一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)炭坑作業員塵肺症 ― 平均余命および65歳前の潜在・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/03Vol. 67 / No. 30

MMWR67(30):819-824
Coal Workers’ Pneumoconiosis–Attributable Years of Potential Life Lost to Life Expectancy and Potential Life Lost Before Age 65 Years — United States, 1999–2016

炭坑作業員塵肺症 ― 平均余命および65歳前の潜在的な生存年損失に関与する損失生存可能年数、アメリカ、1999年~2016年

炭坑作業員塵肺症(CWP)は予防可能な職業的肺疾患であるが、石炭粉塵の吸入により早期死亡を引き起こす。CDCはNational Vital Statistics Systemの死因データから、CWPによる死亡者のデータ(1999年~2016年)を分析し、損失生存可能年数(YPLL)および65歳前のYPLL(YPLL65)を算出した。この期間における25歳以上のCWPによる死亡者は4,344名であり、YPLLは38,358(死亡者1人あたりの平均:8.8)であり、25~64歳では死亡者369名(8.5%)、YPLL65は2,707(平均:7.3)であった。死亡者数は1999年の409名から2016年には112名に減少しており、2008年~2016年の減少に比べ1999年~2008年の減少が大きかった。65歳以上の死亡者数は1999年が389名、2016年が88名と77%減少し、減少の割合は2008年~2016年に比べ1999年~2008年にて大きかった。25歳~64歳の死亡者数は1999年~2016年にて有意な変動は認めなかった。25歳以上におけるCWPの年齢補正死亡率は1999年が100万人あたり2.31、2016年は0.44と81%減少し、年間変化率は-9.0%であり、65歳以上では1999年が11.30、2016年は1.82と84%減少、年間変化率は-9.6%であった。CWPによるYPLLは1999年が3,300から2016年は1,413と42.8%減少、減少の割合は1999年~2007年に大きかった。死亡者1人あたりのYPLLは8.1年から12.6年と55.6%増加、1999年~2003年は有意な増加を認めず、2003年~2016年にて有意に増加した。YPLL65は年により異なり、2009年が271(死亡者1人あたり:8.5)ともっとも高く、2001年が65(同5.4)ともっとも低く、1999年~2016年にて有意な変動は認めなかった。時傾向分析では25歳~64歳の死亡者1人あたりのCWPによる平均YPLL65は1999年の6.5から2002年は4.3に34%減少した後、2005年に8.9へと急激に増加、その後、2016年に6.5へ27%減少した。1999年~2016年、27州にて10名以上がCWPにより死亡、ペンシルベニア州(1,360名、9,109YPLL、1名あたり6.7)、ウエストバージニア州(892名、8,543YPLL、同9.6)、バージニア州(558名、6,013YPLL、同10.8)およびケンタッキー州(554名、6,422YPLL、同11.6)の4州にて死亡者の77.6%、YPLLの78.4%を占めていた。25~64歳までの死亡者はケンタッキー州(95名、650YPLL65、同5.9)、ウエストバージニア州(86名、507YPLL65、同5.9)、バージニア州(84名、649YPLL65、同7.7)、ペンシルベニア州(24名、172YPLL65、同7.2)にて死亡者の78.3%、YPLL65の73.1%を占めていた。また、26州におけるCWP死亡者782名にて明らかな業種および業務別では、業種は石炭鉱業[560名(75.7%)、 5,415YPLL(1人あたり9.7)]、業務は採掘機操縦者[504名(68.1%)、 4,822YPLL(同9.6)]がもっとも多かった。

References

  • Laney AS, Weissman DN. Respiratory diseases caused by coal mine dust. J Occup Environ Med 2014;56(Suppl 10):S18–22. <https://doi.org/10.1097/JOM.0000000000000260>
  • Kimura K, Ohtsuka Y, Kaji H, et al. Progression of pneumoconiosis in coal miners after cessation of dust exposure: a longitudinal study based on periodic chest X-ray examinations in Hokkaido, Japan. Intern Med 2010;49:1949–56. <https://doi.org/10.2169/internalmedicine.49.2990>
  • Mazurek JM, Laney AS, Wood JM. Coal workers’ pneumoconiosis-related years of potential life lost before age 65 years—United States, 1968–2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:1412–6.
  • Wise RP, Livengood JR, Berkelman RL, Goodman RA. Methodological alternatives for measuring premature mortality. Am J Prev Med 1988;4:268–73. <https://doi.org/10.1016/S0749-3797(18)31160-7>
  • National Cancer Institute, Statistical Methodology and Applications Branch, Surveillance Research Program. Joinpoint Regression Program. Version 4.5.0.1. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2017. <https://surveillance.cancer.gov/joinpoint/>
  • Blackley DJ, Crum JB, Halldin CN, Storey E, Laney AS. Resurgence of progressive massive fibrosis in coal miners—eastern Kentucky, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1385–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549a1>
  • Blackley DJ, Halldin CN, Laney AS. Resurgence of a debilitating and entirely preventable respiratory disease among working coal miners. Am J Respir Crit Care Med 2014;190:708–9. <https://doi.org/10.1164/rccm.201407-1286LE>
  • Antao VC, Petsonk EL, Sokolow LZ, et al. Rapidly progressive coal workers’ pneumoconiosis in the United States: geographic clustering and other factors. Occup Environ Med 2005;62:670–4. <https://doi.org/10.1136/oem.2004.019679>
  • Blackley DJ, Reynolds LE, Short C, et al. Progressive massive fibrosis in coal miners from three clinics in Virginia. JAMA 2018;319:500–1. <https://doi.org/10.1001/jama.2017.18444>
  • Blackley DJ, Halldin CN, Cummings KJ, Laney AS. Lung transplantation is increasingly common among patients with coal workers’ pneumoconiosis. Am J Ind Med 2016;59:175–7. <https://doi.org/10.1002/ajim.22551>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ