一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)最新情報:インフルエンザ活性 ― アメリカと全世界・・・

MMWR抄訳

rss

2018/10/26Vol. 67 / No. 42

MMWR67(42):1178-1185
Update: Influenza Activity — United States and Worldwide, May 20–October 13, 2018

最新情報:インフルエンザ活性 ― アメリカと全世界、2018年5月20日~10月13日

2018年5月20日~10月13日におけるインフルエンザ活性について報告する。アメリカではこの期間、臨床検査室にて197,295の呼吸器検体が検査され、2,763検体(1.4%)がインフルエンザ陽性であった[A型ウイルス:1,801検体(65.2%)、B型ウイルス:962検体(34.8%)]。公衆衛生検査室では5,863検体が検査され、587検体[A型ウイルス:442検体(75.34%)、B型ウイルス:145検体(24.7%)]が陽性であった。B型は主に5月~6月中旬にかけて、A型は6月下旬以降に検出された。血清型の分析はA型が400検体(90.5%)、B型:118検体(81.4%)にて行われ、そのうちA型は233検体(58.3%)がA(H1N1)pdm09、167検体(41.8%)がA(H3N2)、B型は94検体(79.7%)がB/Yamagata系統、24検体(20.3%)がB/Victoria系統であった。ILINetによるインフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診率は0.6%~1.4%と全国基準値(2.2%)を下回り、肺炎およびインフルエンザ関連死亡率も流行閾値を下回った。2017-18インフルエンザシーズンにおける小児のインフルエンザ関連死183例のうち、5例が5月20日~9月29日に死亡、2018-19シーズンの死亡例は10月中旬に第1例が報告されている。世界的には南半球におけるインフルエンザ活性は低く、ほとんどの地域でA(H1N1)pdm09が優勢であった。南米温帯地域では5月中旬から活性が増加し、ピークは8月、チリおよびパラグアイではA(H3N2)が優勢であった。南アフリカ温帯地域では4月から増加し、ピークは6月、A(H1N1)pdm09が優勢であり、8月下旬からB型が増加し、ピークは9月であった。オーストラリア、ニュージーランドでも流行閾値以下であり、A(H1N1)pdm09優勢、熱帯地方(中央アメリカ、カリブ海諸国、南米、南および東南アジア)ではA(H1N1)pdm09優勢であり、東アフリカではB型、南アジアではA(H3N2)の循環も認められた。北半球における2018-19シーズンのインフルエンザワクチン成分はA/Michigan/45/2015 (H1N1)pdm09様ウイルス、A/Singapore/INFIMH-16-0019/2016 (H3N2)様ウイルス、B/Colorado/06/2017様ウイルスが推奨され、4価ワクチンにはB/Phuket/3073/2013様ウイルスが追加される。また、A(H1N1)pdm09のHA遺伝子系統分析ではすべて6B.1群に属し、抗原性は2018-19インフルエンザシーズン北半球ワクチン成分であるA/Michigan/45/2015に類似し、A(H3N2)のHA遺伝子は3C.2a、3C.2a1および3C.3a群に属し、抗原性は91.9%(102/111検体)がワクチン成分であるA/Singapore/INFIMH-16-0019/2016 に類似していた。B/YamagataのHA遺伝子はすべてY3群に属し、抗原性はワクチン成分であるB/Phuket/3073/2013に類似していた。薬剤感受性試験ではA(H1N1)pdm09ウイルス(134検体)、A(H3N2)ウイルス(132検体)、B型ウイルス(81検体)のすべてがオセルタミビル、ペラミビル、ザナミビルに感受性を示した。新規A型インフルエンザウイルス感染は、A(H3N2)変異株が1例(インディアナ州)、A(H1N2)変異株が13例(カルフォルニア州:6例、オハイオ州:4例、ミシガン州:3例)報告されている。

References

  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, Walter EB, Fry AM, Jernigan DB. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2018–19 influenza season. MMWR Recomm Rep 2018;67(No. RR-3). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6703a1>
  • Flannery B, Reynolds SB, Blanton L, et al. Influenza vaccine effectiveness against pediatric deaths: 2010–2014. Pediatrics 2017;139:e20164244. <https://doi.org/10.1542/peds.2016-4244>
  • Neuzil KM, Jackson LA, Nelson J, et al. Immunogenicity and reactogenicity of 1 versus 2 doses of trivalent inactivated influenza vaccine in vaccine-naive 5–8-year-old children. J Infect Dis 2006;194:1032–9. <https://doi.org/10.1086/507309>
  • Hedrick JA, Barzilai A, Behre U, et al. Zanamivir for treatment of symptomatic influenza A and B infection in children five to twelve years of age: a randomized controlled trial. Pediatr Infect Dis J 2000;19:410–7. <https://doi.org/10.1097/00006454-200005000-00005>
  • Heinonen S, Silvennoinen H, Lehtinen P, et al. Early oseltamivir treatment of influenza in children 1-3 years of age: a randomized controlled trial. Clin Infect Dis 2010;51:887–94. <https://doi.org/10.1086/656408>
  • Nicholson KG, Aoki FY, Osterhaus AD, et al.; Neuraminidase Inhibitor Flu Treatment Investigator Group. Efficacy and safety of oseltamivir in treatment of acute influenza: a randomised controlled trial. Lancet 2000;355:1845–50. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(00)02288-1>
  • Treanor JJ, Hayden FG, Vrooman PS, et al.; US Oral Neuraminidase Study Group. Efficacy and safety of the oral neuraminidase inhibitor oseltamivir in treating acute influenza: a randomized controlled trial. JAMA 2000;283:1016–24. <https://doi.org/10.1001/jama.283.8.1016>
  • Hernán MA, Lipsitch M. Oseltamivir and risk of lower respiratory tract complications in patients with flu symptoms: a meta-analysis of eleven randomized clinical trials. Clin Infect Dis 2011;53:277–9. <https://doi.org/10.1093/cid/cir400>
  • Lipsitch M, Hernán MA. Oseltamivir effect on antibiotic-treated lower respiratory tract complications in virologically positive randomized trial participants. Clin Infect Dis 2013;57:1368–9. <https://doi.org/10.1093/cid/cit481>
  • Fiore AE, Fry A, Shay D, Gubareva L, Bresee JS, Uyeki TM. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ