一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)屋外労働者における暑熱ストレスの職業的な曝露限界の・・・

MMWR抄訳

rss

2018/07/06Vol. 67 / No. 26

MMWR67(26):733-737
Evaluation of Occupational Exposure Limits for Heat Stress in Outdoor Workers — United States, 2011–2016

屋外労働者における暑熱ストレスの職業的な曝露限界の評価 ― アメリカ、2011年~2016年

暑熱ストレスは環境的および職業的な危険であり、熱中症など死に至る可能性のある暑熱関連疾患スペクトラムに関連するため、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health(NIOSH)は暑熱ストレスへの職業的曝露の限界に関する勧告を発表している。これはAmerican Conference of Governmental Industrial Hygienists(ACGIH)の勧告と一致しており、労働者が曝露する環境暑熱[湿球黒球温度(WBGT)として測定]および代謝熱(作業負荷など)の組み合わせによる。今回、2011年~2016年にOccupational Safety and Health Administrationが調査した屋外での職務中に暑熱熱関連疾患を来した25例(うち死亡14例)をCDCが再評価し、労働者がNIOSHおよびACGIHによる曝露限界値を検討した。後ろ向きに分析した。熱指数のスクリーニング閾値は29.4℃が職場環境熱の危険レベルとされている。死亡例14例[全例男性、年齢中央値46(23~53)歳]、非死亡例11例[男性5例、年齢中央値17(15~53)歳]のうち、それぞれ9例(64.3%)、3例(27.3%)に熱関連疾患リスク因子があった。死亡例/非死亡例別の作業負荷の推定量は、軽いがそれぞれ1例(7.1%)/2例(18.2%)、中程度が5例(35.7%)/3例(27.3%)、重いが7例(50.0%)/6例(54.5%)、非常に重いが2例(14.3%)/2例(18.2%)であり、実際のWBGT(WBGT eff)は26.1~34.4℃であった。NIOSH曝露限界の感度は100%(14例/14例)、72.7%(8例/11例)であった。熱指数の中央値は33.3(28.3~43.3)℃であり、32.8℃未満だったのは12例(うち死亡6例)であった。通常の単層衣服を着た労働者における熱指数最低値は29.4℃であり、非死亡例(4例/9例)および死亡例(4例/12例)における熱指数は29.4~32.2℃であった。死亡例は全例がWBGTに基づく曝露限界を越えており、また、熱指数32.8℃未満にて6例が死亡していた。暑熱ストレスが職業的曝露の限界値を超える場合、労働者は常に暑熱順化プログラム、症状の認識、応急措置の訓練、休憩、日陰および水分の補給により保護されるべきである。

References

  • National Institute for Occupational Safety and Health. Criteria for a recommended standard: occupational exposure to heat and hot environments. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2016. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/2016-106/>
  • American Conference of Governmental Industrial Hygienists. TLVs: heat stress and strain. Cincinnati, OH: American Conference of Governmental Industrial Hygienists; 2017.
  • Liljegren JC, Carhart RA, Lawday P, Tschopp S, Sharp R. Modeling the wet bulb globe temperature using standard meteorological measurements. J Occup Environ Hyg 2008;5:645–55. <https://doi.org/10.1080/15459620802310770>
  • Garzón-Villalba XP, Wu Y, Ashley CD, Bernard TE. Ability to discriminate between sustainable and unsustainable heat stress exposures—part 1: WBGT exposure limits. Ann Work Expo Health 2017;61:611–20. <https://doi.org/10.1093/annweh/wxx034>
  • Steadman RG. The assessment of sultriness. Part I: a temperature-humidity index based on human physiology and clothing science. J Appl Meteorol 1979;18:861–73. <https://doi.org/10.1175/1520-0450(1979)018<0861:TAOSPI>2.0.CO;2>
  • Occupational Safety and Health Administration. Using the heat index: a guide for employers. Washington, DC: Occupational Safety and Health Administration; 2016. <https://www.osha.gov/SLTC/heatillness/heat_index/index.html>
  • Armed Forces Health Surveillance Center. Surveillance snapshot: reportable medical events of heat injury in relation to heat index, June–September 2011. MSMR 2011;18:19.
  • Spector JT, Krenz J, Rauser E, Bonauto DK. Heat-related illness in Washington state agriculture and forestry sectors. Am J Ind Med 2014;57:881–95. <https://doi.org/10.1002/ajim.22357>
  • Occupational Safety and Health Administration. Data & statistics: severe injury reports. Washington, DC: Occupational Safety and Health Administration; 2017. <https://www.osha.gov/severeinjury/index.html>
  • Bernard TE, Iheanacho I. Heat index and adjusted temperature as surrogates for wet bulb globe temperature to screen for occupational heat stress. J Occup Environ Hyg 2015;12:323–33. <https://doi.org/10.1080/15459624.2014.989365>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ