一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:Million Hearts 20・・・

MMWR抄訳

rss

2018/09/07Vol. 67 / No. 35

MMWR67(35):974-982
Vital Signs: State-Level Variation in Nonfatal and Fatal Cardiovascular Events Targeted for Prevention by Million Hearts 2022

バイタルサイン:Million Hearts 2022が予防目標とする非致死性および致死性心血管イベントに関する州ごとの差

Million Hearts 2022は2017年~2021年の間に100万件の心発作、脳卒中、その他の急性心血管イベントを予防する全国的な取り組みであり、「ABCS」(A:アスピリンの投与、B:血圧コントロール、C:コレステロール管理、S:禁煙)の改善により健康を維持し、心血管イベント予防のため適切なケアを行うことを目標とする。しかし2016年、アメリカでは220万人以上が予防可能な入院をし、415,480名が死亡、医療費は327億ドルに達した。年齢補正した入院率は男性が女性より高く(10万人あたりそれぞれ989.6、725.1)、死亡率は10万人あたりそれぞれ172.3、143.0であり、年齢に伴い増加した。18~64歳では805,000人が入院し、72,245人が死亡した。人種/民族別の年齢補正死亡率は非ヒスパニック黒人にてもっとも高く(211.6)、非ヒスパニック系白人(160.2)、アメリカインディアン/アラスカ先住民(132.9)、ヒスパニック(114.9)と続いた。イベント別では急性心筋梗塞および脳卒中が入院の約半数を占め(47%、10万人あたりそれぞれ204.5、199.1)、死亡者の約2/3を占めた(61%、年齢補正死亡率はそれぞれ42.2、53.7)。他のイベントは心不全関連が多く、入院の46%、死亡の38%を占め、入院率は394.6、死亡率は59.8であった。州別の救急外来(ED)受領率(34州、ワシントンDC)は10万人あたり56.4(コネチカット州)~274.8(ケンタッキー州)、入院率(46州、ワシントンDC)は484.0(ワイオミング州)~1670,3(ワシントンDC)、死亡率(50州、ワシントンDC)は111.2(バーモント州)~267.3(ミシシッピ州)であり、すべてのデータの揃う35地域におけるこれら3つのイベント率はユタ州(805.7)、ワイオミング州(828.9)、バーモント州(840.6)にて低く、ワシントンDC:2041.2、テネシー州:1551.6、ケンタッキー州:1510.3にて高かった。また、2016年、年齢補正の1人あたりの入院費は全体で125ドル(ニューメキシコ/ワイオミング州:76~ワシントンDC:294)であり、入院1回あたりの年齢およびイベント調整平均費用は全体では16,274ドル、11,307ドル(アーカンソー州)~24,017ドル(アラスカ州)であった。2017年~2021年も2016年のイベント率が持続した場合、計1,630万件のイベントが発生すると予測され、ED受診は220万回、入院1,180万回、死亡220万人と推定され、入院治療費は1,737億ドルに達すると推定される。100万のイベントを予防した場合は約6.1%の節減となると推定され、Million Heart 2022の目標達成により、心血管イベントによる健康および経済的負担の軽減が可能となることが示唆される。

References

  • Frieden TR, Berwick DM. The “Million Hearts” initiative—preventing heart attacks and strokes. N Engl J Med 2011;365:e27. <https://doi.org/10.1056/NEJMp1110421>
  • Benjamin EJ, Virani SS, Callaway CW, et al.; American Heart Association Council on Epidemiology and Prevention Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2018 update: A report from the American Heart Association. Circulation 2018;137:e67–492. <https://doi.org/10.1161/CIR.0000000000000558>
  • CDC. Vital signs: avoidable deaths from heart disease, stroke, and hypertensive disease - United States, 2001–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:721–7.
  • Vaughan AS, Ritchey MD, Hannan J, Kramer MR, Casper M. Widespread recent increases in county-level heart disease mortality across age groups. Ann Epidemiol 2017;27:796–800. <https://doi.org/10.1016/j.annepidem.2017.10.012>
  • Millon Hearts. Million Hearts 2022—preventing 1 million heart attacks and strokes by 2022. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://millionhearts.hhs.gov/files/MH-2022-Fact-Sheet.pdf>
  • Wall HK, Ritchey MD, Gillespie C, Omura JO, Jamal A, George MG. Vital signs: prevalence of key cardiovascular disease risk factors for Million Hearts 2022—United States, 2011–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:983–91.
  • Ritchey MD, Loustalot F, Wall HK, et al. Million Hearts: description of the national surveillance and modeling methodology used to monitor the number of cardiovascular events prevented during 2012–2016. J Am Heart Assoc 2017;6:e006021. <https://doi.org/10.1161/JAHA.117.006021>
  • Heidenreich PA, Albert NM, Allen LA, et al.; American Heart Association Advocacy Coordinating Committee; Council on Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology; Council on Cardiovascular Radiology and Intervention; Council on Clinical Cardiology; Council on Epidemiology and Prevention; Stroke Council. Forecasting the impact of heart failure in the United States: a policy statement from the American Heart Association. Circ Heart Fail 2013;6:606–19. <https://doi.org/10.1161/HHF.0b013e318291329a>
  • Yang Q, Tong X, Schieb L, et al. Vital signs: recent trends in stroke death rates—United States, 2000–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:933–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6635e1>
  • Sidney S, Quesenberry CP Jr, Jaffe MG, et al. Recent trends in cardiovascular mortality in the United States and public health goals. JAMA Cardiol 2016;1:594–9. <https://doi.org/10.1001/jamacardio.2016.1326>
  • Wakim R, Ritchey M, Hockenberry J, Casper M. Geographic variations in incremental costs of heart disease among Medicare beneficiaries, by type of service, 2012. Prev Chronic Dis 2016;13:E180. <https://doi.org/10.5888/pcd13.160209>
  • The Community Guide. Physical activity: Built environment approaches combining transportation system interventions with land use and environmental design. Atlanta, GA: The Community Guide; 2016. <https://www.thecommunityguide.org/findings/physical-activity-built-environment-approaches>
  • Diabetes Prevention Program (DPP) Research Group. The Diabetes Prevention Program (DPP): description of lifestyle intervention. Diabetes Care 2002;25:2165–71. <https://doi.org/10.2337/diacare.25.12.2165>
  • Proia KK, Thota AB, Njie GJ, et al.; Community Preventive Services Task Force. Team-based care and improved blood pressure control: a community guide systematic review. Am J Prev Med 2014;47:86–99. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2014.03.004>
  • Ades PA, Keteyian SJ, Wright JS, et al. Increasing cardiac rehabilitation participation from 20% to 70%: A road map from the Million Hearts Cardiac Rehabilitation Collaborative. Mayo Clin Proc 2017;92:234–42. <https://doi.org/10.1016/j.mayocp.2016.10.014>
  • Frieden TR, Wright JS, Conway PH. Is rapid health improvement possible? Lessons from the Million Hearts Initiative. Circulation 2017;135:1677–80. <https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.117.027461>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ