一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)非意図的な、および原因不明な薬物またはオピオイドが・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/24Vol. 67 / No. 33

MMWR67(33):925-930
Occupational Patterns in Unintentional and Undetermined Drug-Involved and Opioid-Involved Overdose Deaths — United States, 2007–2012

非意図的な、および原因不明な薬物またはオピオイドが関与する過剰摂取による死亡の職業的パターン ― アメリカ、2007年~2012年

オピオイドの蔓延は米国人口の複数の階層に影響を及ぼしており、職業パターンはオピオイド蔓延を理解するために重要である可能性がある。 オピオイドは、職業関連の特定の外傷タイプに対して処方されることがあるが、職業は多岐にわたる。 CDCは26の職業グループ内において非意図的または原因不明の薬物過剰摂取による死亡率を調べるために、National Occupational Mortality Surveillanceシステムの死亡データを使用した。 この調査には、2007年~2012年のアメリカ21州のデータが含まれた。 薬物過剰摂取による死亡率を年齢、性別、人種、年齢、および州について間接的に標準化された特定死因死亡比(PMR)を使用して総死亡率と比較し、オピオイド関連の薬物過剰摂取による死亡に特有の死亡パターンも調査した。今回の分析では、試験集団内に57,810例の薬物過剰摂取による死亡が確認された(死亡4,024,086名のうちの1.4%)。 薬物過剰摂取による死亡率は、男性(61.8%)、白人(89.8%)、45~54歳(30.1%)または35~44歳(24.1%)の集団で高かった。 薬物過剰摂取のPMRは、以下の6つの職業グループ:1)建築業(1.25)、 2)採掘業(1.16)、3)食品調理および給仕(1.11)、4)医療従事者および技術者(1.16)、5)医療補助(1.18)、6)介護とサービス(1.10)で、有意に1.00を上回った。また薬物過剰摂取のPMRは、通常の職業が給料未払/失業(1.10)または不明(1.31)の死亡者でも有意に高かった。建設業は、薬剤過剰摂取による死亡とヘロイン関連および処方されたオピオイド関連の両方の死亡でPMRが最高値を示した。メタドン、天然および半合成オピオイド、メタドン以外の合成オピオイドのPMRがもっと高い職業グループは、建設業、採掘業、医療従事者であった。建設業グループ内の18歳以上の薬物過剰摂取による死亡(7,402例)を分析した結果、 死亡者の大多数は男性(96.7%)、白人(92.6%)、45~54歳(30.4%)、35~44歳(26.9%)であった。 以上、職場は大多数のアメリカ成人にとって生活に不可欠な要素であることから、職場の研究および介入を取り入れることは、オピオイド蔓延の対応に有益と考えられる。

References

  • Rudd RA, Seth P, David F, Scholl L. Increases in drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1445–52. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm655051e1>
  • Thumula V, Wang D, Liu T. Interstate variations in use of opioids. Report no. WC-17–28, 4th ed. Cambridge, MA: Workers Compensation Research Institute; 2017.
  • Bunn T, Bush A, Slavova S. Drug overdose deaths by specific employment industry, occupation, and drug type. J Ky Med Assoc 2014;112:201–11.
  • Dissell R. Ohio construction workers seven times more likely to die of an opioid overdose in 2016. The Plain Dealer. November 6, 2017. <http://www.cleveland.com/metro/index.ssf/2017/11/ohio_construction_workers_seven_times_more_likely_to_die_of_an_opioid_overdose_in_2016.html>
  • Harik V, Janiszewski M, Allen N. Analysis of opioid-related overdose deaths on Cape Cod, 2004–2014: implications for trades/service workers and the straight-to-work population. Barnstable, MA: Barnstable County Department of Human Services; 2017. <https://www.bchumanservices.net/library/2017/10/BCDHS-Death-Certificate-Analysis-Final-Report-10-5-17a.pdf>
  • Funaiole P, Dustin L, Spencer P. Harnessing the tradition of brotherhood to reduce opioid overdose deaths among trade workers in Massachusetts. Presented at the National Prevention Network Annual Conference in Anaheim, CA; September 14, 2017. <http://www.npnconference.org/wp-content/uploads/2017/09/Funaiole-Dustin-Spencer.pdf>
  • Alterman T, Luckhaupt SE, Dahlhamer JM, Ward BW, Calvert GM. Job insecurity, work-family imbalance, and hostile work environment: prevalence data from the 2010 National Health Interview Survey. Am J Ind Med 2013;56:660–9. <https://doi.org/10.1002/ajim.22123>
  • Kowalski-McGraw M, Green-McKenzie J, Pandalai SP, Schulte PA. Characterizing the interrelationships of prescription opioid and benzodiazepine drugs with worker health and workplace hazards. J Occup Environ Med 2017;59:1114–26. <https://doi.org/10.1097/JOM.0000000000001154>
  • Frone MR. Prevalence and distribution of illicit drug use in the workforce and in the workplace: findings and implications from a U.S. national survey. J Appl Psychol 2006;91:856–69. <https://doi.org/10.1037/0021-9010.91.4.856>
  • Bush DM, Lipari RN. Substance use and substance use disorder, by industry. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2015. <https://www.samhsa.gov/data/sites/default/files/report_1959/ShortReport-1959.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ