一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ミドルおよびハイスクール生徒のたばこ製品使用におけ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/31Vol. 67 / No. 34

MMWR67(34):952-957
Racial/Ethnic Disparities in Tobacco Product Use Among Middle and High School Students — United States, 2014–2017

ミドルおよびハイスクール生徒のたばこ製品使用における人種/民族による相違 ― アメリカ、2014年~2017年

CDCは2014年~2017年のNational Youth Tobacco Surveyデータから、ミドルおよびハイスクールの生徒における7種類のたばこ製品(紙巻きたばこ、葉巻、無煙たばこ、電子たばこ、水たばこ、パイプたばこおよびビディ)の使用について、人種/民族別に分析した。この期間、何らかのたばこ製品を使用したことのある生徒の割合は、非ヒスパニックハワイ原住民/他の太平洋諸国民(NHOPI:45.1%)、アメリカインディアン/アラスカ先住民(AI/AN:43.8%)にて高く、非ヒスパニック系多民族(38.2%)、ヒスパニック系(35.1%)、非ヒスパニック系黒人(32.3%)、非ヒスパニック系白人(32.0%)、アジア人(16.3%)と有意差を認めた。白人およびアジア人では男女差が認められ(白人男子:34.6%、女子:33.8%、アジア人:18.5%、13.8%)、他の人種/民族では男女間の有意差は認めなかった。また、すべての人種/民族にて、たばこ製品の使用歴のある生徒の割合はミドルスクールに比べハイスクールにて有意に高く(白人:14.9% vs. 44.7%、黒人:19.0% vs. 42.3%、ヒスパニック:20.8% vs. 46.7%、アジア:5.4% vs. 24.4%、AI/AN:28.5% vs. 62.8%、NHOPI:23.5% vs. 60.7%、多民族:24.5% vs. 48.4%)、製品別では全体では電子たばこ:22.9%がもっとも多く、黒人(紙巻きたばこ:19.9%)、AI/AN(葉巻:31.4%)を除く人種/民族にてもっと多かった。次に、たばこ製品を現在使用している生徒の割合(30日以内に1回以上使用)は、NHOPI:23.4%、AI/AN:20.6%、多民族:16.5%、白人:15.3%、ヒスパニック:14.6%、黒人:11.5%、アジア:5.0%の順であり、アジア人に比べ黒人(aPR=2.33)、ヒスパニック(2.97)、白人(3.08)、多民族(3.37)、NHOPI(4.61)、AI/AN(4.84)いずれも有意に高値であった。男女別では白人(男子:18.0%、女子:12.6%)、ヒスパニック(15.61%、13.5%)、NHOPI(29.6%、16.8%)、多民族(19.5%、13.8%)では有意差を認めた。また、すべての人種/民族にてたばこ製品を現在使用している生徒の割合はミドルスクールに比べハイスクールの生徒にて有意に高く、製品別では電子たばこ(9.2%)がもっとも多く、黒人(葉巻:6.7%)を除くすべての人種/民族にてもっとも多かった。これらのエビデンスに基づき、若者に対する集団レベルでの包括的、持続的なたばこコントロール介入の必要性が示唆される。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General, 2014. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/index.html.>
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/preventing-youth-tobacco-use/index.html>
  • Jamal A, Gentzke A, Hu SS, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:597–603. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6623a1>
  • Kempf D, Smith RE. Consumer processing of product trial and the influence of prior advertising: a structural modeling approach. J Mark Res 1998;35:325–38. <https://doi.org/10.2307/3152031>
  • Martell BN, Garrett BE, Caraballo RS. Disparities in adult cigarette smoking—United States, 2002–2005 and 2010–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:753–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a1>
  • Agaku IT, King BA, Husten CG, et al. Tobacco product use among adults—United States, 2012–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:542–7.
  • Phillips E, Wang TW, Husten CG, et al. Tobacco product use among adults—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1209–15. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6644a2>
  • Xu X, Pesko MF, Tynan MA, Gerzoff RB, Malarcher AM, Pechacek TF. Cigarette price-minimization strategies by U.S. smokers. Am J Prev Med 2013;44:472–6. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2013.01.019>
  • Campaign for Tobacco-Free Kids. Flavored tobacco products attract kids. Washington, DC: Campaign for Tobacco-Free Kids; 2017. <https://www.tobaccofreekids.org/assets/factsheets/0383.pdf>
  • King BA, Jama AO, Marynak KL, Promoff GR. Attitudes toward raising the minimum age of sale for tobacco among U.S. adults. Am J Prev Med 2015;49:583–8. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.05.012>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ