一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)救急医療イベント中のナロキソン投与の頻度 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/10Vol. 67 / No. 31

MMWR67(31):850-853
Naloxone Administration Frequency During Emergency Medical Service Events — United States, 2012–2016

救急医療イベント中のナロキソン投与の頻度 ― アメリカ、2012年~2016年

アメリカでのオピオイド蔓延は2000年代初めから継続しており、大半の記述は誤用と死亡に焦点を当てている。 州および地域パートナーとの協力が増加し、非致死性のオピオイド過剰摂取に関して、より迅速で包括的なサーベイランスが可能になっている。 救急医療班(EMS)の患者治療記録から得られたナロキソン投与は、個々のコミュニティにおける過剰摂取サーベイランスの有用なプロキシとして役立っており、また、国レベルでの致死的および非致死的な事象を含むオピオイド蔓延を記述するための今まで未使用のデータソースであるかもしれない。National Emergency Medical Services Information Systemのデータを使用して、2012年から2016年までのEMSによるナロキソン投与イベントの割合の推移を、National Vital Statistics Systemの複数の死因による死亡ファイルからのオピオイド過剰摂取死亡率と比較した。2012年から2016年にかけて、ナロキソン投与イベントはEMSイベント10万件あたり573.6件から1,004.4件へ75.1%増加し、過剰投与を疑われる症例でのナロキソン投与率は230.6件から505.2件へ119.0%増加した。同時期ではナロキソン投与率の増加に伴って、年齢で調整したオピオイド死亡率は人口10万人あたり7.4例から13.3例へ79.7%増加した。EMSイベント中にナロキソンを投与された患者の年齢群において、25~34歳と45~54歳にピークを有する二峰性分布が観察された。2012年では、ナロキソン投与イベントの割合は、25~34歳のグループ(17.2%、15,686例)よりも45~54歳のグループ(19.8%、18,049例)で高かったが、2016年までに、この知見は逆転し、25~34歳(21.2%、35,179例)で45~54歳(17.7%、29,491例)よりも増加した。 2012年から2016年までのオピオイド過剰摂取による死亡率においても、同様の二峰性の年齢分布が観察された。EMSデータを使用する新規な手法による非致死的な過剰摂取イベントの評価とモニタリングは、オピオイドの難局の進展に対応するためのタイムリーな介入の開発を支援する可能性がある。

References

  • Mack KA, Jones CM, Ballesteros MF. Illicit drug use, illicit drug use disorders, and drug overdose deaths in metropolitan and nonmetropolitan areas—United States. MMWR Surveill Summ 2017;66(No. SS-19). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6619a1>
  • Rudd RA, Seth P, David F, Scholl L. Increases in drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1445–52. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm655051e1>
  • Vivolo-Kantor AM, Seth P, Gladden RM, et al. Vital signs: trends in emergency department visits for suspected opioid overdoses—United States, July 2016–September 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:279–85. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6709e1>
  • Knowlton A, Weir BW, Hazzard F, et al. EMS runs for suspected opioid overdose: implications for surveillance and prevention. Prehosp Emerg Care 2013;17:317–29. <https://doi.org/10.3109/10903127.2013.792888>
  • Lindstrom HA, Clemency BM, Snyder R, Consiglio JD, May PR, Moscati RM. Prehospital naloxone administration as a public health surveillance tool: a retrospective validation study. Prehosp Disaster Med 2015;30:385–9. <https://doi.org/10.1017/S1049023X15004793>
  • Faul M, Lurie P, Kinsman JM, Dailey MW, Crabaugh C, Sasser SM. Multiple naloxone administrations among emergency medical service providers is increasing. Prehosp Emerg Care 2017;21:411–9. <https://doi.org/10.1080/10903127.2017.1315203>
  • Mann NC, Kane L, Dai M, Jacobson K. Description of the 2012 NEMSIS public-release research dataset. Prehosp Emerg Care 2015;19:232–40. <https://doi.org/10.3109/10903127.2014.959219>
  • Compton WM, Jones CM, Baldwin GT. Relationship between nonmedical prescription-opioid use and heroin use. N Engl J Med 2016;374:154–63. <https://doi.org/10.1056/NEJMra1508490>
  • O’Donnell JK, Halpin J, Mattson CL, Goldberger BA, Gladden RM. Deaths involving fentanyl, fentanyl analogs, and u-47700—10 states, July–December 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1197–202. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6643e1>
  • Jones CM, Logan J, Gladden RM, Bohm MK. Vital signs: demographic and substance use trends among heroin users—United States, 2002–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:719–25.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ