一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)出産のための入院で確認されたオピオイド使用障害 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/10Vol. 67 / No. 31

MMWR67(31):845-849
Opioid Use Disorder Documented at Delivery Hospitalization — United States, 1999–2014

出産のための入院で確認されたオピオイド使用障害 ― アメリカ、1999年~2014年

妊婦のオピオイド使用は、オピオイド曝露と早期陣痛、死産、新生児離脱症候群、母体の死亡をはじめとする母体および新生児の有害転帰との関連を考慮すると、公衆衛生上の重要な懸念事項である。州レベルの活動は、処方オピオイドおよびヘロインや違法に製造されたフェンタニルを含む非合法オピオイド使用を減らすためのプログラムや方針を通じて、オピオイドの蔓延を阻止するために重要である。出産のための入院時に確認されたオピオイド使用障害におけるアメリカおよび州ごとの傾向を特徴付けるために、1999年~2014年のHealthcare Cost and Utilization Projectからの病院退院データを分析した。1999年~2014年に、オピオイド使用障害の全国的罹患率は、出産のための入院1,000人あたりの1.5例から6.5例へと333%増加し、平均の年間増加は出産の入院1,000人あたり0.4例であった。州のデータは30州とワシントンDCで利用可能で、年ごとでは1999年の14州から2011年の28州であった。 1999年では、オピオイド使用障害の罹患率は、出産のための入院1,000人あたり0.1例(アイオワ州)~8.2例(メリーランド州)、2014年では、0.7例(ワシントンDC)~48.6例(バーモント州)で、罹患率は、バーモント州とウェストバージニア州では出産の入院1,000人あたり30例を超えた。1999年~2014年に28州すべてで有意な線形傾向の増加を示した。調査期間中、オピオイド使用障害の年平均の増加率はカリフォルニア州で最も低かったが(年間の出産入院1,000人あたり0.01例)、メイン州、ニューメキシコ州、バーモント州、ウェストバージニア州では1000人あたり2.5~5.4例であった。生殖年齢および妊婦のオピオイド使用障害の予防、モニタリング、治療のために、Prescription Drug Monitoring Programデータへのアクセス向上、薬物乱用スクリーニングの増加、medication-assisted療法の使用、薬物乱用治療の紹介などをはじめとした継続的な国家、州、医療提供者の努力が必要とされている。

References

  • Patrick SW, Davis MM, Lehmann CU, Cooper WO. Increasing incidence and geographic distribution of neonatal abstinence syndrome: United States 2009 to 2012. J Perinatol 2015;35:650–5. <https://doi.org/10.1038/jp.2015.36>
  • Maeda A, Bateman BT, Clancy CR, Creanga AA, Leffert LR. Opioid abuse and dependence during pregnancy: temporal trends and obstetrical outcomes. Anesthesiology 2014;121:1158–65. <https://doi.org/10.1097/ALN.0000000000000472>
  • Cicero TJ, Ellis MS, Kasper ZA. Increased use of heroin as an initiating opioid of abuse. Addict Behav 2017;74:63–6. <https://doi.org/10.1016/j.addbeh.2017.05.030>
  • Agency for Healthcare Research and Quality, Healthcare Cost and Utilization Project (HCUP). HCUP-US databases. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2018. <https://www.hcup-us.ahrq.gov/databases.jsp>
  • Ko JY, Patrick SW, Tong VT, Patel R, Lind JN, Barfield WD. Incidence of neonatal abstinence syndrome—28 States, 1999–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:799–802. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6531a2>
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. A collaborative approach to the treatment of pregnant women with opioid use disorders. HHS publication no. (SMA) 16–4978. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2016. <https://store.samhsa.gov/shin/content//SMA16-4978/SMA16-4978.pdf>
  • Paulozzi LJ, Mack KA, Hockenberry JM. Vital signs: variation among states in prescribing of opioid pain relievers and benzodiazepines—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:563–8.
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. JAMA 2016;315:1624–45. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.1464>
  • American College of Obstetricians and Gynecologists; American Society of Addiction Medicine. ACOG committee opinion no. 711: opioid use and opioid use disorder in pregnancy. Washington, DC: American College of Obstetricians and Gynecologists; Rockville, MD: American Society of Addiction Medicine; 2017. <https://www.acog.org/-/media/Committee-Opinions/Committee-on-Obstetric-Practice/co711.pdf?dmc=1&ts=20180803T1619512856>
  • Guttmacher Institute. Substance use during pregnancy—state laws and policies report. Washington, DC: Guttmacher Institute; 2018. <https://www.guttmacher.org/state-policy/explore/substance-use-during-pregnancy>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ