一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)血中鉛濃度の高い小児の住宅調査から採取されたスパイ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/11/23Vol. 67 / No. 46

MMWR67(46):1290-1294
Lead in Spices, Herbal Remedies, and Ceremonial Powders Sampled from Home Investigations for Children with Elevated Blood Lead Levels — North Carolina, 2011–2018

血中鉛濃度の高い小児の住宅調査から採取されたスパイス、薬用植物、儀式用粉末中の鉛 ― ノースカロライナ州、2011年~2018年

ノースカロライナ州では血中鉛濃度(BLL)の高い小児は減少しているが、BLLがCDC基準値(5μg/dL)を超える小児の数が2013年の27例から2017年には44例に増加した郡がある。慢性的な鉛への曝露は小児の発達遅延や問題行動を引き起こすため、アメリカでは1978年、住宅の塗装での使用が禁止されたが、スパイスや薬用植物から摂取されることがあるため、North Carolina Childhood Lead Poisoning Prevention Program (NCCLPPP)は2011年1月~2018年1月における小児の家庭でのスパイス、薬用植物および儀式用の粉末の摂取に関し、レトロスペクティブに調査した。2017年7月以降、ノースカロライナ州ではBLLが12カ月以内に2回の連続した検査にて5μg/dLを超える場合にBLL高値例と判断し、NCCLPPPに報告され、州および地域の保健局は住宅調査を実施する。住宅調査では鉛塗料、水、土壌、消費製品および食品の環境サンプルの化学分析が行われる。今回の調査対象はBLL高値の小児61名[平均年齢2.3(0.9~6.6)歳、(初回)スクリーニング時平均BLL:17.0±9.6、診断時平均BLL:15.2±7.0μg/dL]、59世帯であり、人種の明らかな58名(95%)のうちアジア人(インド、パキスタンを含む)は41名、黒人/アフリカ系9名、白人8名(うちアフガニスタン1名)であった。59世帯のうち42世帯(71%)の住宅は1978年以降に建てられており、10世帯には鉛を含む真鍮製のオブジェ、宝飾品、調理器具、その他の消費財があり、32世帯(76%)では塗料、埃、小さなブラインド、蛇口、浴槽の釉薬、家具仕上げ剤に鉛は認められず、これら32世帯のうち7世帯ではスパイス、薬用植物および儀式用粉末のみがリスクとして同定された。これら59世帯からスパイス、薬用植物および儀式用粉末、計392検体が採取され、386検体[食品(スパイス、薬用植物を含む):344、非食品(儀式用粉末を含む):42]が分析された。その結果、食品40製品カテゴリー、非食品10製品カテゴリーの計50製品カテゴリーにて1mg/kg以上の鉛が特定され、これら50製品カテゴリーを含む177検体のうち、111検体[62.7%、食品:76(22.0%)、非食品:35(83.3%)]が1mg/kg以上の鉛に汚染されていた。それぞれの平均鉛濃度は非食品ではクムクム[12,185(0.4~140,000)mg/kg]、シンドゥール[41,401(0.1~130,000)mg/kg]、surma(1検体のみ:68,000mg/kg)、食品ではサフラン(1検体のみ:2,764mg/kg)、Balguri Kesaria(アーユルベーダ薬、1検体のみ:220mg/kg)、ターメリック[66(0.1~740)mg/kg]などであった。購入国は386検体のうち187検体(48%)にて記録されているが、多くの製品に関してその起源は不明である。これらの調査結果から、スパイスや薬用植物、儀式用粉末には鉛濃度の高い製品が多く、小児の鉛曝露源である可能性が示唆された。

References

  • US Consumer Product Safety Commission. CPSC announces final ban on lead-containing paint. Bethesda, MD: US Consumer Product Safety Commission; 2016. <https://www.cpsc.gov/Recalls/1977/CPSC-Announces-Final-Ban-On-Lead-Containing-Paint/>
  • Croghan C, Egeghy P. Methods of dealing with values below the limit of detection using SAS. In: Proceedings of the Southern SAS User Group; September 22–24, 2003; St. Petersburg, Florida; 2003. <https://analytics.ncsu.edu/sesug/2003/SD08-Croghan.pdf>
  • Woolf AD, Woolf NT. Childhood lead poisoning in 2 families associated with spices used in food preparation. Pediatrics 2005;116:e314–8. <https://doi.org/10.1542/peds.2004-2884>
  • Food and Drug Administration. FDA draft risk profile: pathogens and filth in spices. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2013. <https://www.fda.gov/downloads/Food/FoodScienceResearch/RiskSafetyAssessment/UCM367337.pdf>
  • Siruguri V, Bhat RV. Assessing intake of spices by pattern of spice use, frequency of consumption and portion size of spices consumed from routinely prepared dishes in southern India. Nutr J 2015;14:7. <https://doi.org/10.1186/1475-2891-14-7>
  • Bovay J. FDA refusals of imported food products by country and category, 2005–2013. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2016. <https://www.ers.usda.gov/publications/pub-details/?pubid=44069>
  • Sharma S. Current status of herbal product: regulatory overview. J Pharm Bioallied Sci 2015;7:293–6. <https://doi.org/10.4103/0975-7406.168030>
  • Lin CG, Schaider LA, Brabander DJ, Woolf AD. Pediatric lead exposure from imported Indian spices and cultural powders. Pediatrics 2010;125:e828–35. <https://doi.org/10.1542/peds.2009-1396>
  • Hore P, Ahmed M, Nagin D, Clark N. Intervention model for contaminated consumer products: a multifaceted tool for protecting public health. Am J Public Health 2014;104:1377–83. < https://doi.org/10.2105/AJPH.2014.301912>
  • Handley MA, Nelson K, Sanford E, et al. Examining lead exposures in California through state-issued health alerts for food contamination and an exposure-based candy testing program. Environ Health Perspect 2017;125:104503. <https://doi.org/10.1289/EHP2582>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ