一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)国家、地区、州、選択した地域別の13~17歳の若者・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/24Vol. 67 / No. 33

MMWR67(33):909-917
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2017

国家、地区、州、選択した地域別の13~17歳の若者におけるワクチン接種率 ― アメリカ、2017年

Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)では、11~12歳を対象としたヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチン、4価髄膜炎菌結合型ワクチン(MenACWY)、破傷風・弱毒化ジフテリア・無菌性百日咳ワクチン(Tdap)の定期予防接種、16歳でのMenACWYの追加投与、小児期に予防接種済み(UTD)ではない若者に対するB型肝炎ワクチン、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹ワクチン(MMR)、および水痘ワクチン(VAR)のキャッチアップ接種が推奨されている。また、ACIPは医師が青年および16~23歳の若年成人(16~18歳が好ましい)に対し、血清型B髄膜炎菌ワクチン(MenB)シリーズを投与することを推奨している。アメリカの若者におけるワクチン接種率を推定するため、CDCは2017年のNational Immunization Survey–Teen(NIS-Teen)データから13~17歳の20,949人の若者を分析した。2017年では、全国のHPVワクチン接種率(1回以上)は65.5%で2016年(60.4%)と比べ5.1ポイント増加し、48.6%は一連のワクチン接種が推奨されているHPV UTDで、2016年から5.2ポイント増加した。2016年から2017年の調査では、13歳までのHPV接種開始は各生まれ年で平均5.9ポイント増加し、19.6%(1998年生まれコホート)~56.3%(2004年生まれコホート)で、13歳までのHPV UTDは各生まれ年で平均3.6ポイント増加し、7.7%(1998年生まれコホート)~29.8%(2004年生まれコホート)であった。MenACWYの1回以上と2回以上接種率、MMRの2回以上接種率、VARの2回以上接種率も増加し、17歳の若者におけるMenBの1回以上の接種率は、14.5%であった。HPVの接種率とHPV UTD状態は連邦貧困水準を下回る層(各73.3%、53.7%)で、貧困水準または水準以上の層(各62.8%、46.7%)よりも多かった。HPVの接種率(1回以上)とMenACWYの1回以上/2回以上接種率は、大都市統計圏(MSA)以外で暮らす層で、MSA主要都市で暮らす層よりも低かった。HPV UTD状態およびMenACWYの1回以上/2回以上接種率は、保険未加入者で民間保険加入者よりも低かった。ワクチン接種率は管轄区によって異なリ、Tdapの接種率(1回以上)は78.9%(アラスカ州)~96.2%(マサチューセッツ州)、MenACWYの接種率(1回以上)は60.7%(ワイオミング州)~95.3%(ジョージア州)、HPVワクチンの接種率(1回以上)は 46.9%(ワイオミング州)~91.9%(ワシントンDC)であった。 HPV UTD状態は、28.8%(ミシシッピ州)~78.0%(ワシントンDC)であった。以上、HPV接種の開始はMenACWYとTdapの接種率よりも依然として低いが、HPV接種率は2013年以降、毎年平均5.1%ポイント上昇し、ワクチン未接種の10代をターゲットとし、予防接種の機会を逃さないために継続された取り組みが、他の定期的に推奨される青少年ワクチンと同等なHPVワクチン接種率をもたらしていると考えられる。

References

  • Robinson CL, Romero JR, Kempe A, Pellegrini C; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedule for children and adolescents aged 18 years or younger—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:134–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6605e1>
  • MacNeil JR, Rubin L, Folaranmi T, Ortega-Sanchez IR, Patel M, Martin SW. Use of serogroup B meningococcal vaccines in adolescents and young adults: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1171–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6441a3>
  • CDC. National Immunization Survey: a user’s guide for the 2016 public-use data file. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/vaccines/imz-managers/nis/downloads/NIS-TEEN-PUF16-DUG.pdf>
  • Walker TY, Elam-Evans LD, Singleton JA, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:874–82. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6633a2>
  • Meites E, Kempe A, Markowitz LE. Use of a 2-dose schedule for human papillomavirus vaccination—updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1405–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549a5>
  • National Committee for Quality Assurance. NCQA updates quality measures for HEDIS 2018. Washington, DC: National Committee for Quality Assurance; 2018. <http://www.ncqa.org/newsroom/details/ncqa-updates-quality-measures-for-hedis-2018?ArtMID=11280&ArticleID=85&tabid=2659>
  • Boyd ED, Phillips JM, Schoenberger YM, Simpson T. Barriers and facilitators to HPV vaccination among rural Alabama adolescents and their caregivers. Vaccine 2018;36:4126–33. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2018.04.085>
  • Mohammed KA, Subramaniam DS, Geneus CJ, et al. Rural-urban differences in human papillomavirus knowledge and awareness among US adults. Prev Med 2018;109:39–43. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2018.01.016>
  • Shipman SA, Lan J, Chang CH, Goodman DC. Geographic maldistribution of primary care for children. Pediatrics 2011;127:19–27. <https://doi.org/10.1542/peds.2010-0150>
  • Markowitz LE, Gee J, Chesson H, Stokley S. Ten years of human papillomavirus vaccination in the United States. Acad Pediatr 2018;18(2S):S3–10. <https://doi.org/10.1016/j.acap.2017.09.014>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ