一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:Million Hearts 20・・・

MMWR抄訳

rss

2018/09/07Vol. 67 / No. 35

MMWR67(35):983-991
Vital Signs: Prevalence of Key Cardiovascular Disease Risk Factors for Million Hearts 2022 — United States, 2011–2016

バイタルサイン:Million Hearts 2022の鍵となる心血管疾患リスク因子の保有率 ― アメリカ、2011年~2016年

心血管疾患(CVD)による死亡率はここ約40年間低下していたが、いまだに心疾患および脳卒中はそれぞれ死因の第1位および第5位であり、最近では死亡率もほぼ横ばいとなり始め、一部のサブグループでは増加している。Million Hearts 2022は2017年に開始された5年間のイニシアチブであり、100万件の急性心疾患イベントを予防することを目標としており、目標達成のためにCVD関連リスク因子を抑制する必要がある。今回、2021年までの削減目標とされるCVD予防のリスク因子の有病率をアメリカ国民健康栄養調査(NHANES)、薬物使用と健康に関する全米調査(NSDUH)および国民健康聞き取り調査(NHIS)のデータを用いて分析した。2013年~2014年における一次および二次のCVDを予防するアスピリン適正使用率は各27.4%、74.9%であり、2011年~2012年に比べ一次予防使用率が有意に減少していた(43.4%)。血圧コントロールは2015年~2016年にて48.5%、コレステロール管理は2013年~2014年にて54.5%にて行われ(ともに2011年~2012年と同等)、血圧に関しては約4,020万人が高血圧コントロールを受けておらず、コレステロールは約3,910万人が推奨されるスタチン薬を使用していなかった。成人における可燃性タバコ製品の使用率は2011年~2012年の25.1%から、2015年~2016年には22.3%へと有意に減少したが、可燃性タバコ製品の使用者数は5,410万人と推定され、使用率は男性が女性より高かった(各26.7%、18.1%)。2015年~2016年における成人の1日塩分摂取量は平均3,535mg/日であり、2011~2012年から変化はなかった。男女別では、男性が女性より多く(各4,095mg/日、女性:3,013mg/日)、年齢が上がるにつれて減少していた。また、運動不足は29.1%で2011年~2012年の30.9%からわずかではあるが有意に減少していた。今回の調査にてこれらのリスク因子には年齢、性別、人種/民族などによる差が認められたため、今後、格差の是正とさらなる戦略の実施が重要と思われる。

References

  • Mensah GA, Wei GS, Sorlie PD, et al. Decline in cardiovascular mortality: possible causes and implications. Circ Res 2017;120:366–80. <https://doi.org/10.1161/CIRCRESAHA.116.309115>
  • Yang Q, Tong X, Schieb L, et al. Vital Signs: Recent trends in stroke death rates—United States, 2000–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:933–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6635e1>
  • Vaughan AS, Ritchey MD, Hannan J, Kramer MR, Casper M. Widespread recent increases in county-level heart disease mortality across age groups. Ann Epidemiol 2017;27:796–800. <https://doi.org/10.1016/j.annepidem.2017.10.012>
  • Benjamin EJ, Virani SS, Callaway CW, et al.; American Heart Association Council on Epidemiology and Prevention Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2018 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2018;137:e67–492. <https://doi.org/10.1161/CIR.0000000000000558>
  • Frieden TR, Wright JS, Conway PH. Is rapid health improvement possible? Lessons from the Million Hearts Initiative. Circulation 2017;135:1677–80. <https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.117.027461>
  • Ritchey MD, Loustalot F, Wall HK, et al. Million Hearts: description of the national surveillance and modeling methodology used to monitor the number of cardiovascular events prevented during 2012–2016. J Am Heart Assoc 2017;6:e006021. <https://doi.org/10.1161/JAHA.117.006021>
  • Wright JS. Million Hearts 2022: focusing action for impact. Presented at CDC Public Health Grand Rounds, Atlanta, GA; February 20, 2018. <https://www.cdc.gov/grand-rounds/pp/2018/20180220-million-hearts-2022.html>
  • CDC. National Health and Nutrition Examination Survey Data. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/nchs/nhanes/index.htm>
  • SAMHSA. National Survey on Drug Use and Health Data. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, SAMHSA; 2018. <https://www.samhsa.gov/data/data-we-collect/nsduh-national-survey-drug-use-and-health>
  • CDC. National Health Interview Survey Data. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/nchs/nhis/index.htm>
  • Danaei G, Ding EL, Mozaffarian D, et al. The preventable causes of death in the United States: comparative risk assessment of dietary, lifestyle, and metabolic risk factors. PLoS Med 2009;6:e1000058. <https://doi.org/10.1371/journal.pmed.1000058>
  • Farley TA, Dalal MA, Mostashari F, Frieden TR. Deaths preventable in the U.S. by improvements in use of clinical preventive services. Am J Prev Med 2010;38:600–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2010.02.016>
  • Whelton PK, Einhorn PT, Muntner P, et al.; National Heart, Lung, and Blood Institute Working Group on Research Needs to Improve Hypertension Treatment and Control in African Americans. Research needs to improve hypertension treatment and control in African Americans. Hypertension 2016;68:1066–72. <https://doi.org/10.1161/HYPERTENSIONAHA.116.07905>
  • Qato DM, Lee TA, Durazo-Arvizu R, et al. Statin and aspirin use among Hispanic and Latino adults at high cardiovascular risk: findings from the Hispanic Community Health Study/Study of Latinos. J Am Heart Assoc 2016;5:e002905. <https://doi.org/10.1161/JAHA.115.002905>
  • Odani S, Armour BS, Graffunder CM, Garrett BE, Agaku IT. Prevalence and disparities in tobacco product use among American Indians/Alaska Natives—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1374–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6650a2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ