一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)学区ごとの危機管理、緊急時対応および復旧計画 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/08/03Vol. 67 / No. 30

MMWR67(30):809-814
School District Crisis Preparedness, Response, and Recovery Plans — United States, 2006, 2012, and 2016

学区ごとの危機管理、緊急時対応および復旧計画 ― アメリカ、2006年、2012年、2016年

アメリカでは災害などの緊急時、学校が適切に対応するようHealthy People 2020にて学校の危機管理、緊急時対応および復旧計画の改善を目標に掲げている(PREP-5)。今回、2006、2012および2016年のSchool Health Policies and Practices Studyデータから、PREP-5に向けた学区ごとの進捗状況についてまとめられた。PREP-5.1(家族が再会するための手順)については2006年、2012年、2016年にて65.3%、67.8%、74.4%の学区が各学校に要求しており、とくに北東部では61.7%、72.0%、77.4%と直線的に有意に増加していた。PREP-5.2(パンデミックインフルエンザや他の感染症のアウトブレイクへの対応)を要求する学区は2012年が69.0%、2016年が65.3%であり、地方(2012年:65.3%、2016年:56.2%)および南部(同79.4%、69.9%)にて有意に減少していた。PREP-5.3(援助を必要とする障害のある生徒およびスタッフへの準備)はそれぞれ77.4%、79.9%、79.8%の学区が要求、PREP-5.4(緊急事態発生後の生徒、教職員、スタッフへのメンタルヘルスサービス)はそれぞれ73.0%、69.3%、77.6%の学区が要求しており、北東部では72.6%、80.4%、85.8%と有意に増加していた。また、2016年において、危機管理に対する財政的支援または訓練を行う学区は教職員、スタッフおよび生徒の家族に対しそれぞれ89.6%、59.5%、17.6%であり、21.6%の学区が生徒の家族に対する教育を行っていた。今回の調査ではPREP-5.4が2016年にHealthy People 2020の目標値(76.2%以上)に達していたが、今後さらなる目標達成に向けた整備の強化の必要性が示唆された。

References

  • Pfefferbaum B, Noffsinger MA, Sherrieb K, Norris FH. Framework for research on children’s reactions to disasters and terrorist events. Prehosp Disaster Med 2012;27:567–76. <https://doi.org/10.1017/S1049023X12001343>
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2017. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/preparedness/objectives>
  • CDC. Results from the school health policies and practices study–2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/healthyyouth/data/shpps/results.htm>
  • Dun & Bradstreet. Market data retrieval K-12 database. Shelton, CT: Dun & Bradstreet; 2018. <https://mdreducation.com/education-database/>
  • Silverman B, Chen B, Brener N, et al. School district crisis preparedness, response, and recovery plans—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:949–53. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6536a2>
  • Agency for Healthcare Research and Quality. School-based emergency preparedness: a national analysis and recommended protocol. No. 09–0013. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; 2009. <https://archive.ahrq.gov/prep/schoolprep/schoolprep.pdf>
  • Abramson D, Stehling-Ariza T, Garfield R, Redlener I. Prevalence and predictors of mental health distress post-Katrina: findings from the Gulf Coast child and family health study. Disaster Med Public Health Prep 2008;2:77–86. <https://doi.org/10.1097/DMP.0b013e318173a8e7>
  • United Nations Children’s Fund; CDC; World Health Organization. Key messages for safe school operations in countries with outbreaks of Ebola. New York, NY: United Nations Children’s Fund; Atlanta, GA: US Department of Human Services, CDC; Geneva, Switzerland: World Health Organizaiton; 2015. <https://www.cdc.gov/vhf/ebola/pdf/ebola-safe-school-messages2015.pdf>
  • The World Bank. Back to school after the Ebola outbreak. Washington, DC: The World Bank; 2015. <http://www.worldbank.org/en/news/feature/2015/05/01/back-to-school-after-ebola-outbreak>
  • US Department of Education. ERCMExpress: schools respond to infectious disease. Washington, DC: US Department of Education; 2006. <https://rems.ed.gov/docs/PandemicFluNewsletter_072106.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ