一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)公衆衛生的危機下において意図しない妊娠リスクのある・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/17Vol. 67 / No. 32

MMWR67(32):898-902
Contraceptive Use Among Women at Risk for Unintended Pregnancy in the Context of Public Health Emergencies — United States, 2016

公衆衛生的危機下において意図しない妊娠リスクのある女性における避妊の利用 ― アメリカ、2016年

2016年のジカウイルスアウトブレイクでは妊娠中のジカウイルス感染が重篤な先天性異常を来すことから、意図しない妊娠を避けるための避妊の重要性が強調された。今回、2016年9~12月のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータから、意図しない妊娠リスクのある女性における避妊の利用に関して分析が行われた。21地域(19州およびプエルトリコ、グアム)において、意図しない妊娠リスクのある18~49歳の女性の割合は57.4%(テキサス州)~76.8%(ミネソタ州)であり、避妊サービスを利用しているまたは利用する必要がある女性の数はグアム(20,800人)、プエルトリコ(292,900人)、カンザス州(297,100人)、ウエストバージニア州(158,200人)にて少なく、カリフォルニア州(4,464,500人)、フロリダ州(1,803,900人)、イリノイ州(1,675,800人)、テキサス州(2,435,800人)にて多かった。また、18~49歳の女性1,000人あたりの割合はプエルトリコ(368人)~メリーランド州(617人)であった。意図しない妊娠リスクのある女性において、もっとも効果の高い避妊法[避妊手術、長期作用型可逆的避妊法(LARC)]または中等度効果の避妊法(注射式避妊薬、経口避妊薬、経皮的避妊パッチ、膣リング)を利用する割合は、グアム(26.1%)~ウエストバージニア州(65.7%)であり、11地域におけるLARC利用の信頼推定率は5.5%(カンザス州)~17.0%(メリーランド州)であった。また、効果の低い避妊法(ペッサリー、コンドーム、膣外射精、子宮頸部キャップ、避妊スポンジ、殺精子剤、基礎体温法、緊急避妊法)の利用率は11.1%(イリノイ州)~47.7%(アリゾナ州)、いずれの避妊法も行わない女性の割合は16.5%(バージニア州)~63.0%(グアム)であり、効果の低い避妊法または避妊を行わない女性の割合は25.9%(サウスカロライナ州の35~44歳)~79.9%(カリフォルニア州の18~24歳)であった。

References

  • Rankin KM, Gavin L, Moran JW Jr, et al. Importance of performance measurement and MCH epidemiology leadership to quality improvement initiatives at the national, state and local levels. Matern Child Health J 2016;20:2239–46. <https://doi.org/10.1007/s10995-016-2105-y>
  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Kroelinger CD, Romero L, Lathrop E, et al. Meeting summary: state and local implementation strategies for increasing access to contraception during Zika preparedness and response—United States, September 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1230–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6644a6>
  • Ellington SR, Kourtis AP, Curtis KM, et al. Contraceptive availability during an emergency response in the United States. J Womens Health (Larchmt) 2013;22:189–93. <https://doi.org/10.1089/jwh.2012.4178>
  • Callaghan WM, Rasmussen SA, Jamieson DJ, et al. Health concerns of women and infants in times of natural disasters: lessons learned from Hurricane Katrina. Matern Child Health J 2007;11:307–11. <https://doi.org/10.1007/s10995-007-0177-4>
  • Ko JY, Wolicki S, Barfield WD, et al. CDC grand rounds: public health strategies to prevent neonatal abstinence syndrome. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:242–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6609a2>
  • Frost JJ, Sonfield A, Zolna MR, Finer LB. Return on investment: a fuller assessment of the benefits and cost savings of the US publicly funded family planning program. Milbank Q 2014;92:696–749. <https://doi.org/10.1111/1468-0009.12080>
  • Li R, Simmons KB, Bertolli J, et al. Cost-effectiveness of increasing access to contraception during the Zika virus outbreak, Puerto Rico, 2016. Emerg Infect Dis 2017;23:74–82. <https://doi.org/10.3201/eid2301.161322>
  • Finer LB, Kost K. Unintended pregnancy rates at the state level. Perspect Sex Reprod Health 2011;43:78–87. <https://doi.org/10.1363/4307811>
  • Committee on Practice Bulletins-Gynecology, Long-Acting Reversible Contraception Work Group. Practice bulletin no. 186: long-acting reversible contraception: implants and intrauterine devices. Obstet Gynecol 2017;130:e251–69.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ