一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)同性間性的接触のある黒人男性におけるHIV検査、H・・・

MMWR抄訳

rss

2018/07/20Vol. 67 / No. 28

MMWR67(28):778-781
HIV Testing, Linkage to HIV Medical Care, and Interviews for Partner Services Among Black Men Who Have Sex with Men — Non–Health Care Facilities, 20 Southern U.S. Jurisdictions, 2016

同性間性的接触のある黒人男性におけるHIV検査、HIV医療ケアへの連携およびパートナーサービスに関するインタビュー ― 非医療施設、アメリカ南部20管轄区域、2016年

アメリカの人口の2%に過ぎないゲイ、バイセクシュアル、同性間性的接触のある男性(MSM)は、2016年のHIV感染症診断例の70%を占めており、アフリカ系アメリカ人または黒人MSMはMSMのHIV感染症新規診断例の38%を占める。また、HIV感染症と診断された黒人MSMの約2/3(63%)の症例は南部に居住しているため、この地域の黒人MSMを標的としたHIV予防活動は重大な意味を持つと思われる。2016年、CDCは南部の非医療機関である20の保健局および24の地域ベースの団体(CBOs)にHIV検査および関連サービスを行うための資金を援助、保健局およびCBOsはオンラインCDCサポートシステムを通じて非特定化データを提出した。データの分析の結果、HIV検査は非医療施設にて計374,871回、うち黒人MSMには22,183回(5.9%)実施され、検査によりHIV感染症と新たに診断された2,304例のうち828例(35.9%)が黒人MSMであった。黒人MSMにおいて、検査は年齢25~34歳にもっとも多く行われ(9,508/22,183回、42.9%)、大都市圏にて多かった(16,559/22,183回、74.7%)。HIV検査陽性黒人MSMは1,471例、うち828例(56%)が新たにHIV感染症と診断され、643例(44%)は以前に診断を受けていた。新規診断例は20~24歳がもっとも多く(4.8%)、13~19歳(4.1%)、25~34歳(4.0%)と続き、25~34歳に比べ、35~44歳、45~54歳、55歳以上では新規診断例が少なかった。今回の分析では、南部に居住するHIV感染症黒人MSM新規診断例828例のうち、552例(67%)が診断から90日以内に初回診療を受け、451例(55%)がパートナーサービスと面談しており、以前に診断を受けていた643例では374例(58%)が初回診療を受けていた。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2015. <https://obamawhitehouse.archives.gov/sites/default/files/docs/national_hiv_aids_strategy_update_2020.pdf>
  • CDC. HIV surveillance report: diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2016. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2016-vol-28.pdf>
  • Grey JA, Bernstein KT, Sullivan PS, et al. Estimating the population sizes of men who have sex with men in the US states and counties using data from the American community survey. JMIR Public Health Surveill 2016;2:e14. <https://doi.org/10.2196/publichealth.5365>
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al.; HPTN 052 Study Team. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1105243>
  • Lundgren JD, Babiker AG, Gordin F, et al.; INSIGHT START Study Group. Initiation of antiretroviral therapy in early asymptomatic HIV infection. N Engl J Med 2015;373:795–807. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1506816>
  • Seth P, Wang G, Belcher L. Previously diagnosed HIV-positive persons: the role of Centers for Disease Control and Prevention–funded HIV prevention programs in addressing their needs. Sex Transm Dis 2018;45:377–81. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000766>
  • Buot M-LG, Docena JP, Ratemo BK, et al. Beyond race and place: distal sociological determinants of HIV disparities. PLoS One 2014;9:e91711. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0091711>
  • Piper K, Enah C, Daniel M. Black southern rural adolescents’ HIV stigma, denial, and misconceptions and implications for HIV prevention. J Psychosoc Nurs Ment Health Serv 2014;52:50–6. <https://doi.org/10.3928/02793695-20140210-01>
  • Lopes BLW, Eron JJ Jr, Mugavero MJ, Miller WC, Napravnik S. HIV care initiation delay among rural residents in the Southeastern United States, 1996 to 2012. J Acquir Immune Defic Syndr 2017;76:171–6. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001483>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ