一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)致命的な先天性心疾患の新生児スクリーニングの支援活・・・

MMWR抄訳

rss

2019/02/08Vol. 68 / No. 5

MMWR68(5):107-111
Actions in Support of Newborn Screening for Critical Congenital Heart Disease — United States, 2011–2018

致命的な先天性心疾患の新生児スクリーニングの支援活動 ― アメリカ、2011年~2018年

先天性心疾患(CHD)は生産1,000人中約8人に発症し、その約1/4が致命的な先天性心疾患(CCHD)であり、1歳になるまでに外科手術またはカテーテル治療を要する。2011年にアメリカの保健福祉省はCCHDを新生児スクリーニングに追加した。CCHDの新生児スクリーニングは徴候や症状が出る前、または退院するまでにパルスオキシメーターによる血中酸素飽和度の測定により行う。低酸素血症を認める場合、胸部レントゲンや心エコー検査などによりその原因を探る。CDC、American Academy of Pediatrics(AAP)およびNewborn Screening Technical Assistance and Evaluation Program(NewSTEPs)はCCHD新生児スクリーニングに関する州ごとの採用、実施状況について調査した。2013年~2018年、CCHDスクリーニングを実施する管轄地域は22から51に増加(50州およびワシントンDC)、CCHDスクリーニングの採択には様々なアプローチがあり、39地域(76%)はスクリーニングを義務付け、また、スクリーニングおよびスクリーニングを義務付ける法律の問題点を要求しており、他の12地域は法によりスクリーニングを義務付けている。51地域中41地域(80%)はスクリーニングデータを病院または産院から受け取っており、うち32地域(78%)はスクリーニングを受けたすべての新生児の検査結果の個人データが報告され、19地域(46%)はすべてのデータ(酸素飽和度およびスクリーニングした日と時期)、1地域(2%)は最終のスクリーニングデータ、12地域(29%)は測定結果(合格/不合格)のデータを報告している。また、5地域(12%)は集計データのみ、4地域(10%)はCCHDを認めた症例の個人データを報告している。19地域(37%)では先天性欠損症のサーベイランスプログラムと新生児スクリーニングプログラムを共有しており、データの共有は電子的リンケージ(5地域26%)、両方のデータを包括するデータシステム(2地域11%)または手作業(12地域63%)により行われていた。以上、アメリカでは新生児CCHDスクリーニングが全国的に実施されており、今後、データの収集方法を改善し、すべての地域で標準化することでより効果的なモニタリングおよび評価が可能となると思われる。

References

  • US Department of Health and Human Services Office of the Secretary. Letter from the Secretary to the Advisory Committee on Heritable Disorders in Newborns and Children, September 21, 2011. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. <https://www.hrsa.gov/sites/default/files/hrsa/advisory-committees/heritable-disorders/reports-recommendations/response-congenital-cyanotic.pdf>
  • Mahle WT, Newburger JW, Matherne GP, et al.; American Heart Association Congenital Heart Defects Committee of the Council on Cardiovascular Disease in the Young, Council on Cardiovascular Nursing, and Interdisciplinary Council on Quality of Care and Outcomes Research; American Academy of Pediatrics Section on Cardiology and Cardiac Surgery; Committee on Fetus and Newborn. Role of pulse oximetry in examining newborns for congenital heart disease: a scientific statement from the AHA and AAP. Pediatrics 2009;124:823–36. <https://doi.org/10.1542/peds.2009-1397>
  • Abouk R, Grosse SD, Ailes EC, Oster ME. Association of US state implementation of newborn screening policies for critical congenital heart disease with early infant cardiac deaths. JAMA 2017;318:2111–8. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.17627>
  • Glidewell J, Olney RS, Hinton C, et al. State legislation, regulations, and hospital guidelines for newborn screening for critical congenital heart defects—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:625–30.
  • Grosse SD, Riehle-Colarusso T, Gaffney M, et al. CDC grand rounds: newborn screening for hearing loss and critical congenital heart disease. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:888–90. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6633a4>
  • Oster ME, Aucott SW, Glidewell J, et al. Lessons learned from newborn screening for critical congenital heart defects. Pediatrics 2016;137:e20154573. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-4573>
  • Ojodu J, Singh S, Kellar-Guenther Y, et al. NewSTEPs. The establishment of a national newborn screening technical assistance resource center. Int J Neonatal Screen 2018;4:1. <https://doi.org/10.3390/ijns4010001>
  • CDC. Newborn screening for critical congenital heart disease: potential roles of birth defects surveillance programs—United States, 2010–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:849–53.
  • Kemper AR, Mahle WT, Martin GR, et al. Strategies for implementing screening for critical congenital heart disease. Pediatrics 2011;128:e1259–67. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-1317>
  • Olney RS, Botto LD. Newborn screening for critical congenital heart disease: essential public health roles for birth defects monitoring programs. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2012;94:965–9. <https://doi.org/10.1002/bdra.23103>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ