一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2019年(Vol.68)ブラックタールヘロイン使用者での創傷ボツリヌス中毒・・・

MMWR抄訳

rss

2019/01/04Vol. 67 / Nos. 51 & 52

MMWR67(51 & 52):1415-1418
Wound Botulism Outbreak Among Persons Who Use Black Tar Heroin — San Diego County, California, 2017–2018

ブラックタールヘロイン使用者での創傷ボツリヌス中毒のアウトブレイク ― サンディエゴ郡、カリフォルニア州、2017年~2018年

2017年9月29日から10月6日、サンディエゴ郡公衆衛生局(COSD)にブラックタールヘロインの使用歴があり、創傷ボツリヌス症の疑いのある患者2例が通告された。 COSDでは2001年~2016年の間の創傷ボツリヌス症の症例は年間平均1件であったため、California Health Alert Networkを通じて、カリフォルニア州南部の医療機関に、徴候や症状、ブラックタールヘロイン曝露を含むこれらの患者2例について通知した。COSDはカリフォルニア公衆衛生局と協力して、追加症例について特定し、疾患の危険因子を特定するとともに、医療費を推定し、さらに疾患を予防するための勧告を作成するための調査を実施した。2018年4月18日までに、創傷ボツリヌス症9例(確定8例と高度疑い1例)が特定された。症例は、8例が男性、年齢中央値40歳(25~67歳)、発症日は2017年9月26日(epidemiologic week 39)~2018年4月12日(epidemiologic week 15)であった。最も多く報告された症状は、筋力低下、嚥下困難、霧視で、他に眼瞼下垂、不明瞭な発語、呼吸困難、下行性麻痺、膿瘍があった。症状は最初に4例の薬物中毒に起因し、このうち2例ではオピオイド過剰摂取の拮抗薬であるナロキソンが投与されていた。全例が集中治療室に入院し、 6例では気管内挿管と人工呼吸が必要で、うち1例が死亡した。全例が7価抗ボツリヌス毒素(BAT)により治療され、入院期間中央値は15日(9~67日)であった。全例にヘロイン注射歴があり、7例はブラックタールを使用したと報告し、6例が皮下注射により使用していた。症状発症からBAT投与までの期間中央値は6.5日(2.7~10.5日)で、8例のBAT投与前の血清検体からボツリヌス神経毒素A型が検出された。今回のアウトブレイクの直接的な総入院費用は、総入院日数203日に対して230万ドルと推定された。創傷ボツリヌス症は稀であり、オピオイド過剰摂取やギランバレー症候群などの他の神経症候群と兆候/症状が重なるために認識されにくい傾向にある。 迅速な診断、BAT投与、および支持療法の提供は、麻痺の進行を止め、救命に役立つと考えられる。

References

  • County of San Diego Health and Public Health Services, Epidemiology and Immunization Services Branch. Wound botulism associated with black tar heroin. San Diego, CA: County of San Diego Health and Human Services Agency, Epidemiology and Immunization Services Branch; 2017. <https://www.sandiegocounty.gov/content/dam/sdc/hhsa/programs/phs/cahan/communications_documents/10-09-2017.pdf>
  • County of San Diego Health and Public Health Services, Epidemiology and Immunization Services Branch. Update: wound botulism cases associated with black tar heroin. San Diego, CA: County of San Diego Health and Human Services Agency, Epidemiology and Immunization Services Branch; 2018. <https://www.sandiegocounty.gov/content/dam/sdc/hhsa/programs/phs/cahan/communications_documents/04-10-2018.pdf>
  • Passaro DJ, Werner SB, McGee J, Mac Kenzie WR, Vugia DJ. Wound botulism associated with black tar heroin among injecting drug users. JAMA 1998;279:859–63. <https://doi.org/10.1001/jama.279.11.859>
  • CDC. Wound botulism—California, 1995. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1995;44:889–92.
  • Werner SB, Passaro D, McGee J, Schechter R, Vugia DJ. Wound botulism in California, 1951–1998: recent epidemic in heroin injectors. Clin Infect Dis 2000;31:1018–24. <https://doi.org/10.1086/318134>
  • Gordon RJ, Lowy FD. Bacterial infections in drug users. N Engl J Med 2005;353:1945–54. <https://doi.org/10.1056/NEJMra042823>
  • Rudd RA, Seth P, David F, Scholl L. Increases in drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1445–52. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm655051e1>
  • CDC. Botulism: national botulism surveillance. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/botulism/surveillance.html>
  • Drug Enforcement Administration. 2016 national heroin threat assessment summary—updated. Arlington, VA: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/sites/default/files/2018-07/DIR-001-17_2016_NDTA_Summary.pdf>
  • O’Horo JC, Harper EP, El Rafei A, et al. Efficacy of antitoxin therapy in treating patients with foodborne botulism: a systematic review and meta-analysis of cases, 1923–2016. Clin Infect Dis 2017;66(suppl_1):S43–56. <https://doi.org/10.1093/cid/cix815>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ