一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)糖尿病予備群成人における関節炎の有病率と糖尿病予備・・・

MMWR抄訳

rss

2018/11/09Vol. 67 / No. 44

MMWR67(44):1238-1241
Prevalence of Arthritis Among Adults with Prediabetes and Arthritis-Specific Barriers to Important Interventions for Prediabetes — United States, 2009–2016

糖尿病予備群成人における関節炎の有病率と糖尿病予備群の介入に重要な関節炎に特異的な障壁 ― アメリカ、2009年~2016年

アメリカでは約5,440万人が医師により関節炎と診断され、この数は2040年までに7,840万人に増えると予想されている。運動不足と肥満は2型糖尿病の発症リスクを増加する要因であり、関節炎は肥満成人の身体活動の障壁となる。糖尿病予備群患者における関節炎の有病率は33.9%(約8,400万人)であるが、この状態が運動不足や肥満にどのように関与するのかは不明である。今回、2009年~2016年のNational Health and Nutrition Examination Surveyデータから、関節炎、糖尿病予備群、運動不足および肥満の相関性について分析が行われた。糖尿病予備群はHbA1cが5.7~6.4%または空腹時血糖値が100~125mg/dL、糖尿病はHbA1cが6.5%以上、空腹時血糖値が126mg/dL以上または医師による診断を受けた人とした。2009年~2016年における糖尿病および糖尿病予備群の非調整有病率はそれぞれ13.1%、35.8%であり、関節炎の非調整有病率は糖尿病予備群にでは32.0%(推定2,600万例)、糖尿病では42.0%(約1,300万例)であった。糖尿病予備群における年齢で調整した関節炎の有病率は25.9%であり、糖尿病成人における有病率(30.2%)と有意差は認めなかったが、糖尿病予備群でない成人(21.9%)に比べ有意に高かった。また、糖尿病予備群患者における年齢で調整した関節炎の有病率はこの8年間にてほぼ一定であった。糖尿病予備群における関節炎の有病率は65歳以上にて高く(55.7%)、20~44歳(10.1%)と45~64歳(34.8%)では有意に低かった。年齢で調整した関節縁の有病率は男性に比べ女性にて高く(21.5% vs. 31.0%)、人種/民族別では非ヒスパニック系白人(29.0%)にてもっとも高かった(非ヒスパニック系黒人:25.0%、ヒスパニック系:17.3%、その他:18.3%)。糖尿病予備群と関節炎を合併している成人における余暇時の運動不足、肥満の非調整での割合はそれぞれ56.5%、50.1%であり、年齢で調整した余暇時の運動不足の割合は54.0%であり、糖尿病予備群および関節炎のどちらもない成人(39.5%)に比べて有意に高く、どちらか一方を有する成人との有意差は認めなかった。さらに、年齢で調整した肥満率は、糖尿病予備群と関節炎を合併している成人(57.8%)にて、糖尿病予備群のみ (41.6%)、関節炎のみ(36.1%)、どちらもない(25.2%)成人に比べ有意に高かった。身体活動を増やし、体重を減少させることにより糖尿病予備群および関節炎成人における2型糖尿病のリスクを減らし、疼痛管理を改善し得る可能性がある。

References

  • Barbour KE, Helmick CG, Boring M, Brady TJ. Vital signs: prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2013–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:246–53. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6609e1>
  • Hootman JM, Helmick CG, Barbour KE, Theis KA, Boring MA. Updated projected prevalence of self-reported doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation among US adults, 2015–2040. Arthritis Rheumatol 2016;68:1582–7. <https://doi.org/10.1002/art.39692>
  • CDC. Arthritis as a potential barrier to physical activity among adults with obesity—United States, 2007 and 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:614–8.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy People 2010 Stat Notes 2001:1–9. <https://www.cdc.gov/nchs/data/statnt/statnt20.pdf>
  • Qin J, Theis KA, Barbour KE, Helmick CG, Baker NA, Brady TJ. Impact of arthritis and multiple chronic conditions on selected life domains—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:578–82.
  • Rutledge GE, Lane K, Merlo C, Elmi J. Coordinated approaches to strengthen state and local public health actions to prevent obesity, diabetes, and heart disease and stroke. Prev Chronic Dis 2018;15:170493. <https://doi.org/10.5888/pcd15.170493>
  • Hamman RF, Wing RR, Edelstein SL, et al. Effect of weight loss with lifestyle intervention on risk of diabetes. Diabetes Care 2006;29:2102–7. <https://doi.org/10.2337/dc06-0560>
  • Christensen R, Bartels EM, Astrup A, Bliddal H. Effect of weight reduction in obese patients diagnosed with knee osteoarthritis: a systematic review and meta-analysis. Ann Rheum Dis 2007;66:433–9. <https://doi.org/10.1136/ard.2006.065904>
  • Callahan LF, Cleveland RJ, Altpeter M, Hackney B. Evaluation of tai chi program effectiveness for people with arthritis in the community: a randomized controlled trial. J Aging Phys Act 2016;24:101–10. <https://doi.org/10.1123/japa.2014-0211>
  • Brady TJ, Murphy L, O’Colmain BJ, et al. A meta-analysis of health status, health behaviors, and health care utilization outcomes of the chronic disease self-management program. Prev Chron Dis. 2013;10:120112. PubMed <https://doi.org/10.5888/pcd10.120112>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ