一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)若者における高血圧 ― アメリカ、2001年~20・・・

MMWR抄訳

rss

2018/07/13Vol. 67 / No. 27

MMWR67(27):758-762
Hypertension Among Youths — United States, 2001–2016

若者における高血圧 ― アメリカ、2001年~2016年

高血圧症は心血管疾患の罹患率と死亡率の重要な修正可能な危険因子であり、青年や若年成人の高血圧症は、長期的に負の健康影響に関連している。 2017年にアメリカ小児科学会は2004年の小児高血圧ガイダンスを更新し、健康な体重集団から計算された新しい閾値およびパーセンタイル基準で新規の臨床実践ガイドラインを発表した。若年高血圧症の傾向と新ガイドラインが高血圧状態の分類に及ぼす影響を調べるために、CDCは2001年~2016年のNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)における12~19歳の12,004例のデータを分析した。血圧(BP)の上昇および高血圧を、以前のガイドラインおよび新しいガイドラインの両方で確立された年齢別の閾値に基づいて定義した。以前のガイドラインの適用においては、12~17歳では、BP上昇(かつての高血圧前症)はBPが90thパーセンタイル以上~95thパーセンタイル未満または120/80mmHg以上~95thパーセンタイル未満と定義され、高血圧はBPが95thパーセンタイル以上(2004年の年齢、性別、身長別のパーセンタイル表を使用)または降圧薬の使用(15歳超のみ適応)として定義された。18~19歳では、BP上昇はSBP120mmHg以上~140mmHg未満またはDBP80mmHg以上~90mmHg未満、高血圧はBPが140/90 mmHgまたは降圧薬の使用と定義された。新しいガイドラインでは、過体重/肥満の若者を除外した新たなパーセンタイル表を使用した。 新しいガイドラインの適用においては、12~17歳の青年のうち、BP上昇はBPが90thパーセンタイル以上~95thパーセンタイル未満またはSBPが120mmHg以上~95thパーセンタイル未満、 高血圧は、BPが95thパーセンタイル以上、BPが130/80mmHg以上、または降圧薬の使用として定義された。 18~19歳の患者の場合、BPの上昇はSBPが120mmHg以上~130mmHg未満およびDBPが80mmHg未満と定義され、 高血圧はBPが130/80mmHg以上または降圧薬の使用と定義された。 18~19歳の患者のための新しいガイドライン閾値は、18歳以上のための2017年のHypertension Clinical Practice Guidelineの勧告と一致している。この期間では、新既(7.7%~4.2%)および以前(3.2%~1.5%)のガイドラインを使用した高血圧の罹患率は有意に減少し、罹患率の減少はすべての体重カテゴリー に及んだ。 一方、新しいパーセンタイル表と高血圧閾値の低下のために、新しいガイドラインの適用では以前のガイドラインと比較して、2013年~2016年の間に約795,000人が高血圧を有すると再分類され、特に年長、男性、肥満者の割合が増加した。 臨床医および公衆衛生の専門家は、新しい指針の適用により高血圧の罹患率が高いと予想し、これらのデータを使用して、若者の高血圧に対処するための行動を通知することができる。

References

  • Juhola J, Magnussen CG, Berenson GS, et al. Combined effects of child and adult elevated blood pressure on subclinical atherosclerosis: the International Childhood Cardiovascular Cohort Consortium. Circulation 2013;128:217–24. <https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.113.001614>
  • Chen X, Wang Y. Tracking of blood pressure from childhood to adulthood: a systematic review and meta-regression analysis. Circulation 2008;117:3171–80. <https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.107.730366>
  • Flynn JT, Kaelber DC, Baker-Smith CM, et al.; Subcommittee on Screening and Management of High Blood Pressure in Children. Clinical practice guideline for screening and management of high blood pressure in children and adolescents. Pediatrics 2017;140:e20171904. <https://doi.org/10.1542/peds.2017-1904>
  • Sharma AK, Metzger DL, Rodd CJ. Prevalence and severity of high blood pressure among children based on the 2017 American Academy of Pediatrics Guidelines. JAMA Pediatr 2018;172:557–65. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2018.0223>
  • Flegal KM, Wei R, Ogden CL, Freedman DS, Johnson CL, Curtin LR. Characterizing extreme values of body mass index-for-age by using the 2000 Centers for Disease Control and Prevention growth charts. Am J Clin Nutr 2009;90:1314–20. <https://doi.org/10.3945/ajcn.2009.28335>
  • Kit BK, Kuklina E, Carroll MD, Ostchega Y, Freedman DS, Ogden CL. Prevalence of and trends in dyslipidemia and blood pressure among US children and adolescents, 1999–2012. JAMA Pediatr 2015;169:272–9. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2014.3216>
  • Yang Q, Zhong Y, Merritt R, Cogswell ME. Trends in high blood pressure among United States adolescents across body weight category between 1988 and 2012. J Pediatr 2016;169:166–73.e3. <https://doi.org/10.1016/j.jpeds.2015.10.007>
  • Gu X, Tucker KL. Dietary quality of the US child and adolescent population: trends from 1999 to 2012 and associations with the use of federal nutrition assistance programs. Am J Clin Nutr 2017;105:194–202. <https://doi.org/10.3945/ajcn.116.135095>
  • George MG, Tong X, Wigington C, Gillespie C, Hong Y. Hypertension screening in children and adolescents—National Ambulatory Medical Care Survey, National Hospital Ambulatory Medical Care Survey, and Medical Expenditure Panel Survey, United States 2007–2010. MMWR Suppl 2014;63(No. Suppl 2).
  • Lloyd-Jones DM, Hong Y, Labarthe D, et al.; American Heart Association Strategic Planning Task Force and Statistics Committee. Defining and setting national goals for cardiovascular health promotion and disease reduction: the American Heart Association’s strategic impact goal through 2020 and beyond. Circulation 2010;121:586–613. <https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.109.192703>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ