータを使用した。 この期間では、リアルタイムRT-PCR法により合計で465例(14%)がインフルエンザウイルス陽性で、A型ウイルスが456例(98%)、B型ウイルスが9例(2%)であった。 394例のA型ウイルスのサブタイプは、293例(74%)がA(H1N1)pdm09、101例(26%)がA(H3N2)で、系統情報が入手可能な8例のB型ウイルスのうち、4例はB/Victoria系統、4例はB/Yamagata系統であった。すべてのインフルエンザウイルス型が原因の医学的に治療されたARIに対する調整されたワクチンの有効性は、47%であった。全年齢において、ARIに対するワクチン接種の有効性はA(H1N1)pdm09ウイルス感染に対して46%、A(H3N2)ウイルス感染に対して44%であった。生後 6カ月~17歳の小児では、すべてのインフルエンザウイルス型に対するワクチンの有効性は61%で、A(H1N1)pdm09に対しては62%であった。50歳以上の成人では、すべてのインフルエンザ型およびA(H1N1)pdm09に対するワクチンの有効性は、それぞれ24%、8%で、どちらも有意ではなかった。CDCは、インフルエンザの活動が進行中であり、ワクチンが現在流行しているインフルエンザウイルス、またはシーズンの後半に流行する可能性のある他のインフルエンザウイルスに関連する疾患、入院、死亡を予防できるため、医療提供者に継続的にインフルエンザワクチンを投与することを推奨している。

References

  • Rolfes MA, Flannery B, Chung J, et al. Effects of influenza vaccination in the United States during the 2017–2018 influenza season. Clin Infect Dis 2019. Epub February 2, 2019.
  • Arriola C, Garg S, Anderson EJ, et al. Influenza vaccination modifies disease severity among community-dwelling adults hospitalized with influenza. Clin Infect Dis 2017;65:1289–97. <https://doi.org/10.1093/cid/cix468>
  • Jackson ML, Chung JR, Jackson LA, et al. Influenza vaccine effectiveness in the United States during the 2015–2016 season. N Engl J Med 2017;377:534–43. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1700153>
  • Blanton L, Dugan VG, Elal AIA, et al. Update: influenza activity—United States, September 30, 2018–February 2, 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:125–34.
  • Belongia EA, Simpson MD, King JP, et al. Variable influenza vaccine effectiveness by subtype: a systematic review and meta-analysis of test-negative design studies. Lancet Infect Dis 2016;16:942–51. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(16)00129-8>
  • Skowronski DM, Leir S, Sabaiduc S, et al. Interim estimates of 2018/19 vaccine effectiveness against influenza A(H1N1)pdm09, Canada, January 2019. Euro Surveill 2019;24:1900055. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2019.24.4.1900055>
  • Australian Government Department of Health. Information brief: 2018 influenza season in Australia. Canberra, Australia: Australian Government Department of Health; 2016. <http://www.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/Content/cda-surveil-ozflu-flucurr.htm/$File/2018- Season-Summary.pdf>
  • Flannery B, Reynolds SB, Blanton L, et al. Influenza vaccine effectiveness against pediatric deaths: 2010–2014. Pediatrics 2017;139:e20164244. <https://doi.org/10.1542/peds.2016-4244>
  • Thompson MG, Kwong JC, Regan AK, et al. Influenza vaccine effectiveness in preventing influenza-associated hospitalizations during pregnancy: a multi-country retrospective test negative design study, 2010–2016. Clin Infect Dis 2018. Epub October 11, 2018.
  • Udell JA, Zawi R, Bhatt DL, et al. Association between influenza vaccination and cardiovascular outcomes in high-risk patients: a meta-analysis. JAMA 2013;310:1711–20. PubMed <https://doi.org/10.1001/jama.2013.279206>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ