一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)先天性風疹症候群のセンチネルサーベイランス ― イ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/09/14Vol. 67 / No. 36

MMWR67(36):1012-1016
Sentinel Surveillance for Congenital Rubella Syndrome — India, 2016–2017

先天性風疹症候群のセンチネルサーベイランス ― インド、2016年~2017年

妊娠中の風疹感染は流産、胎児死亡、死産および先天性風疹症候群(CRS)として知られる先天性奇形などの原因となる。WHO東南アジア地域の11カ国では2020年までの麻疹撲滅、風疹およびCRSコントロールに取り組んでおり、インドでは2016年、5つの州にてCRSサーベイランスを開始した。ここでは2016年12月~2017年7月の8カ月間におけるサーベイランスの結果を報告する。この期間、CRSが疑われる症例は207例であり、うち41例(19.8%)は新生児の定期健診にて発見され、診断時の年齢は5カ月齢以下が145例(70%)、6~11カ月齢が62例(30%)であった。先天性心構造疾患は135例(65.2%)に認められ、他に眼異常:94例(45.4%)、聴覚障害:37例(17.9%)を認めた。また、41例(19.8%)の母親は妊娠中に発熱性発疹疾患を来していた。血液検体は205例から採取し、風疹IgM抗体を71例(34.6%)にて検出、さらに5例(2.4%)にて風疹IgG抗体価の上昇を認めた。これら76例のうち72例(全体の34.8%)を検査確診例とし、4例は先天性風疹感染症に分類した。11例(5.3%)は臨床的合致例であり、120例(58.0%)は非症例として除外した。検査確診例はチャンディーガル(33例:45.8%)、ジョードプル(17例:23.6%)、バンガロール(13例:18.1%)にて多く、年齢は3カ月齢以下に多く認められた(48/115例、41.7%)。また、検査確診例では心構造疾患(60例:83.3%)、先天性白内障(45例:62.5%)、聴覚障害(25例:34.7%)を認めた。5カ月齢以下の症例133例(91.7%)から採取した口咽頭塗抹検体では、RT-PCR検査を行った119検体中25検体(21%)が風疹陽性であり、ジェノタイピングでは7検体すべて血清型2Bであった。以上、風疹およびCRSコントロールには風疹に対する免疫を高め、研究室ネットワークの構築およびサーベイランスシステムの開発および今後も継続するが重要である。

References

  • Lambert N, Strebel P, Orenstein W, Icenogle J, Poland GA. Rubella. Lancet 2015;385:2297–307. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(14)60539-0>
  • Banatvala JE, Brown DW. Rubella. Lancet 2004;363:1127–37. <https:// doi.org/10.1016/S0140-6736(04)15897-2>
  • World Health Organization. Strategic plan for measles elimination and rubella and congenital rubella syndrome control in the South-East Asia Region. New Delhi, India: World Health Organization Regional Office for South-East Asia; 2015. <http://www.searo.who.int/immunization/documents/sear_mr_strategic_plan_2014_2020.pdf>
  • World Health Organization India. India launches one of the world’s largest vaccination campaigns against measles and rubella syndrome with WHO support. New Delhi, India: World Health Organization Regional Office for South-East Asia; 2017. <http://www.searo.who.int/india/mediacentre/events/2017/Measles_Rubella/en>
  • Government of India Ministry of Health and Family Welfare. Field guide: measles surveillance & outbreak investigation. New Delhi, India: Government of India Ministry of Health and Family Welfare; 2005. <http://www.searo.who.int/india/topics/measles/Measles_surveillance_and_outbreak_investigation_field_guide_2005.pdf>
  • Thapa A, Khanal S, Sharapov U, et al. Progress toward measles elimination—South-East Asia Region, 2003–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:613–7.
  • Dewan P, Gupta P. Burden of congenital rubella syndrome (CRS) in India: a systematic review. Indian Pediatr 2012;49:377–99. <https://doi.org/10.1007/s13312-012-0087-4>
  • World Health Organization. Manual for the laboratory diagnosis of measles and rubella virus infection. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. <http://www.who.int/ihr/elibrary/manual_diagn_lab_mea_rub_en.pdf>
  • Castillo-Solórzano C, Reef SE, Morice A, et al. Guidelines for the documentation and verification of measles, rubella, and congenital rubella syndrome elimination in the region of the Americas. J Infect Dis 2011;204(Suppl 2):S683–9. <https://doi.org/10.1093/infdis/jir471>
  • World Health Organization. Guidelines on verification of measles elimination and rubella/congenital rubella syndrome control in the WHO South-East Asia Region. New Delhi, India: World Health Organization Regional Office for South-East Asia; 2016. <http://www.searo.who.int/immunization/documents/mr_guidelines.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ